トルコリラの積立fx。上がろうが下がろうが粘り強く継続するのみ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トルコリラで積立fxをやっています。

いま8万通貨を保有、月に2万円のスワップ金利を得るまでになりました。

スポンサーリンク

月に2万円のスワップ金利

8万通貨を保有している現在、スワップ金利は

0.0087円(1日あたりのスワップ) × 80000 = 696円 

1日に696円の金利が毎日つきます。1ヶ月で2万円超。

ちなみに、本来8万トルコリラを得るために必要な金額は約240万円(1トルコリラ=30円として)。ですが、私はレバレッジ2倍での運用なので、要した金額は約120万円です。実際は1トルコリラ=30円を切っているので、もうちょい少ないですが。

トルコリラは安値更新中

現在、トルコリラは下がり続けています。

私は1トルコリラ=31円前後のときに積立を開始したので、当然いま、含み損を抱えています。その額は、約10万円くらいです。

ただ、月に約2万円ずつ金利がもらえるので、(これ以上トルコリラがさがらなければ)5ヶ月で含み損を取り戻せる計算になります。

下落もチャンスとしてみる

SBIFXトレードの積立fxではドル・コスト平均法が用いられており、日々の購入額が平均化されます。そのため、安い時に買えば買うほど平均値が下がり、上がった時の差益も狙えます。

1トルコリラ=31円代から始めた私も、含み損を抱えてはいますが、買い続けることによって平均購入額は30円をきり、いま20円代になっています。

今後もトルコリラが下がれば購入額の平均が下がり、上がった時に有利になります。反対に、上がれば含み益が出る可能性があります。

レバレッジも低いし、資金に多少の余裕もあるので、どちらに転んでもゆっくり見ていられる状況です。

そして、ひたすら購入を続けるのみ。

そうしているうちに、まずは含み損を解消し、次第に元金も回収できていくかと思います。

fxで失敗した過去から

過去に私は裁量でfxをして痛い目にあっています。というか、未だにその時の負の遺産を抱えています。

なのでfxをするなら決して、高レバレッジをかけない、裁量でやらない、ギリギリの資金でやらない。

これは絶対です。

積立によるスワップ運用が絶対安心とは言い切れません。が、リスクはさほど大きくないものと考えているので、継続していきます。

スポンサーリンク

ぶろぐ村バナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする