保険

保険に困ったら無料相談を利用してみよう。ただし、注意も必要です

 

「結婚や出産を機に保険に入ろうかな。でも、どの保険がよいのだろう」

そう思う方も多いでしょう。

いま各保険会社が、同じような保険を数多く販売しています。

会社や保険によって細かい違いがあるのですが、素人目にはとてもわかりにくい。

自力で生命保険や医療保険を選ぶのは、かなりハードルが高いものです。

 

スポンサーリンク

 

保険相談してはいけない相手

 

保険の相談は、いったい誰にすればいいのか。

ここで避けるべきは、保険会社の営業マンや保険レディです。

私もかつて、自分の会社に出入りしている保険の営業マンに保険の相談をしたことがあります。が、まぁ見事に失敗でしたね。

保険会社の営業マンは、たしかに保険に詳しい。ですが、やっぱり自社の保険をすすめてきます。自分の営業成績に直結するので、当然と言えば当然ですね。

 

街中にも多い保険の無料相談

 

気軽に相談できるのが、保険の無料相談です。

最近街中にも多く見かけますし、ネットでもそういったサービスがたくさんありますね。

相談にのってくれるのは、ファイナンシャルプランナー(FP)と呼ばれる人たちです。

特定の保険会社との利害関係がないため、自身に合った保険を相談・検討することができますよ。

 

私も過去に何度か保険の無料相談を受けたことがあります。

じつは私は、生命保険や医療保険の類は入る必要はないという意見の持ち主です。

でもこの意見も正しいという確証はありません。そのため、気になったことは聞いておきたい。

「あの生命保険は人気があるけど、その理由は何ですか?」

「いま注目されているがん保険はどれですか?」

「いまの学資保険はどのようなタイプが販売されていますか?」

こういった質問をぶつけてみて、自分ではなかなか分からない保険の詳しい状況を聞いたりしています。

 

FPに話を聞くときの注意点

 

ただし、中立とされているFPの意見でも、鵜呑みにしてはいけません。

たとえば、そのFPもある会社に属していて、FPを介して保険の契約ができる場合があります。その際、扱っている保険会社とそうでない保険会社があると、完全に中立ではない場合がある。

また、FP自身の性格、経歴や状況によって、説明にバイアスがかかっていることもあります。

たとえば過去、私の相談を担当したFPのなかに、わりと高齢で重い病気を経験した方がいました。その方は、若いうちからの医療保険や学資保険の加入を強く推してきました。

 

もちろん、自身の意見は抑え、こちらの意見や希望にのみ耳を傾け、本当に参考になる意見を言ってくれる方もいます。

こちら側に、FP自身を判断する目も必要だということですね。

 

また、保険会社の営業マンでもFPでも、話を聞いた際にはぜひこう聞いてみましょう。

「あなたはどこのどの保険に入っていますか」

そうすると、自身が勧める保険とは全く違う保険に入っていることが多々あります。そしてこの質問をしたら、「正直に言いますと、本当におすすめは……」と本音トークをしてくれることも多いです。

ちなみに、私がこれを聞いて一番多く得られた回答が「(保険に入るとしたら)都道府県共済です」でしたね。

 

相談前に「自分の軸」を持っておこう

 

誰に相談するにしろ、まず最初に「自分の軸」を持っておくことが必要です。

私であれば、「基本的に保険は入らない」という軸。

保険会社の営業マンにしろ、FPにしろ、口はうまいです。なので、説明された保険はとてもよく見えてしまう。そして、ついつい加入してしまいます。

そして一度保険に入ってしまうと、なかなか抜け出せません。

 

日本人は本当に保険が大好き(?)です。

多くの方が、何の疑問ももたず毎月多くの保険料を払っています。

 

先ほども書きましたが、私は基本的には生命保険や医療保険には入る必要はないという意見です。現在入っているのは自動車保険と、子供の自賠責保険のみ。

何回か保険の無料相談を利用しましたが、この意見を変える必要はないと思っています。

 

自分の意見をしっかり持って、そのうえでアドバイスを聞いて、自分に合った保険を考えましょう。

 

スポンサーリンク