交通費

ICOCAとPiTaPaは持つメリットがないと分かりました。

関西の交通系カードには、ICOCA(イコカ)とPiTaPa(ピタパ)があります。

どちらがオトクなのでしょうか?

スポンサーリンク

私は就職してから20代のあいだ、東京に住んでいました。

東京では交通系ICカードは必需品です。なぜなら、乗り換えがめちゃくちゃ多い。いちいち切符を買っていては、手間や時間がかかって仕方がありません。

とにかく、いつでもどこでも人が多いので、改札をいかにスムーズに通過するかが重要事項です。

私はSuica(BIC CAMERA Suicaカード)を利用していました。年会費無料、オートチャージ、あらゆる電車やバスで利用可能、と非常に便利でした。

京都に住み始めてしばらくは、このSuicaを利用していました。ですが、使えない交通機関があったり、オートチャージができないことに不便を感じました。

そこで、関西で発行されている交通系カードに変更しようとしたのですが……。

持っている人が多いのはICOCA

ICOCAは、JR西日本が発行している交通系ICカードです。

JRのほか、関西私鉄(阪急、京阪、近鉄など)でも相互利用ができます。バスでも利用可能です。

つまり、ICOCAを持っていれば、関西の交通で不自由することはありません。

ただし、ICOCAは前払い式のプリペイドカードです。

利用するには、チャージ機やコンビニなどで事前にチャージする必要があります。オートチャージ機能がないのが、ちょっと不便に感じます。

ただ、ICOCAは簡単に購入できるので、関西では持っている人が多いです。

JR西日本の券売機で購入できるほか、京阪や近鉄でも購入できます。また不要になったら、駅窓口で簡単に返却できます。

またICOCAには、SMART ICOCA(スマートイコカ)というものがあります。これを申し込んでクレジットカードと紐付ければ、現金がなくてもチャージ機でチャージできます。(ただし、これまたオートチャージ機能ではないのが不便です)

まとめれば、ICOCAのメリットは、

  • 簡単に手に入る
  • いちいち乗車券を購入する手間が省ける

ということですね。金銭的なメリットはほとんどありません。

※SMART ICOCAであれば、電車利用や電子マネー利用でポイントが貯まるサービスがあります。またクレジットカードからのチャージでもポイントが貯まるので、少しはお得です。

スポンサーリンク

複雑な仕組みのPiTaPa

PiTaPaの仕組みは、正直ややこしい。お得なのか便利なのか、初めのうちは全然分かりませんでした。

PiTaPaはスルッとKANSAI協議会が発行する後払い型のクレジットカードです。

後払い式なので、基本的に事前にお金をチャージする必要がありません。PiTaPaエリアでの運賃や買い物で支払ったお金は、登録した金融機関の口座から一ヶ月分まとめて引き落とされます。これはラクですね。

注意すべきは、上記は「PiTaPaエリア」のみというところ。JRなど相互利用エリアを利用する際は、事前のチャージが必要となります。

ただPiTaPaには、オートチャージ機能があります。カード内の残額が1000円以下であれば、自動的に2000円がチャージされます。

ただし、オートチャージされるのはPiTaPaエリアの改札機をタッチしたときだけ。またオートチャージ金額の変更はできません。

正直、これは便利なのでしょうか?

たしかに相互利用エリアの交通機関を利用する場合、オートチャージ(手動でチャージする手間が省ける)で便利です。しかし、チャージ分でPiTaPaエリア内の切符を買ったり、乗り越し精算をすることはできません。おトクな一日乗車券や回数券をチャージ分では買ったりすることができないのです。

さらに、PiTaPaは電子マネーの全国相互利用に対応していません。PiTaPa電子マネーが使えるのはPiTaPaエリアのみ。

私はこれを知らず、PiTaPaエリアの駅構内のショップで、レジのおばちゃんとSuicaが使えるかどうかで押し問答しました。使えないと言われたとき「そんなバカな!」と信じられませんでした。

またPiTaPaはクレジットカードなので、申し込んでから発行までに時間がかかります。これ自体は他のクレジットカードと同様なので別に何とも思いませんが、PiTaPaは解約に手間がかかります。

PiTaPaのコールセンターに電話で連絡し、解約届けとカード返却用の封筒を郵送してもらわなければいけません。カード内に残額がある場合、払い戻し手数料が525円かかります。

デメリットばかりのように思えますが、PiTaPaには1ヶ月間の利用回数に応じて運賃割引サービスがあります。

同一車線の同一区間を11回以上利用したら、11回目以降が10%引き、31回目以降が15%引きになります。(割引対象になるのはPiTaPaエリアでの交通機関のみ)

(追記)その他、コメント欄でもご指摘いただきましたが、大阪市交通局のPITAPA割引サービスは金銭的なメリットが大きいようです。

どちらを使ってもお得ではない?

京都に住む私には、ICOCAもPiTaPaも、改札をスムーズに通る(いちいち切符を買わなくていい)ことができるという以外に、めぼしいメリットを見出せませんでした。

この「改札をスムーズに通る」という点にしても、私がよく利用するのは京都と神戸では東京ほど人はいないし、乗り換えが頻繁に発生するということもありません。

切符を買って改札をスムーズに通ることに、さほど緊急性を感じません。

ということで、結論として、関西の交通系カードを持つ理由が見つかりませんでした。

もちろん、通勤や通学で毎日利用する人は別でしょうが……。

関西でお得に電車に乗るには

私の結論として、関西では交通系カードを持つ必要は感じられませんでした。

なので、交通機関を利用する際は、以下の2つの方を活用しています。

  1. 回数券を買う
  2. 金券ショップで買う

毎日ではないけれど同じ区間をしばしば利用するのであれば、駅で普通に回数券を買うのがおトクです。

また、その日限り利用するのであれば、金券ショップで購入しましょう。金券ショップに行くという手間はかかりますが、確実におトクになります。

またJR西日本の京阪神区間を利用する場合、とてもおトクな「昼間特割きっぷ」があります。平日の10-17時と土日祝日が終日利用できるという優れもの。しかも、みどりの券売機でクレジットカードでの購入も可能なのです。

またこの昼特きっぷは、駅で購入する際は6枚つづりなのですが、金券ショップで1枚から買うこともできますよ。

私がわりとよく利用する区間は、京都―(大阪)-三ノ宮区間です。利用頻度はさほど多くないので、乗車券は金券ショップで購入します。時間の余裕がないとき(早く着きたいとき)はJRの昼特きっぷを、時間に余裕があるときは阪急の切符を使いますね。

結論

現状ではICOCAもPiTaPaも買わず、回数券と金券ショップを活用するので事足りそうです。

あくまで、たまにしか電車を利用しない私の個人的な結論なので、ご注意を。

もし私が今後、関西で交通系カードを持つとしたら、

  • 全線でオートチャージができる(Suicaは、Suicaエリア以外にも首都圏の私鉄・地下鉄のPASMOエリアでもオートチャージできます
  • 都市部を走るJR・私鉄・バスがICカード対応(京都ではまだカード非対応のバスもある)
  • お得なポイント付与制度、割引制度がある

の条件が整ったときです。

JR西日本は、2018年秋にICOCAに新しいポイントサービスが導入すると発表していますね。これがどのようなものか、注目です。

スポンサーリンク