百貨店で使うならどのカード?少しでもおトクに買い物しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は百貨店で買い物をすることなんて、めったにありません。やっぱり高いですからね。

1年に2~3回くらいではないでしょうか。

利用するのは、友達の出産祝いのプレゼントなど、祝い事の贈り物を買うときくらいです。

百貨店のお買い物も、支払い方ひとつで、多少はオトクになりますよ。

スポンサーリンク

頻繁に利用する人は百貨店カードがベスト

もし普段から百貨店を頻繁に利用するのであれば、その百貨店のカードを使うのが、やっぱり一番おトクですね。

三越・伊勢丹ならエムアイカード、高島屋ではタカシマヤカード、大丸・松坂屋では大丸松坂屋カード、といった具合です。

私が比較的行くのは大丸ですが、大丸も大丸松坂屋カードを使えば、購入額の5%のポイントがもらえます。

還元率5%ですよ。これはすごいですね。

しかも大丸松坂屋カードは、通常のポイントとは別に、半年間の獲得ポイント数に応じてさらにボーナスポイントがもらえるシステムがあります。年会費も無料!

頻繁に利用するなら、絶対に作っておきたいカードです。

ただ最初に書いたように、私は1年に2回くらいしか百貨店に行きません。

そのためだけにカードを作る気には、正直なところ、ちょっとなれませんね。

百貨店でも「共通ポイント」が貯まります

ここ2、3年で、百貨店は「共通ポイントカード」と提携して、ポイントが貯まるサービスを始めています。

三越・伊勢丹はTポイント、高島屋はdポイントカード、大丸松坂屋は楽天ポイント、ですね。

会計時にこれらのカードを提示すると、ポイントがたまりますよ。

百貨店ではお買い物が高額になりがちなので、使い勝手がいい共通ポイントが貯まるのは、じつにありがたいですよね。

ただ一つ注意すべき点は、大丸(松坂屋)の場合、スマホのアプリ提示ではダメです。

楽天ポイントカードは、楽天ポイントカードのアプリがあります。多くの提携店では、このアプリ(のバーコード)提示でOKなのです。

でも大丸では、きちんとRポイントカードを提示しなければいけません。

最近はポイントカードはスマホで管理している人が多いと思います。(私もそう)。なので、要注意ですね。

他社のクレジットカード支払いでポイント2重取り

そして共通ポイントカード提示の場合、支払いには他社のクレジットカードが利用できます。

たとえば大丸の場合、会計時に楽天ポイントカードを提示し、支払いを別のクレジットカードで行ないます。

すると、1%(楽天ポイント)+そのクレジットカードの還元率分のポイントが手に入るというわけです。

じつは、還元率5%の大丸松坂屋カードは、食品売り場やレストランの利用では還元率が1%なんですよね。

もし食品売り場のみ利用するなら、共通ポイントカード提示+クレジットカード払いにしたほうがオトクになります。

百貨店に行ったら、ついつい今晩のおかずでも・・・と食料品を買ってしまいますよね。私も、百貨店に行ったら、ついついベーカリーでパンを買ってしまいます。

百貨店に行ったときに周りをみたところでは、お客さんは支払い時、現金の人とクレジットカードの人が半々くらいでしょうか。

百貨店のお客さんは年齢層が高めですから、まだまだ現金派が多いですね。

ましてや、ポイントカードを提示している人なんて極少でしょう・・・。

自分が持っているポイントカードをうまく活用して、百貨店でも少しでもおトクに買い物をしたいですね。

スポンサーリンク

ぶろぐ村バナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする