知らない間に失効してるかも!?WAONポイントの使い方には要注意

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いま世の中にはたくさんのポイントプログラムがあります。

その中、イオンユーザーはWAONポイントを貯めている方が多いでしょう。

このWAONポイント、気をつけないと失効してしまいますよ。

スポンサーリンク

WAONポイントには期限がある

わが家は近くにイオンモールがあるので、イオンをよく利用します。そのため、夫婦ともにイオンカードセレクト(クレジットカードと電子マネー・WAONが1枚になったもの)をよく使っています。

先日、夫から「WAONポイントって全然貯まらなくない?」と言われました。

夫「この前、WAONポイントが貯まってるだろうと思って店で使おうとしたら、ポイント使えませんって言われたよ」

私「え、WAONポイントはワオンステーションでポイントをダウンロードしないと使えないんだよ」

夫「!?」

ということで、ワオンステーションへ行って確認もらうと、

夫「何ポイントか失効してた……」

と。じつは夫はWAONポイントの仕組みを理解していませんでした。

そう、WAONポイントには有効期限があるんです。

必ず失効していく

いま日本で有名な共通ポイントに、Tポイント、楽天ポイント、Pontaポイントがあります。三大共通ポイント(dポイントを加えて4大共通ポイント)とも言われます。

TポイントとPontaポイントの有効期限は最終利用日から1年間、楽天ポイントは最終ポイント獲得日から1年間となっています。利用し続けている限り、手持ちのポイントの有効期限も延長され、半永久的に利用できる仕組みになっています。

ですが、WAONポイントは違います。

まず1年間のポイント加算期間があり、その期間内に貯めたポイントの有効期限は、加算期間を含めた最大2年間となっています。

つまり、WAONポイントの有効期限は、すべて1〜2年間。期限がくると、必ず失効してしまうのです。

ちなみに、イオンのクレジットカードを利用すると、「ときめきポイント」が貯まります。この「ときめきポイント「」の有効期限も最大2年間となっていて、延長されることはないので要注意です。

そのままでは使えない

スポンサーリンク

Tポイントや楽天ポイントなどの共通ポイントは、使いたいときにレジでカードを渡して「ポイントで支払いたい」旨を伝えれば、ポイントを使って支払うことができます。

ですが、WAONポイントはそのまま使うことができません。

WAONポイントを、電子マネーWAONに交換する作業が必要です(これをポイントチャージと言います)。

方法は2通りあります。

お店で交換

1つは、店のWAONステーションでポイントチャージする方法です。

イオン等には、WAONステーションという機械が設置されています。小型の銀行ATMみたいなやつです。

そこで手持ちのカードをかざせば、貯まっているWAONポイント数が表示されるとともに、ポイントチャージができます。

WAONステーションのほかにも、イオン銀行ATMや、ファミリーマートのFamiポートでもポイントチャージができます。

パソコンで交換

2つめは、パソコンでチャージする方法です。

WAONネットステーションというサイトでポイントチャージが可能です。

ただし、これには別途、ICカードリーダーが必要となります。

なので、大半の方は1つめのほうがな簡単かもしれません。

こまめに使いましょう

WAONポイントは最大2年間で必ず失効してしまいます。しかも、ポイントを使うにはポイントチャージが必要と、ひと手間かかります。

そのため、私の夫のようにポイントに疎い人は、せっかくカードを使っていてもポイントがどんどん失効している可能性があります。

これは本当にもったいない。

WAONポイントはこまめに使っていくのがおススメですよ。

スポンサーリンク

ぶろぐ村バナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする