コインチェックからXEM(ネム)が返金。仮想通貨への投資は今後どうする?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コインチェックからXEM(ネム)が補償されました。

今回、有名人の藤崎マーケットのトキさんが財産のほぼ全てを(ネムにかけていて)失ったことで話題になりましたね。補償額が戻ってきた時も。

私もコインチェックでネムを買っていました。コインチェックに入れていたお金はもう失ったものと捉えていたので、戻ってきて良かったです。

スポンサーリンク

どんな騒動だったか

どんな騒動だったか、簡単に。

2018年1月26日、仮想通貨取引所のコインチェック社がハッキングされて、580億円相当の仮想通貨・ネムが流出しました。

それを受けて、コインチェックのほとんどのサービスが停止。アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の売買や送金、日本円の出金がストップしてしまいました。

騒然となりましたが、2月13日、日本円の出金が開始されました。

そして3月12日、ネム保有者にネムが日本円で補償されました。レートは、ハッキング当時の価格で1ネム=88.549円です。

また同時に、停止していたアルトコインの売買等のサービスも再開されました。

昨年11月にコインを購入

私も仮想通貨を買っていて、取引所はコインチェックを使っていました。

コインチェックを選んだのは、初心者も使いやすいという口コミと、アルトコインを豊富に扱っているという点からでした。いろいろなコインを試してみたくなったんですね。

前々から実際に取引している人のブログやらツイートやらを見たり、自分で調べたりしていましたが、実際に買い始めたのは2017年11月後半です。

いくつかのコインを買いました。

投資総額はだいたい15万円くらいです。

補償額は約◯倍

スポンサーリンク

問題のネムも、11月に購入していました。

私が買った当時は1ネム=約21円でした。

で、今回の補償額は1ネム=88.549円。

約4倍で戻ってきたことになります。

投資額が小さいので利益も小さいですが、いちおう利益が出たかたちになりました。

戻ってこなくても自業自得

今回は、事件発生からいろいろな噂が流れました。コインチェックは倒産するんじゃないか、とか、お金は戻ってこない、とか……。

仮にこれが現実となっていたとしても、私個人は自業自得だったと思います。

詳しい人・分かっている人は、仮想通貨をウォレットで保管するなど、きちんと管理していたんですから。

私もウォレットの存在は知っていました。でも、その重要性は分かっていなかった。「面倒くさい」「取引所に置いておいても、まぁ大丈夫だろう」と思ってやっていませんでした。

反省。

仮想通貨は今後どうする?

もともと仮想通貨への投資は、どんなものか試してみたいということで始めました。最初に投じた資金以上に新たに加えるつもりもなく、しばらくやって終えようと思っていました。

なので、今回の戻ってきたネム分は、出金しました。これから新たに仮想通貨を買ったりするつもりもありません。

他の仮想通貨については思案中。いまビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、リップル、ライトコインをちょびっとずつ持っています。

実はコインチェックの他にもう1つ仮想通貨の口座を開設していて、コインチェックの事件があったので、もしサービスが開始したらもう1つの口座にコインを移すことも考えました。が、仮想通貨の取引所は次々と問題が発覚してきて、コインを移す気も失せてしまいました。

いまの金額だと、このまま試しに持ち続けてもいいかなと考えています。

今回ネムが利益確定されてしまい、来年の確定申告案件になりました。まとめて確定申告するためにも、全コインを今年中に売ってしまおうかな。

ハイリスク投資は少額で

いろいろと反省する気持ちはありつつ、興味があることはとりあえずやってみたいという好奇心と、やらないと感覚がつかめないという自分の性質から、たぶん今後も分からないなりにいろんな投資を試しにやってしまう気がします。

そういうときは、生活に支障をきたさない額、無くなっても精神的に耐えられる額、をベースにやることを肝に銘じます。

そういう意味では、今回の仮想通貨への投資額は妥当だったかな、と思っています。

スポンサーリンク

ぶろぐ村バナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする