ふるさと納税

駆け込みでふるさと納税を行いました。楽天を使えば超絶おトクでしたよ

年末ギリギリになりましたが、駆け込みでふるさと納税を行いました。

楽天ふるさと納税がめちゃくちゃおトクでしたよ!

スポンサーリンク

ふるさと納税をしよう!

ふるさと納税とは、地方自治体への寄付を通じて地域創生に参加できる制度です。

これが注目されているのは、お米やお肉といった特産品や名産品を、寄付の「お礼品」として貰えるからです。そして、寄付金から2000円を差し引いた額が、所得税と住民税から還付・控除してもらえます。

つまり、数万円、数十万円の寄付の返礼品が、確定申告による還付によって実質2000円でもらえるのです。

やらない手はありません。

年末ギリギリになったワケ

ふるさと納税は、所得によって還付・控除額の上限が設けられています。

私は自分の上限額がわからなかったんですね。計算するのが面倒で…。

なので、会社から源泉徴収票をもらうのを待っていました。そうしていたら、こんなに年末ギリギリに。

ですが、これにより正確な控除額が判明。ネットのシュミレーターで調べると、こうなりました。

スポンサーリンク

楽天ふるさと納税のスゴさ

今回、私が利用したのは「楽天ふるさと納税」です。

これは超おトク!なぜなら、

  • 楽天市場の買い物回数にカウントされる
  • 楽天ポイントが貯まる
  • 楽天ポイントが使える

からです。

そのため、楽天のお買い物マラソンやスーパーセールに合わせて行なえば、ポイント獲得倍率が一気にアップします。

私は今回セールに間に合わないなぁ…と思っていたら、ちょうど「超ポイントバック祭」が開催されました。

なんと、ふるさと納税も対象です。

私が控除額の上限までふるさと納税を利用したとすると、4倍が適用されますね。

もちろんエントリーして、この期間中にしました。

ポイントバックで実質無料に!

楽天にはSPUというポイントプログラムがあります。

このSPUで私は今月、楽天市場での買い物に常時ポイント6倍が適用されます。

たとえばふるさと納税で4万円を寄付したとすれば、2400ポイントもらえます。これだけで実際の負担額2000円のもとがとれます!

さらに、楽天グループで1ヶ月ごとに開催されるポンカンキャンペーン。これにより今月の私のお買い物はポイント3倍になっています。

さらにさらに、「楽天検索を5日間連続5口利用」したらポイント2倍。これも適用されます。

そして、私が利用したのは「FCバルセロナ勝利でポイント2倍」の日でもありました。これもエントリー。

どれだけお得なんだ…!

楽天がいまのシステムが続けるなら、来年以降も楽天ふるさと納税の利用で決まりですね。

ふるさと納税は12/31までできます。

まだの方も十分間に合いますよ。

スポンサーリンク