育児にかかる費用を節約したい。そんな人には「半・布おむつ育児」がおススメです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

育児で必ずかかってくるのが、おむつ代です。

いまほとんどの家庭では紙おむつを使っています。紙おむつは1枚約20円。それが新生児で1日に10枚前後、1~2歳児でも1日に5枚前後は使います。おむつが外れるまでの2~3年間のおむつ代総額はかなりのものです。

おむつ代を節約したい方は、布おむつの使用を考えてみましょう。

私も第3子は布おむつ育児に挑戦しています。

スポンサーリンク

なぜ布おむつ育児を始めたか

布おむつに関しては以前、こんな記事に書きました → 子育て費用を節約したいなら布おむつを使おう。でもちょっと覚悟が要ります

そこでも書いたのですが、わが家では、上の子2人はガッツリ紙オムツ育児をしていました。

しかし、その2人が通うことになった保育園が、布おむつオンリーの使用だったのです。

2人がオムツをしている時期が重なっていたので、2人ぶんの布おむつとおむつカバーを買うことになり、保育園生活を送ってきました。

いまは、一番上の子のおむつは外れ、2番目の子もトイレの回数が減ってきました。

ということで、使わない布おむつとおむつカバーが家にたくさん。いま私は第3子の育児休暇中で、時間もそこそこ余裕があるので、いっちょやってみるか、と始めたのです。

無理をしすぎないルールに

ただし、24時間完全布おむつではありません。

なぜなら、それは大変すぎるから。

布おむつは感覚として、紙おむつより頻繁に替えが必要です。というのが、いまの紙おむつは吸収力がすごいので赤ちゃんがおしっこをしてもサラサラ状態を保ちますが、布おむつはどんどん染み込みます。赤ちゃんが敏感ならすぐに泣くし、放っておくと衣服までびしょびしょになってお着替えをする羽目に。

昼間ならこれに対応できますが、夜中や外出時だったら大変です。なので、

  • 起床〜就寝前(お風呂まで) → 布おむつ
  • お風呂上がり〜起床、外出時 → 紙オムツ

にすることにしました。「半・布おむつ育児」ですね。

ただでさえストレスがかかる育児にさらにストレスをかけては、体も心ももちません。「無理をしない」範囲でやることが大切ですよ。

実際にやってみるには

まず、必要なものです。

  • おむつカバー 5枚くらい
  • 布おむつ 10〜15枚くらい
  • バケツ 2個
  • (漂白剤、重曹などあれば)
  • (紙おむつ)

最初にこれさえ揃えておけば、おむつが外れるまでお金はかかりません(おむつカバーはサイズアップする必要がありますが)。

いまやリアル店舗では布おむつを扱っていない店も多いので、私はネット通販で買いました。むしろネット通販で買ったほうが、おむつもおむつカバーも激安で買うことができます。なので、初期費用でさえあまりかかりませんよ。

おむつカバー

四六時中、布おむつ育児にするならもっといるのでしょうが、昼間だけなら5枚、もっといえば3〜4枚でいいという感じです。

また、おむつカバーは赤ちゃんの成長に連れてサイズアップする必要があるので、一つのサイズをたくさん買わないほうがいいですね。

うちは、洗濯が間に合わなかったら(ほとんどありませんが)、その間は紙オムツを使っています。そのあたりはアバウトに・・・。

布おむつ

月齢が浅いほど頻繁に用を足すので、最初はたくさんいります。

でも15枚あれば十分くらいです。10枚だと最初は心もとないかな・・・?

バケツ

1つはおしっこをした布おむつをいれておく用です。もう1つは、ウンチをした布おむつを入れる用。

ウンチがついた布おむつはなかなか色が落ちにくいのと、臭いが強いです。なので、私はすぐに振り洗いをし、バケツに漂白剤や重曹を溶かした水をはって浸け置きします。

実際にやってみた感想

ぶっちゃけ、想像していたより大変ではありませんでした。

ただし、私は上の子の保育園での布おむつ育児をある程度経験していて、耐性があったからかもしれません。第一子で何の経験もなく、いきなり布おむつ育児をするのは大変かも・・・。

また、うんちの匂いは強烈ですが、月齢の若いうちのおしっこはさほど臭わないので、ある程度使用済みのおむつを溜めても臭いはたいしたことがありません。

ただし、離乳食がはじまったりなんやかんやしてくると、また臭いも出てくるのでしょうね・・・。

また、月齢が若いうちは確かに替えが頻繁だし、お着替えも頻繁にする必要があります。が、自分の時間にも余裕があるので、大変に感じませんでしたね(仕事を抱えていたら大変でしょう・・・)

洗濯を乗り切るのがコツ

布おむつで一番大変なのが洗濯です。

汚れた布おむつはいきなり洗濯機でら洗えないので(洗ってもいいのかもしれませんが、気が引けます)、下洗いが必要です。

わが家では、1つのバケツにはおしっこをした布おむつ、もう1つのバケツには重曹を溶かした水にウンチ後の振り洗いをした布おむつを入れています。

そして、その日のお風呂の時に、これらの布おむつをまとめて下洗いします。

といっても、私は3人の子どもたちをお風呂に入れなければいけないので、下洗いをしている時間はありません。

洗っているのは、夜遅くに帰ってくる夫です。

夫にお風呂で下洗いをしてもらい、それをそのまま洗濯機にかけてもらいます。

そして、朝になったら私がそれを干す、といったかたちです。

いまのところ、このスタイルでうまくまわっているので、布おむつを続けられていますね。

育児代の無理なく節約するために、生活スタイルに合わせた「半・布おむつ育児」をしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

ぶろぐ村バナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする