税金

税金もクレジットカードで!京都市は軽自動車税がカードで払えます

税金は現金でしか払いえないと思っていませんか?

最近、公の機関もだんだんクレジットカード支払いに対応してきました。

クレジットカードで支払えば、支払い額に応じたポイントがつくぶん、多少お得になりますよ。

スポンサーリンク

5月は自動車税を支払う時期です

自動車税は、毎年5月末が納付期限です。

期限を過ぎると、延滞金が課されるなどしますから、注意しましょう。

自動車税は、どうやって支払っていますか?

多くの方が自動車税の納付書を銀行かコンビニに持って行って、現金で納付しているのではないでしょうか。

じつは、自動車税もクレジットカード払いができる場合がありますよ。

 

コンビニならカードで支払えばお得

銀行での納付の場合は、現金か預金での支払いのみです。この場合は、特にお得にも何にもならないですね。

コンビニは、セブンイレブンの場合、税金の支払いに電子マネーnanaco(ナナコ)が使えます。

通常、naancoは買いものをすると100円につき1ポイントが貯まります。ただ税金を支払う場合、ポイントはつきません。

ですが、naanacoへのチャージをクレジットカードにしておけば、そのクレジットカードのポイントがつきます

つまり、nanacoへチャージするクレジットカードを還元率が高いものにすればするほどお得、ということになりますね。

これは、あらかじめnanacoにチャージしなければならないという手間はあります。

ですが、セブンイレブンをよく使う人で、まだnanacoのクレジッドチャージを利用していない人は、これを機にひもづけておいてもいいですね。

その他の税金支払いや公共料金支払いなど、何かと使えることが多いです。

 

また、ファミリーマートであれば、ファミマTカードが使えます。

 

京都市はクレジットカード支払いが可能

 私が住む京都市は軽自動車税にクレジットカードが使えます

ホームページにいくと、独自に設けられた「納付サイト」があります。

そこにアクセスすれば、簡単に納付手続きができますよ。

 

注意点は、このシステムで納付した場合、領収書は発行されないこと。

また、車検に必要な軽自動車税納税証明書は後日郵送になることです。

わが家はそれらが大丈夫なので、このサイトからクレジットカード払いを利用しました。

 

他にも京都市は、このシステムで「個人市・府民税」「固定資産税(土地・家屋)」「都市計画税」「固定資産税(償却資産)」がカード払いが可能となっています。

ぜひ一度、自分が住んでいる自治体のホームページで確認してみましょう。

 

損をしないために手数料は必ずチェック

いま多くの自治体が、どんどんクレジットカード対応になっています。

ですが、クレジット決済を利用した場合、手数料(利用料)がかかる場合があります。

これはよく確認しておきましょう。場合によっては、損をしてしまうことがあります

 

京都市の場合、納付金額に応じて以下のようなシステム利用料がかかります。

5000円まで:0円

5000~10000円:25円(税抜)

以降、納付金額が10000円増えるごとに利用料が70円(税抜)加算

 

自分の納める金額(必要となる利用料)と、カード支払いにしたときのポイント数を、計算して比べてみましょう。

わが家は軽自動車なので、税金額は8100円。システム利用料は27円(税込)です。果たして・・・。

 

普段使いのお得なクレカはこれ!

 私が普段、利用しているのは、「P-one wiz」というクレジットカードです。

このカードは、支払額から自動的に1%オフされるのと、0.5%分のTポイントがつきます。つまり、還元率1.5%!

とってもお得なカードです(もちろん年会費無料)。

 

このカードで自動車税を支払うと、1%オフ(約81円)と0.5%分のポイント(約40円)がつきます。なので、カード払いにしたほうがお得となりますね。

 

お得になるのはほんのわずかですが、ちりも積もれば山となる。

日頃からこれを意識して、生活にかかるお金を少しでもお得に済ませたいものです。

 

スポンサーリンク