ヤフオク

要らない子供服はヤフオクに出品!必ず売れる方法を詳しく解説します

要らないベビー服や子供服、どう処分していますか?

タンスにそのまま眠っているお宅も多いのではないでしょうか。

そういった服が処分でき、なおかつお金も入ってくるのが、ヤフオクです。

「でも、本当に売れるの・・・?」

そう思われる方もいるでしょう。

ヤフオクで子供服を出品して、必ず入札が入る方法を詳しく解説します!

スポンサーリンク

キレイな服が残っていませんか?

子供服はお祝いなどでもらう機会が多いもの。また、可愛いお洋服はついつい買ってしまいます。

ただ結局、着る服はいつも決まっていたりして、それほど(またはまったく)着ないまま時間が過ぎてしまうことが、ままあります。

「せっかくもらったけど、あまり着なかった」「数回着ただけでサイズアウトしてしまった」「着ないまま子供が大きくなってしまった」・・・。もしくは、「けっこう着たけれど、まだじゅうぶんキレイ」。

そういったものは、ヤフオクでわりと高値で売れる可能性が高いんです。

「でもそんなに有名なブランドの服でもないしなぁ」

そう思っても、タグを確認してブランド名を検索してみましょう。ファミリアやミキハウスといっただれもが知るブランドでなくても、意外に人気のあるブランドだったりします。

子供服は本当にたくさんのブランドがあります。私も、知らず知らず買っていたりもらっていたりしたものが、じつは割と名の知れたブランドだったことが多くありましたよ。

そして、けっこう売れるんです

 

ただ、せっかくの子供服も、出品の仕方次第で、入札されるかどうかが大きく変わります。

コツをつかめば、かならず入札されます(そして高値で売れます)!

まずは「売れるもの」を見極める

まず、どんな商品でも高値で売れるわけではありません。当然、キレイなものであればあるほど、ほしい人も多く、売れやすくなります

そのため、まずモノの状態によって、売れやすい商品と売れにくい商品を選別しましょう

子供服については、だいたいイメージとして以下のような感じです。

  • 未使用・新品 → 必ず売れる
  • 使用回数が少なく、キレイな状態 → 売れる可能性大
  • 使用回数が多めだけれど、有名ブランド品 → 売れる可能性大
  • 使用回数が多めで、ノーブランド品 → 状態によるが、売れる可能性あり

            

未使用・新品の品は、必ず売れます。ブランド品であれば、間違いなく高値がつきます。

使用回数が少なく、キレイな状態の品も、売れる可能性はかなり高いです。有名ブランドであれば、間違いなく売れます。中小ブランド品も売れやすい。ノーブランド品(ファストファッション含む)でも、売れる可能性は高いです。

使用回数が多い場合は、商品の状態によります。有名ブランド品であれば、状態が良いほど高値で売れる可能性が高くなります。たとえば、タグに名前を書いてしまった品でも、ブランド品であれば売れます。ノーブランドの場合も、状態やデザイン次第で売れる可能性があります

商品写真と開始価格で半分以上は決まる

ヤフオクで商品を売る場合、とくに大切なのは、写真・タイトル・商品説明の3つと言われています。

ですが私は、子供服については、入札されるかどうかは商品写真と価格で半分以上は決まってくると思います。

ママたちが子供服を買う時に重要視するのは、デザインと価格です。そこで「買いたい!」と思わせなければ、次に進みません。

よって、商品写真と開始価格がとても重要になってくるのです。

入札される写真の撮り方

写真は最重要、といっても、さほど難しく考える必要はありません。

基本的には、「商品の状態をそのまま写す」だけでOKなんです。ポイントを押さえておけば、誰にでも魅力的な写真が撮れます

でも、これをできていない人が意外と多いんです。だから、なかなか入札されない。

写真のポイントは、以下の5つです。

  • 明るい状態で撮る
  • 自分の影を入れない
  • 背景は1色で
  • 服のシワは伸ばす
  • 枚数を最大限に使う
  • (商品の全体写真は額の8~9割の大きさに収める)

1、明るい状態で撮る

暗い写真はNG。それだけで商品の色がくすんでしまい、魅力がガタ落ちします。

明るい場所で、商品に光がきちんと当たった状態で撮ることです。

いうまでもなく、ピンボケもNGです。

2、自分の影を入れない

出品されている商品を眺めていると、写真のように、撮影者の影が入っている写真を頻繁に見かけます。

これも絶対NG。ほかの商品に比べて、明らかに見劣りします。

撮影者の影を含め、影は絶対に入らないように撮ります。

光のさす方向と撮影者の位置をきちんと調整すれば、影の入らない写真は撮れます。

3、背景は1色で

商品の背景は、どんな色でもかまいません。「白か黒がいい」と言っている方もいますが、それ以外の色でも大丈夫です。ただし、1色がいい。模様もないほうがいい。そのほうが、商品が見えやすくなります。

よくあるのが、洋服を壁に吊り下げて撮る場合に、うしろにほかの物がごちゃごちゃと映り込んでいるパターンです。背景は壁でも床でもいいのですが、商品以外のものは映り込まないようにしましょう。

4、シワは伸ばす

これは、やっていない方が本当に多いです。出品ページを見てみると、みんな服がシワシワ。案の定、ぜんぜん入札されていません。

どんなに美品であっても、シワがあるだけで使い古した印象をもたれてしまいます。

 

中古品の場合は、必ず事前にアイロンを当て、服の置き方も調整して、シワのない写真を撮りましょう。それだけで魅力がグッとアップします。

5、最大限に枚数をつかう

上の4つよりは重要度が下がりますが、ヤフオクの場合、1商品に対して3枚の写真を掲載できます。見ている人への配慮として、写真は最大の3枚載せてあげるようにしましょう。

子供服の場合、私であれば、1枚目を前面から、2枚目を背面から、3枚目はポイントとなる場所(柄や模様)の拡大写真やタグ、汚れ等があればその箇所、とする場合が多いです。

おまけ:商品の全体写真は額の8~9割程度の大きさで

アイキャッチ写真(メインとなる写真)は、商品全体が額の8~9割程度の大きさで写っていると、多くの写真と並んだ時にキレイにみえて目を引きます。

開始価格はできるだけ低く設定

写真と同じくらい重要なのが、価格です。

オークションなので、開始価格を出品者が設定します。この開始価格は、できるだけ低くするほうが注目を集めますし、入札のハードルが低くなります。

ですが、多くの方は開始価格が高すぎて、スルーされている。1000円や2000円開始としている人がザラにいます。ブランド品かつ新品であれば、高値スタートでも入札されるかもしれませんが、それでも買う側としては高すぎる印象をもちます。

私は、ベビー服や子供服を出品する場合は、ほとんど1円スタートにします。たまに新品でかつブランド品の場合は、10円スタートや100円スタートにすることがあります。100円以上の値段でスタートしたことはありません。

ただ、100円にもなれば、もうかなりの競争相手がいます。なので、なかなか自分の商品が目立ちません。そのため、1円~99円の間で開始価格を設定することをお勧めします。

開始価格を低く設定することで注目を集め、それによって入札の件数を増やすことでまた注目を集めることが大切です。

「本当に1円で落札されちゃったらどうするの?」と不安に思われる方もいるでしょう。

しかし、商品の状態がよく、写真もきちんと撮れていれば、必ず価格は上がっていきます。

過去には数十円で落札されたこともありますが、本当に稀です。少なくとも100円以上にはなりますし、頻繁に1000円も越えてきますよ。

商品説明はできるだけ丁寧に

写真と価格の次に重要になってくるのが、商品説明です。この商品説明文をつくるのが、いちばん時間のかかる作業かと思います。

商品説明文が重要なのは、商品の状態を知らせるとともに、出品者についても知らせているからです。

どういうことか。

商品説明は、その文章を通して、出品者がどういう人かを見られているのです。

 

商品説明が丁寧に書かれてあると、見ている人に「出品者はきちんとした人だ」「取引しても大丈夫だ」という安心感を与えます。

反対に、商品説明が少なかったり雑だったりすると、見た人は不安に思います。つまり、「あまり取引しなくない」「買うのはやめておこう」と思われてしまうのです。

 

そのため、商品説明はできるだけ詳しく、丁寧に書きましょう。

面倒に感じるかもしれませんが、一度ひな型を作ってしまえば、あとはコピペで必要なところだけ書き換えて使えばいいので、意外と楽ですよ。

参考までに、私はだいたい以下のような商品説明文を載せています。

  • 前 文 :ご覧いただきありがとうございます、など
  • 商品説明:商品名、ブランド名、サイズ、素材、特徴など
  • 商品状態:新品か中古か、どのくらいの使用頻度か、ダメージの有無など
  • 注意事項:いたずら禁止のお願い、発送にかかる目安など
  • 発送方法や支払い方法:こちらの希望以外にも受け付ける旨など
  • その他 :質問があればお気軽にどうぞ、など

タイトルは簡潔かつ目立つように

タイトルは大切ですが、完結に書きましょう。書くのは、ブランド名・種類・サイズ、でじゅうぶんです。

「新品」や「送料無料」といった売りになるキーワードがあれば載せます。括弧などの記号や、★や☆などのマークも適宜使うと目を引きます。

オークションの終了日時は土日夜に

オークションの終了日時は、土曜か日曜(できれば日曜)の夜に設定するのがおすすめです。

というのも、ヤフオク利用者は社会人が多いため、平日は時間がありません。ゆっくり利用できるのが、土日の夜ということです。

また20時とか21時では、子持ちの方は、片付けや子供の世話に追われている時間帯です。反対に、あまりにも遅い時間帯(深夜)だと寝てしまう人も多い。

時間は22時や23時に設定するのがいいですね。

その他の配慮も忘れない

入札されるかどうかにはあまり関係ありませんが、そのほかの条件も、相手にとって親切な方法を心がけましょう。そのほうが評価も高くつきます。

決済方法

できるだけ多くの選択肢を提示してあげましょう。

ヤフーかんたん決済のほか、できれば、ゆうちょ銀行、メガバンクから1つ以上、ネットバンクから1つ以上とすると、どの地域の、どの年齢層も困りません。

配送方法

ヤフオクでは、送料は落札者負担が一般的です。なので、できるだけ安い配送方法を提示してあげるのが鉄則です。

子供服の場合、私がよくするのは、定形外郵便(最安だが追跡なし)かクリックポスト(定形外よりは高いが追跡ありで最安)を提示して、落札者に選んでもらいます。

また、落札者に希望の発送方法があれば承るようにしています。

「1円でも手に入ればラッキー」との気持ちで

以上のことを気を付けていれば、まず売れます。

もし、これからの利用を考えている方は、まず自分が出品したい商品ジャンルを検索して、いろいろな方のページを見てみましょう。

そうすれば、「あ、この書き方いいな」とか「この写真、キレイだな」など、参考になるものがたくさん見つかるかと思います。そういったものは、どんどん盗んでいきましょう。(逆に、「ああ、こういうのはダメだな(売れないだろうな)」というのもわかってきます)

私も始める際は、いろいろな方の出品の仕方をみて、いいなと思う人のものは真似していきました。そうやって、自分のスタイルを確立しました。

そしていまでは、出品したら、まず売れ残る(入札されない)ことはありません。

 

ヤフオクに出品するのは、あくまで「自分にとっての不用品」です。ですから、あまり高値で売れることを期待しないことも大切です。

以前は、落札金額が624円以下であれば、落札システム手数料が一律54円かかっていました。つまり、54円以下で落札されてしまうとマイナスになってしまうんですね。

でも2017年3月から制度が変わり、落札金額が624円以下でも手数料は落札価格の8.64%に統一されました。そのため出品者が損をすることがなくなりました

ですから、1円でも手に入ればラッキー、くらいの心持ちで臨んだほうがいいかと思います。実際、リサイクルショップに持ち込めば、ほとんど1円以下の価値でしか査定されないのですから。

ヤフオクは、コツをつかめば、本当に簡単です。

不用品を処分も上手にすれば、楽しく生活できますよ。

スポンサーリンク