テーマ投資「FOLIO」の口座開設をしてみた。気になるテーマは……?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前から気になっていたテーマ投資のFOLIOで口座開設をしました。

スポンサーリンク

テーマ投資とは

株式投資は通常、企業の株を買います。ですがテーマ投資では、あらかじめテーマが設定されていて、気になるテーマや業界を選べば、そこに属する企業の株を買うことができる、というものです。

FOLIOとは

FOLIOは、テーマ投資型のオンライン証券です。

その特徴は、以下のとおり。

1つのテーマは、そのテーマに関連した10社で構成されています。また通常、株式は100株単位で取引されますが、1株単位で購入することで少額での取引が可能となっています。

つまり、10万円前後で10社に分散投資ができる、ということです。

なぜ利用するのか

もともと投資をやっている人は、わざわざこれを利用する必要はないと思います。複数投資すればそれだけ手数料もかかるし、テーマではなく有望企業の株を個別に買ったほうが、パフォーマンスも良いです。

では、私がなぜ利用しようと思ったかといえば、

  1. 個別株を見定める自信や力がない
  2. 少額投資が魅力的

こんなところです。

お分かりの通り、私は素人なんですね。

気になっているテーマ

FOLIOで気になっているテーマは、今のところ3つあります。

スポンサーリンク

シニアビジネス

高齢者向けのビジネスは、これからますます有望とみています。まず、高齢者は団塊の世代で人数が多い。まだまだ元気で長生きしそう。そして何より、お金を持っている。

肌感覚でも、いまでもわが家の近くのショッピングモールや百貨店に行くと高齢者だらけですね、平日は。スポーツジムでも朝から多くのでご年配方が運動しています(外から見えるんです)。なんとも優雅に生活しているなあと眺めています。

アンチエイジング

「高齢者」プラス「女性」というのは強力な要素。

ただでさえお金を持っている高齢者、そしてやっぱり女性は男性よりもお買い物にお金を使います。

年を重ねれば美容に気を遣うのは当然。そして美容品は、それなりに値段がします。

京都

いちばん気になったテーマです。これがあったから口座開設したようなものです。

このテーマの構成企業は、任天堂、日本電産、ジーエスユアサ、村田製作所、ローム、堀場製作所、日本新薬、島津製作所、京セラ、オムロン。

それぞれで買うとメチャクチャお金がかかります。

いま京都に住んでいるのもありますが、京都の企業は不思議な魅力があります(気のせい?)。

SBI証券でもテーマ投資できるが……

私がメインで利用しているSBI証券でも、「S株Now!」という、テーマ投資ができる仕組みがあります。

FOLIOとS株Now!は、他の方が詳細に比較していらっしゃるので、知りたい方は検索してみてください。

私がSBI証券を選ばなかった理由は、「テーマがイマイチだったから」

FOLIOのほうが、長期的視点に立ったテーマが多い印象です。またデザインも良くて、「面白そうだな」と思わせてくれます。

S株Now!は、たんにいま話題になっているワードで会社を寄せ集めただけ?みたいな印象を持ちました。ぶっちゃけ、「つまらない」んです。テーマもつまらないし、構成企業もつまらない。

というわけで、FOLIOに軍配が上がりました。

まだ、FOLIOでテーマを買うか、これは参考にしていっそ個別株を買うか、迷っているところもありますが、タイミングをみて1つはテーマ投資してみようかと思います。

スポンサーリンク

ぶろぐ村バナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする