保険に月何万円も払っていませんか?本当に必要な保険はほんのわずかです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社会人になったら、子供が産まれたら、保険に入らなくてはならない。

そう考えている人は多いと思います。

実際、生命保険には日本人のおよそ8割が加入しています。

でもその保険、本当に必要ですか?

一世帯あたりの毎月の保険料は平均3.5万円

 

家族構成にもよりますが、日本では一世帯あたり、毎月平均3.5万円を支払っています。

個人でみれば、男性が平均約2万円、女性が平均約1万5千円だとか。

生命保険加入率が高く、保険に多くのお金を支払っているのは、日本人の特徴です。

心配性の人ほど、将来のリスクを重く考えて多くの保険に加入してしまい、「保険貧乏」になりがちです。

私の周囲も、「子供が産まれたから学資保険に入らなくちゃ」と無条件に考えている人がじつに多い。

でも、本当に考えなければならないのは、「どの保険に入るか」よりも、「本当に保険に入る必要があるのか」ではないでしょうか。

保険料は、毎月の家計を左右する重要な要素です。

じつはムダな保険料を支払っていた!なんてことがないようにしたいものですよね。

生命保険がなぜ必要か、冷静に考えよう

多くの人が入っている生命保険。

これは、普段からお金をかけておき、不測の事態に保険金が支払われるシステムです。

一家の稼ぎ頭が事故や病で亡くなったとき、家族が窮することがないようにお金が支払われるという具合ですね。

ひと昔前は、父親が外で働き、母親は専業主婦の家庭が大半でした。この場合、子供が幼いうちに父親が亡くなれば、残された家族の生活費や教育費が困るため、生命保険はほぼ必須なものでした。

ただ、いまは状況が変わってきています。

現代では共働き家庭がどんどん増えています。わが家も、夫婦二人ともサラリーマンです。

共働き家庭であれば収入源が2つあります。たとえ、夫婦の一方が事故や病で亡くなっても、収入が途絶えて直ちに生活が困窮するわけではありません。

生命保険が必要となる2パターン

では現代において生命保険が必要となるのは、どういった場合でしょうか。

可能性としては、私は以下の2パターンだと考えています。

①夫婦が2人とも死亡する場合

②夫婦どちらかが死亡して、かつ生活資金が不足する場合

この2パターンが起こる可能性をどのくらいだと考えるか。

われわれは夫婦で話し合った結果、①が起こるケースは限りなく低い、と判断しました。

そして、その低いリスクのために毎月保険料を払うのは、わりに合わない。

②については、①よりも可能性は高いかもしれません。ただ、そのリスクのために、今から毎月保険料を支払う価値が果たしてあるのかどうか・・・。

結果、こちらも保険料を払ってまで入る必要はない、との結論になりました。

さらに言うならば、毎月高い保険料を支払うくらいなら、いまから貯金したり、運用によって自分で資金を増やした方がいい、ということになったのです。

医療保険はさらに入る必要が感じられない

医療保険についても、保険会社が多種多様なメニューの保険を出しています。

しかし、つい忘れがちなのが、日本人の多くが入っている公的な医療保険の存在です。

この保障が、じつは意外と手厚いのです。

そもそも私たちは国民皆保険で医療費は3割負担です。

また、年間10万円を超える医療費は、確定申告で医療費控除を申請すれば戻ってきます。

さらに、つい見逃しがちですが、大きいのは以下の二つです。

  • 高額療養費制度・・・(同じ医療機関に通った場合)一か月の医療費の自己負担額に上限があります。それを超えて医療費を支払った場合は、すべて戻ってきます。
  • 疾病手当金・・・サラリーマンや公務員は、病気やけがで仕事を4日以上休まざるをえなった場合、標準報酬月額の3分の2が支給されます。期間は最長1年6カ月。

さらにいえば、最近は医療の進歩により、病気で入院しても、その期間が短くなる傾向があります。入院費用もさほどかからなくなっているのです。

わが家では、医療保険は公的な保険制度の保障内容で十分だということになりました。

またここでも、民間の保険会社に保険料で払うなら、貯金などをして自分たちで準備しておこう、との結論に達しました。

ただ、医療保険のなかでも、がん保険、先進医療保険については迷っているところです。

ガンになった場合は、長期にわたって多額のお金が必要になります。一度なったら、再発の可能性も考えなくてはなりません。

また、先進医療を受けるような病気になった場合、高額なお金がかかります。おそらく自費で準備するのは難しいでしょう。

これについては、今後の課題とするところです。

学資保険は必要な保険なのか

子供が産まれたら、学資保険に入る家庭が多いと思います。

これまで、数人のファイナンシャルプランナーに保険相談をしてきました。

すると、学資保険については、入るべき派と入らなくてよい派の真っ二つに分かれました。しかし、双方の根本の考え方は同じでしたね。

それは、「計画的に教育資金を積み立てられる家庭は学資保険は必要ない」。裏を返せば、「計画的に資金を貯蓄できない家庭は学資保険に入っておいたほうがいい」ということです。

学資保険は、満期になると、積み立てていたお金が支払われます。

保険会社によって+αのお金があり、いくらか得をするかたちになっています。

ひと昔前は、この「+α」部分がかなり大きくあったため加入のメリットがありました。

しかし、これは徐々に少なくなってきていて、いまはほとんどありません。

つまり、学資保険に入るのと、自分で貯金するのとでは、さほど変わらないのです。

もし家庭で計画的に教育資金を用意できるのであれば、わざわざ学資保険に入る必要はありません。

さらに、(わが家がそうですが)資産運用している家庭は、わざわざ保険に入って手持ち資金を減らすより、その資金で運用してお金を増やしたほうが、お得ではないでしょうか。

入ったほうがよい保険はコレ

子供が出来た場合、むしろまず考えるべきは、個人賠償責任保険ではないでしょうか。

子供は親にとって予測不可能な行動を起こします。

他人の車を傷つけた、自転車に乗っていて他人をケガさせた、店の商品を壊した……。

突如として予期せぬ莫大なお金が必要となる可能性があります。

このときにかかる費用を負担してくれるのが、個人賠償責任保険です。

個人賠償責任保険は、何かの保険かクレジットカードに付帯でき、しかも少額で済みます。

個人的には、子供が小さいうちは、これに入ったほうがいいと思います。

また、車を運転する人は、自動車保険は必須です。

私も通勤で毎日車を運転します。運転していてつくづく思うのは、いくら自分が安全運転をしていても、危険な運転をする人は周りにたくさんいるということです。

自分がいつ被害にあったり、事故に巻き込まれるか分かりませんから。

保険に入るかどうかと「自分で貯金できるか」は裏返し

保険に入るかどうかの大きな要素は、やはり「自身で貯金できるかどうか」です。

自分でお金を計画的に運用し、貯金できるという人は、保険に入る必要性はどんどん下がっていきます。

逆に、どうしても使ってしまう、貯金できない人(家庭)は、強制的に徴収される保険のシステムを利用したほうがいい。

保険は基本的に掛け捨てです。

お金をかけ捨ててまで保障してほしいものにはお金を出す。そうではないものには出さない。

現在、わが家が入っている保険は自動車保険と個人賠償責任保険のみとなっています。

保険料が低いぶん、家計に余裕が出ますし、余剰資金は運用に回すことができます。

心配性な人ほど、将来のリスクを重く考えて、多数の保険に入り、多額の保険料を支払い、お金がどんどん消えていきます。

もちろん、家庭や自身の状況によって、入っておいたほうがよい保険はさまざまです。わが家も今後、変更がある可能性は大いにあります。

ただその際も、リスクを冷静に考えて、ムダのないように保険を選んでいきたいですね。

ぶろぐ村バナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする