開始2ヶ月で金利が1万円超え!積立FXで安定的な副収入をねらう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2ヶ月前に始めたトルコリラの積立FX。

このたび金利が1万円を超えました。

スポンサーリンク

スワップ金利が1万円超え!

トルコリラの積立FXを開始して2ヶ月、スワップ金利が1万円を超えました。

開始した際の積立設定は以下のとおりで、変更ありません。

  • レバレッジ2倍
  • 月に2万円分
  • 毎日積立

ただ、最近トルコリラが下降局面にあるので、下がったタイミングでたびたびスポット購入し、ポジションを増やしていました。

いまポジション数は、35000を超えたところまできています。

副収入も月に1万円以上

ポジションが35000を超えたと言いましたが、もう少し正確に言えば、36000ちょっとです。

現在、SBI FXトレードにおいて、トルコリラ1通貨あたりのスワップ金利は、だいたい0.0093/日です。

なので、1ヶ月30日として単純計算すると、

0.0093 × 36000(通貨)× 30(日)= 10044(円)

1ヶ月で10044円の金利を、いまのポジションを維持しているかぎり今後も継続してもらえるということになります。

開始時の1つの目標が月に1万円だったので、2ヶ月目にして達成しました。

実際には引き続き毎日積立をしていくので、これからポジション数は増えていく=金利は増えていく、ということですね。

ピンチをチャンスと見れるか

トルコリラ円はここ数年、下がり続けています。一時期20円代に突入し、いったん30円代まで回復したものの、いま再び下降局面をむかえ、史上最低水準を更新するか…といった感じです。

このため、個人のトルコリラfxトレーダー、とくにギリギリの資金で取引している方々はピンチに陥っている方も多いようです。

わたしも、上の写真から見てわかるとおり、含み損を抱えています。ですが、焦りはまったくありません。

その理由は

  • ロスカットされる心配がない
  • 下がれば、またチャンスが広がる

からです。

fxをする人、とくにスワップ金利目的の場合、もっとも避けるべきはロスカット(強制決済)です。自分の資金がfx業者の定める基準を下回れば、資金を没収されてしまいます。高レバレッジで取引していると、この危険と常に隣り合わせです。

わたしはレバレッジ2倍(SBI FXトレードの積立fxでは、トルコリラはレバレッジ2倍以上にはできません)。加えて、常に余裕をもって資金を入れて、ロスカットの危険をなくしています。

また、下がれば下がるほど、安く買えるのでラッキーです。安く買えれば、上がったときの利益が増える。下がったときは、じつはチャンスなんですね。

 いま日本株も高く、為替も円安なので、株式市場への参入は控えています。代わりに、いまのトルコリラの低水準が続いている間に、どんどん仕込んでいきたいと思います!

スポンサーリンク

ぶろぐ村バナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする