延長保育は子供がかわいそう?その感情より私を悩ませるもの。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「小さい子供を延長保育で遅くまで保育園に預けるのはかわいそうだ」

世間では、そう思われる方が多いようです。

そのため、短時間勤務を利用・継続したり、フルタイムの仕事を辞めてパートに切り替えたりする方もいます。

でも、「延長保育で子供がかわいそう」は本当なのでしょうか。

 

お迎えはいつもラスト

現在、わが家は夫婦ともにフルタイム勤務です。

当然、保育園では延長保育を利用せざるをえません。

いま利用している保育園は、18:30からが延長保育で、19:00に閉園です。

子供たちを迎えに行くのは私ですが、お迎えに行けるのは閉園ギリギリ。

いつもラストか、ラストから2番目くらいです。

いま利用している保育園では、お迎えの波が2回あります。

まず17:00頃に、保育短時間での利用の子のお迎えがきます。その後、18:00頃に、保育標準時間での利用の子のお迎えがくる。ほとんどがそこで帰ってしまいます

わが家のように延長保育を利用している家庭は、多くありません。

延長保育を利用し始めた頃は、保育園の先生から「夕方にお友達にお迎えがくる時間になると寂しくなるようで、少し泣いたりしちゃいますね」という話を聞きました。

このようなことを聞くと、私もやっぱり、「遅くまで保育園に残して子供たちに申し訳ない」「かわいそう」と思わずにはいられませんでした。

そして、「もっと早くにお迎えに行きたい」「18:00頃には晩御飯を食べさせてあげたい」「時短をとるべきなのだろうか」「いまの仕事を続けていていいんだろうか」・・・そんなことばっかり考えていました。

子供は強い。そして楽しんでいる

「なんでお迎えに来ないの?」「早く帰りたい」と子供たちは思ってはいないだろうかと心配だったのですが、わりとすぐに子供たちは環境に順応するものです。

お迎えに行くと、すごく楽しそうに遊んでいる。そして、さらに遊び続けようとする。

さらに、延長保育ならではのメリットもあります

延長保育のメンバー同士の結束が強まり、すごく仲良くなるのです。

いま利用している保育園では延長保育の人数がさほど多くないため、延長保育時間帯は年齢問わない合同保育になっています。そのため、違うクラス(年上)のお兄ちゃんお姉ちゃんにも名前を覚えてもらって、すごく可愛がってもらっている。

そんな姿を見ると、こちらはほっとして元気が出ます。

また、この保育園では延長保育の担当の先生は日替わりです。なので、クラス担任以外の先生とも子供たちは親しくなる。そして、多くの先生に子供のことをよく知ってもらえ、気にかけてもらえるようになります。

そのこともあって、新年度になってクラス担当の先生が変わっても、うちの子たちが先生を嫌がったり、人見知りすることはありませんでした。

延長保育についてわが家の問題は

こうして、「子供を遅くまで残してかわいそう」という感情は、自分の中で何とか消化できるようになりました。

でもわが家を悩ます、もっと大きな問題が出てきました。

それは、延長保育で出される「おやつ」です。

延長保育では、子供たちにおやつが支給されます。晩御飯が遅くなるので、お腹がすくからでしょう。

しかいそれを食べるがために、家に帰ったあと「おなか空いてない」と晩御飯をあまり食べてくれないのです(!)

ときには「ごはんいらない」といって全然手を付けないことも。

最初は「お腹は空いているはずなのに、なんで晩御飯を食べないの?」「どこか悪いのか?」と不思議でした。

でも、いつもより早め(延長保育時間に入る前)に迎えに行ったときには、モリモリと食べる。それで気がつきました。

これは何ともしがたいことで、いまも私が頭を悩ましている問題です。

他の家庭とくらべずに、信念をもって

私の母親は専業主婦だったため、私は保育園に行ったことがありません。そして、毎日18:00には晩御飯を食べ、ゆっくりお風呂にはいり、21:00には寝ていました。

また、いまの保育園でも延長保育を利用している人はごく少数。多くのご家庭が18:00頃までにはお迎えに行っています。

そのようなことを思うと、どうしても「うちの子供たちはかわいそうかも」と思ってしまいます。

でも、子供は意外と強いもの。

自分が与えられた環境のなかで、楽しそうに過ごしています。

そして、延長保育を利用するのは自分の仕事上、仕方のないことです。私も、保育園でのお迎えは遅いほうでも、会社では周りの社員より早く帰らせてもらっています。

自分の家庭には自分の家庭のスタイルがある。

そう信じて自分流をつらぬくのがいちばんだと思います。

ぶろぐ村バナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする