イオンモール専門店でイオンカード支払いをしていませんか?少し損をしていますよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近所に大きなイオンモールがあり、日々のお買い物はほとんどそこで済ませています。

食品・衣類・生活雑貨・・・イオンモールに行けば何でもそろってしまいます。

だからこそ、お得な買い物術を身に着けたいですよね。

スポンサーリンク

イオンモールは直営店と専門店がある

いう必要もないかもしれませんが、イオンモールはイオン直営店とイオンモール専門店から成っています。

イオン直営店はスーパーマーケットや、イオンブランドの生活雑貨が売られているところですね。一方、イオンモール専門店とは、イオンモール内に店舗を設置している他ブランドの店のことです。

イオンモール専門店でイオンカードを使うと損!

専門店のレジでは、よく「イオンカードが使えてポイントが貯まります」といった宣伝文が掲げてあります。これをみて、「イオンモールの店だし、イオンカードを使うとお得なのかな」と思って使ってはいませんか?

でも、専門店でイオンカードを使うのは、あまりお得ではありません。

というのも、イオンカードは200円につき1ポイントが付与される仕組みです。ポイント還元率は0.5%。

さほど高くないんです。

いまクレジットカードの還元率は1%が主流です。有名どころでいえば楽天カードやヤフージャパンカードなどですが、ほかにもいろいろあります。そちらのクレジットカードを使ったほうが確実に得なんですね。

ポイント2重取りも可能

さらにイオンモール専門店では、イオンカードもしくはWAON POINTカード(ピンク色のやつです)提示でポイントがもらえる店がたくさんあります(可能な店はレジに掲げてあります)。

その店では、イオンカードもしくはWAON POINTカードを提示したうえで、他のクレジットカードで支払いましょう。そうすれば、イオンのポイントと、クレジットカードのポイントの2重取りが可能です。

私の場合、専門店を利用する際は、WAON POINTカードを提示して、クイックペイで支払っています。私のもっているクイックペイはオリコカードに付随しているのですが、いま入会キャンペーン適用中で還元率は2%です。

還元率の高いクレジットカードや電子マネーを組み合わせることで、よりお得になりますよ。

イオン直営店はイオンカードで

イオン直営店、とくにスーパーマーケットでは、イオンカード保有者は毎日ポイント2倍です。なので、イオンカードで支払っても問題ありません。

それどころか、「毎月20日、30日5%オフ」の特典や、カード保有者に送られてくる「サンキューパスポート(割引券)」を利用するために、積極的にイオンカードを利用したほうがいいですね。

さらには、5日、15日、25日の「お客さまわくわくデー」は、電子マネーWAONの支払いでポイント2倍になります。

この日は私もWAONで支払うようにしています。というのは、私はイオンカードセレクトを持っていて、WAONへのチャージでポイントが貯まるからです。

イオンカードセレクトというのは、イオンのクレジットカードと電子マネーWAON、イオン銀行のキャッシュカード機能が1枚になっているカードです。

このメリットの1つが、電子マネーWAONにクレジットカードからオートチャージでき、その際にポイントがつくこと。(WAONチャージでポイントがつくのはイオンカードセレクトだけです)

つまり、WAONへのチャージで0.5%、WAON利用で0.5%、併せて通常利用で1%還元です。

なので、お客さまわくわくデーのWAON利用で1%還元となれば、さらに還元率があがりますね。

オトクな方法を発掘してイオンを極めよう

さらにオトクにイオンを活用するには、株主優待を利用することです。

イオンの株主優待は、取得株数に応じてお買い物金額からキャッシュバックされます。株を取得すればオーナーズカードが送られてきて、レジで提示するかたちです。

この株主優待は、「20日、30日5%オフ」や「サンキューパスポート」とも併用できるので、かなりお得です。

私も長年利用していて買い物金額3%キャッシュバックを受け続けてきましたが、昨年は頑張って1000株取得して5%キャッシュバックの権利を得ました。

イオンのお得な利用法について、私もすべてを把握しているわけではありません。

もっともっとお得な方法があるかもしれませんね。

少しでも日々のお買い物をお得にするために、これからも調べていきたいと思います!

スポンサーリンク

ぶろぐ村バナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする