お金を貯めるのに家計簿は必要ありません。大切なのは「○○する力」です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「家計を管理するために、貯蓄を増やすために、家計簿をつけるのは必須!」

そう思っていませんか?

私もこれまで、何度も家計簿に挑戦してきました。

が、そのたびに挫折してきました・・・。

スポンサーリンク

家計簿は大切です!でも…

私の母は、毎日のように家計簿をつけていました。

お金は厳しくしっかり管理されていて、そのおかげで実家ではお金に困った記憶はありません。

家計簿はとても大切なものだと思います。

ですが私の場合、細かい作業が苦手なのにくわえ、面倒くさがりな性格です。

レシートやカード明細を細かくチェックし、項目ごとに分け、記入する。これだけでもストレスが溜まります。しかも途中で、必ず残金と合わない事態になってしまう。どんどんイライラが募っていきます。

そしていつも、途中で「やーめた!」となってしまうのです。

必要なのは「家計簿」か?それとも・・・

家計簿をつけることは大切です。

なぜなら、毎月いくら収入があり、いくら使っているのか、そしていくら残るのかが一目瞭然となるからです。それによって、家計の見直しも簡単にできるようになる。

最近はクレジットカードや電子マネーでの支払いも増え、どうしてもお金のが複雑になりがちです。

またクレジットカードは、自分が持っている以上のお金を使い過ぎてしまう傾向があります。

そうならないためにも、家計簿をつけて、支出を目に見えるかたちでしっかり把握することには、とても意味があると思います。

つまり、家計簿の目的は「お金の流れを把握する」ことです。

しかしこれは裏を返せば、お金の流れが把握できていれば家計簿はつけなくてもいい、ということでもあるのです。

「お金の流れを把握できる仕組み」をつくろう

家計のお金の流れは、じつはとってもシンプルです。

収入(給料)-支出=余剰金(貯蓄に回せるお金)。

たったこれだけです。

どの家庭でも、収入は簡単にわかるでしょう。

問題は、支出です。項目も多く、支払う回数も多い。これをどうやって把握するかがカギとなります。

わが家は、いま現金で支払いをすることがほとんどありません。ほぼすべて、クレジットカード、電子マネー、口座引き落としです。

現金で支払っているのは、保育園でかかる雑費(延長保育代、主食・道具購入代、クラス会費など)くらいです。

大まかに支出項目を書き出してみると、

・生活費(食費、日用品) → クレジットカード、電子マネー

・通信費(スマホ、ネット) → クレジットカード

・保険(車、生保) → クレジットカード

・保育園代 → 口座引き落とし

・光熱費 → 口座引き落とし、クレジットカード

・投資・運用 → 口座引き落とし

でしょうか。

※電子マネーはクレジットカードからチャージされるので、最終的にはクレジットカード使用ということになります。

私は、これらの引き落とし口座をすべて同じ銀行からにしています。

そのため、銀行の使用明細を見れば、1カ月のあいだに、どこから、いくら支出があったのかが分かります。つまり、銀行口座が家計簿代わりとなっているのです。

クレジットカード利用の場合、銀行の明細からわかるのはそのカードでいくら使ったかの総額だけです。もし「何に使ったっけ?」「こんなに多く使ったかな?」と思えば、カード明細を調べればいい。いまはインターネット上ですぐに明細を確認することができます。

家計簿をつけない代わりに、私はずっとこの方法を採ってきました。

買い物ごとにいちいちチェック・記録しなくても、1カ月ごとに銀行口座を確認するだけでOK。

この方法のメリットはなにより、ストレスがたまらないことです。

慣れればクレジットカードによる使い分けも

毎月の支出の全容が把握できるようになったいまでは、よりお得に買い物をするためにクレジットカードの使い分けをしています。

たとえば、食料品を買う際はイオンを使い、株主優待も利用するので、イオンカード(セレクト)で支払います。ネット通販(日用品)や旅行関係は楽天を使うので楽天カードを使います。

このとき、私の持っているイオンカードセレクトはイオン銀行から、また楽天カードは楽天銀行からの引き落としとなります。つまり、引き落とし口座が複数となる。

引き落とし口座が複数になっても、お金の流れが把握できればOKです。

むしろ、引き落とし口座を分けることによって、支出項目と支出額がより明確になる場合もあります

ただ、やや把握が複雑になりますから、まず自分の支出の全体像をしっかり把握することに慣れてからにしたほうがいいかもしれません。

ストレスフリーな方法を見つけよう

家計簿をつけることは、目的ではなく手段です。

その目的は、「お金の流れを把握すること」「家計管理をしやすくすること」。

必要なのは「お金の流れを把握する力」です。

それさえあれば、家計簿をつける必要はありません。

(また、いまではパソコンやスマホで簡単に家計簿をつけることもできます。)

「節約」や「家計簿」は、そもそも多くの人にとってストレスがたまる行為です。

いかにストレスをかけずに、継続できる方法をみつけるか。

家計を管理してお金を貯めやすい仕組みをつくるには、それが重要だと思います。

自分なりのストレスフリーな方法を見つけて、楽しんで家計管理をしていきましょう。

スポンサーリンク

ぶろぐ村バナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする