子持ち夫婦フルタイム勤務は辛すぎる。この生活を変えるために投資に励む!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ただいま第3子の育児休暇中です。

最近とみに投資への意欲を掻き立てられています。

その理由は、子持ち共働きフルタイム勤務の厳しさを身をもって知ったから。そして、この状況から抜け出すためには、やっぱりお金の余裕がないとダメだと思ったからです。

スポンサーリンク

子持ち+共働き+フルタイム勤務は辛い…!

自分がこの状況に置かれるまで、子供をもち(しかも複数)共働きでフルタイム勤務の生活がこんなに辛いとは思いませんでした。

だってずいぶん前から、社会的には女性が長く働ける時代だといわれていたじゃないですか。会社説明会では多くの会社が「うちは福利厚生が整ってる」と言っているじゃないですか。

でも実際にその立場になってみると、想像をはるかに超えて厳しい…。

最近は育児に積極的に関わってくれる男性が増えていますが、まだまだ少数。育児に携わりたくても職場の理解が得られず結果的に育児ができない男性も含めたら、真のイクメンなんて極少です。

わが家もそうで、夫は朝から晩まで仕事。帰宅は、少なくとも子供たちの就寝時間より遅いので、平日はほぼ私のワンオペ育児。

朝は自分の準備と子どもたちの世話&保育園の準備。保育園に預けてそのまま会社に急いで向かい、(私もフルタイム勤務なのに)夕方になると同僚が仕事をしているなか頭下げて先に退社して保育園のお迎え。帰れば晩御飯&お風呂&寝かしつけ&片付けと洗濯。そして、夜中は子供の夜泣き対応。

たびたび発生する子供の病気で、会社は遅刻&休み&早退の連続。対応するのはもちろん私。実家も遠いので頼れません。

あまりの忙しさとストレスに心に余裕がなくなり、家事育児を手伝えない夫にもイライラし、怒りをぶつけることもしばしば。思い通りに動かない子どもたちへもイライラし、不機嫌な態度をとってしまう。

精神的にも肉体的にもボロボロです。

多くの女性が子供を産んだあとに仕事を辞めてしまう理由がよく分かります。

現状を脱するための選択肢

いまは第三子の育休中で、忙しいながらも精神的には落ち着いています。が、このまま復職すれば、また同じことのくりかえしでしょう。

そうならないためにはどうすればよいか。

夫といろいろ話し合っていますが、選択肢は主に2つ。

1、仕事を辞める

多くの女性がとっている方法です。

どちらかが辞めて家庭に入れば、時間的な余裕はできるでしょう。

問題は、辞めたら家庭内の収入が激減してしまうことです。これから、生活費も子供の教育費もどんどん増えていく時期です。そんななか、シングルインカムでやっていくのは、正直かなり心もとない選択です。

2、働き方を変える

フルタイム勤務を辞め、短時間勤務や派遣社員として働く方法です。

こちらも、フルタイム勤務よりは時間的な余裕ができるでしょう。

今の会社で短時間勤務を選択すれば、人間関係も出来上がっているしこちらの事情もある程度考慮してくれそうなので、やりやすいことはたしかです。ただ、短時間勤務も給料はガクッと減ります。勤務時間がたかだか2時間程度少ないだけなのに、給料は半分近くになったりします。

また、自由な働き方ができる条件のいい会社へ転職するというのも考えられますが、新しい人間関係や職場環境のなかで働きやすいかは不透明で、不安なところがあります。さらにフルタイム勤務ではないならば、収入減の問題もつきまといます。

ネックとなるのは「お金」

こう考えると、時間的な余裕と経済的な余裕のバランスをどうとるかが問題になってきます。

将来的なことを考えると、いまの夫婦共働きフルタイム勤務で得られる収入は確保しておきたい。そのために今の仕事にしがみついている、ということもなくはありません。

でも、もう無理・・・。

多くの家庭が同じような状況にありながらも懸命にやっているのは分かっています。一番つらいのは子供が小さい時期で、子供が大きくなるにしたがって(小学校高学年とか)徐々に厳しさも緩和してくるという意見もよく耳にします。

でも、この生活を10年そこそこ我慢できるか・・・?

それ以前に、いまの働き方を一生続けていいのか・・・?

逆に、経済的な余裕が確保できれば、働くにしても辞めるにしても、もっと柔軟に選択できるじゃないか!

われわれ夫婦の結論はそうなりました。

なので、(資産管理を任されているのは私なので)私はせっせと投資に励んでいます。

給与所得以外に収入源をふやすことで、現状を打破できると信じて・・・。

スポンサーリンク

ぶろぐ村バナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする