「株式投資」は女性にこそオススメ!楽しさとおトクを同時に手に入れよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんはお金を「運用」していますか?

世間ではアベノミススやら景気回復やらと騒がれ、日本人の資産運用への関心が高まっていると言われます。

しかし総務省のデータによると、2人以上の世帯で貯蓄にしめる有価証券(株式・公社債・投資信託など)の割合は、たった15%ほどだそうです。

私のまわりをみても、積極的な資産運用をしている人はあまりいません。(私の言う積極的な資産運用とは、株式投資や投資信託、不動産投資などのことです)。

とくに女性となると、ほとんどいません。

多くの家庭でやっている資産運用は、普通預金や定期預金、または保険加入でしょう。

でも、たとえ良い利率の定期預金といっても、せいぜい0.2%程度です。10万円預けたとしても、1年後には200円しか増えない。

普通預金にいたっては、金利など「ない」と言ってもいいレベルです。

もう銀行に預ける意味はほとんどないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

「株は怖い」という思い込み

資産運用の代表的なものに、株式投資があります。

でも多くの日本人は、「株はギャンブル」「怖い」「損をしそう」というマイナスイメージをもっています。

バブル崩壊を経験したからでしょうか。

私はこれまで、株式投資、投資信託(積立、一括)、外貨預金、fx等々を経験してきましたが、マイナスを経験したのはfxのみです。

なかでも株式投資は、女性こそ楽しんで行なえる運用方法だと思います。

なぜなら、いま日常の買い物を担っている多くは女性です。株式投資によって、馴染みのあるさまざまな企業の恩恵を受けることができますおトクなサービスや買い物の恩恵を肌で感じることができるのは、女性のほうでしょう。

株式投資でお金が増える3パターン

株式投資とは、会社の株を買うことです。

それによって受ける恩恵は、次の3パターンです。

①株価が上がれば利益になる

株価が、自分が買った以上の値段になったときに売れば、そのぶん利益になります。(反対に、下がれば損になります)

②配当金が支払われる

株を持っていれば、その会社の利益に応じて配当金がもらえます。(配当を出していない会社もあります)

③株主優待を受けられる

多くの会社が株主優待を設けています。自社商品、自社サービスの優待券や割引券、クオカードやギフトカードの金券がもらえます。

ざっくりとした説明ですが、以上のようなメリットがあります。

とくに女性が楽しめるのは、③の要素だと思います。

多くの企業が自社製品だったり自社サービスを提供しています。食品会社、化粧品会社、飲食店、スーパー、衣料品店・・・。

「こんなものがもらえるんだ!」「こんなにおトクになるんだ!」とワクワクするものが、とてもたくさんあります。

いま私が持っている株主優待

いま現在、私がもっているの株主優待は2つです。

1、イオン

イオンの株主優待は、イオンでの買い物金額からの割引(キャッシュバック)です。取得した株数が多いほど、キャッシュバック率が上がります。

現在、私のキャッシュバック率は5%です。食料品や日用品のほか、おむつや子供服などの子供用品にも適用されるので、ずいぶん助かっていますよ。

しかもこの株主優待は、イオンのお客様感謝デー(5%オフ)などと併用可能です。

いまわが家は、このイオンの株主優待なくしては考えられません。

2、サンマルクホールディングス

サンマルクホールディングスの株主優待は、系列レストランの料金20%オフです。

これを取得するのは、わが家が鎌倉パスタをよく利用するからです。頻繁に行く店は、パスタ+お惣菜・パンの食べ放題があって、お気に入りです。子供が小さいので、まだ大人の分を分け与えるだけでよく、実質2人分で家族全員がお腹いっぱい食べられます。

そのうえで20%オフは、正直デカイですよ。

このほか過去に取得したことがある優待は、マクドナルド(商品無料券)、ビッグカメラ(買い物優待券)、コモ(パンの詰め合わせ)、レオパレス21(ホテル宿泊優待券など)、ファンケル(自社商品)、オートバックス(買い物につかえるポイント)、全日空(運賃割引券)などなどです。

自分がよく利用する店や商品の会社のものを選ぶといいですよ。

実際にどうやって始めたらいい?

普通預金や定期預金しか経験のない方は、どうやって株式投資をはじめていいのか分からないかと思います。でも、じつはカンタンです。

①証券会社を選ぶ

証券会社にはネット証券と総合証券がありますが、手数料が安いネット証券がおススメです。

私は複数の証券口座をもっていますが、SBI証券をメインに利用しています。扱っている商品も多く、手数料も安くて使いやすいです。

②口座開設を申し込む

ネット証券であれば、オンライン上で口座開設の手続きができます。本人確認書類もアップロードやメールで送付でできてしまいます。

時間はかかりますが、もちろん郵送での手続きも可能です。

③口座開設の通知が届く

口座開設ができれば、取引に必要な「ID」や「仮パスワード」などが入った資料が届きます。

④口座に入金する

取引をするためには、開設した口座に入金する必要があります。ATMからの入金や銀行振込、ネット送金などでできます。

⑤銘柄を選んで注文 → 成立

入金したお金の範囲内で株(銘柄)を選んで、注文します。成立すれば、株を買えたことになります。

初心者がやりがちな株のダメな買い方

株式投資を初めてやる人は、儲けを焦るあまり、ついついやってしまいがちな買い方があります。でも結果的に損を可能性が高いです。

1、知らない会社の株を買う

配当金の多さや株主優待の内容だけに魅かれて、よく知らない会社の株を買うのはやめましょう。

知らない会社は当然、その会社の業績や事業の内容なども知らないはず。であれば、株の値段が上がるか下がるか、はては倒産するかも未知数なわけです。

思い入れのない会社の株を買えば、株価が下がった時の悔しさや後悔は計り知れません。

2、雑誌や本の情報を鵜呑みにする

本屋に行けば、雑誌に「これから上がる株」などという特集が頻繁に載っています。またネットでも専門家と称する人が株価予想をしています。

これらの情報を信じて(鵜呑みにして)買うのはやめましょう。なぜなら、ほとんど宛てにならないからです。情報発信者は、予想が外れても何の責任もありませんし、何の責任もとってくれません。

実質タダで株主優待を取得できる方法もある

株式投資をするには、実際に株を買うお金が必要です。ほとんどの会社の株は100株単位で売買されているので、数万~数十万円が必要となります。

そして当然ながら、買った後に株の値段が下がってマイナスになる事もあり得ます。

「損はイヤだ!」「やっぱり株式投資なんてできない」

そう思われるかもしれません。

ただ最近は「クロス取引」という手法も広まってきています。

詳しい説明は省きますが、これを行なうと、実質タダで株主優待を手に入れることができます。私の持っているサンマルクホールディングスの株主優待も、この方法でゲットしました。

このクロス取引は、各証券会社がホームページで紹介しています。もし興味のある方は、参考にしてみるといいですよ。

株が下がってものんびりかまえよう

私はイオンの株は長期的に持ち続けています。

株を買った後で、プラスになったりマイナスになったりしてきました。

しかしたとえマイナスになっても、慌てることはありませんでした。なぜなら、配当金と日常の買い物のキャッシュバックで、十分元は取れると思っていたからです。

いま現在がマイナスであっても、長い目で総合的にみればプラスなわけです。

また、イオンは応援したい企業でもあるし、今後も利用し続けていきたい会社です。

たとえ最終的にマイナスになったとしても、株を買ったことを後悔はしません。

また今後は、自分の好きなカフェや飲食店の株主優待をゲットしたいともくろんでいます。

たしかに株式投資は100%損をしないわけではありません。

ですが、自分の好きな商品やサービスの株主優待を狙うことで、楽しんで行なうことができます。そして、やればやるほど、株式投資の仕組みが分かってきたり、興味のある会社を調べたりして、損をする可能性が減ってきます。

興味のある方は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

ぶろぐ村バナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする