働き方

今年も1人、友人のワーママが仕事を辞めた。

4月は入園式、入学式、入社式と、新しい門出の季節。子供を保育園に入れて育休からの職場復帰という女性も多いでしょう。

一方、この3月でまた1人、私の友達のママが仕事を辞めました。

 

スポンサーリンク

仕事を辞めていく友人ママたち

「また」と書いたように、これまでも仕事を辞めていった友人がいました。

辞めた女友達のほとんどが、もともとは辞めるつもりはなく、出産後に一度は職場復帰しています。どの友人も、わりと名の通った企業の正社員で、待遇も良さそうでした。でも、辞めていきました。

今回辞めた友人が勤めていたのも、誰もが知る有名企業。総合職で入社し、順調にキャリアを積んでいました。3年ほど前に出産し、復帰して頑張っていたのですが……。

辞めた理由は、みんな同じです。

「仕事と家庭の両立はムリだった」

辞めていったママたちの共通点

スポンサーリンク

仕事を辞めた友人たちに共通していたのは、大きく以下の3点です。

  1. 家事育児の負担が妻側に大きく偏っている
  2. 両親が遠方
  3. 働き方に融通が効かない

こういったなかでも仕事を続けられている女性は、もちろんたくさんいます。本当にすごいと思います。でも、やっぱり厳しくて、脱落していく女性が多い。

今回辞めた友人の会社は、女性が多い職場です。なので、私からすると、女性が長く働き続けられるイメージがありました。しかし、

「女性が多い職場だからこそ、女性に厳しかった」

友人は言っていました。男も女も、子供がいてもいなくても、同じようにバリバリ働くことが求められる、と。

これは厳しいというよりも、当たり前のことです。ですが、だからこそ家事育児のほとんどを担っていた友人には続けられなかった。

「うちの会社で働き続けている女性は、みんな両親が近くにいる人ばかりだよ」

振り返ってみれば、私が勤めている会社でもそうですね……。

ハードルが高い保育園入所がようやく叶っても働き続けられないなんて、いったいこの国や企業は何なのでしょうか……。

明日は我が身

私はまだ育休中です。

が、復帰も近づいてきています。

先に挙げた3項目は、私にも当てはまります。前に育休復帰した時も、つらくてつらくて、何度も辞めようと思いました。

でも辞めなかった理由の1つには、やっぱりお金の問題がありました。それがあったから、それまで適当にやっていた投資に本気で取り組み始めたんですね。

第3子出産で休みに入ったので、なんとか仕事を辞めずに今に至るわけですが。

2は変えられません。

1か3ですが、ココが変わらないと、わたしもいずれは仕事を諦めざるを得ないのか……。

解決する見通しは立っていません。

 

スポンサーリンク