お得な買い物法

イオンモール専門店でイオンカード支払いをするのは損!ポイント2重どりで、少しでもお得に買い物しよう

全国に展開するスーパーマーケットのイオン。

わが家も、近くに大きなイオンモールがあり、日々のお買い物はほとんどそこで済ませています。食品・衣類・生活雑貨……何でもそろいます。

だからこそ、お得な買い物術を身に着けたいですよね。

イオンモールは直営店と専門店がある

いう必要もないことですが、イオンモールは、イオン直営店とイオンモール専門店から成っています。

イオン直営店はスーパーマーケットや、イオン系ブランドの服飾・生活雑貨が売られているところですね。

一方、イオンモール専門店とは、イオンモール内に店舗を設置しているイオン以外ののブランド店のことです。

当然、直営店と専門店では、キャンペーン等の扱われ方が異なってきます

イオンモール専門店でイオンカードを使うと損!

イオンモール専門店のレジでは、「イオンカードが使えてポイントが貯まります」といった宣伝文句が掲げてあります。

夫
イオンモール内の店だし、イオンカードを使うのがいちばんお得なんじゃないの?
わたし
わたし
いやいや!そうとも限らないよ!

じつは、イオンモール専門店でイオンカードを使うのは、あまりお得ではありません

イオンカードは200円につき1ポイントが付与される仕組みです。ポイント還元率は0.5%。

ところが、他のクレジットカードでそれ以上のものはたくさんある。有名どころでいえば、楽天カードやヤフージャパンカードは還元率は1%です。

なので、そういったクレジットカードを使ったほうが、確実にお得です。

ポイント2重取りも可能

さらにイオンモール専門店では、イオンカードもしくはWAON POINTカード(ピンク色のカード)提示でポイントがつく店がたくさんあります。

そこでは、イオンカードもしくはWAON POINTカードを提示したうえで、他のクレジットカードで支払えば、イオンのポイントと、クレジットカードのポイントの2重取りができます

私の場合でいえば、専門店を利用する際は、WAON POINTカードを提示して、クイックペイで支払います。私のもっているクイックペイは還元率1%です。

還元率の高いクレジットカードや電子マネーを組み合わせることで、専門店での買い物も、よりお得になりますよ。

※ただし、たまにイオンモールでは「専門店でイオンカードで支払うとポイント○倍」といったキャンペーンが開催されます。その際はイオンカード払いのほうがお得になることもあります。

イオン直営店はイオンカードで

イオン直営店、とくにスーパーマーケットでは、イオンカード保有者は毎日ポイント2倍ですなので、イオンカードで支払っても問題ありません。

それどころか、「毎月20日、30日は5%オフ」の特典や、カード保有者に送られてくる「サンキューパスポート(割引券)」を利用するために、イオンカードを利用したほうがいい

さらには、5日、15日、25日の「お客さまわくわくデー」は、電子マネーWAONの支払いでポイント2倍になります。

ここで、私の持っているイオンカードはイオンカードセレクト(クレジットカード、電子マネーWAON、イオン銀行キャッシュカードが1枚になっているカード)です。

このカードのメリットの1つが、電子マネーWAONにクレジットカードからオートチャージでき、その際にポイントがつくことです。(WAONチャージでポイントがつくのはイオンカードセレクトだけ)。

通常、電子マネーWAONの利用では還元率0.5%ですが、イオンカードセレクトで電子マネーWAONを使うと、(WAONへのチャージで0.5%+WAON利用で0.5%)1%還元となるんです。

なので、お客さまわくわくデーの「WAON支払いでポイント2倍」となれば、還元率は1%以上ですね。

イオンクレジットカード

オトクな方法を発掘してイオンを極めよう

さらにイオンを活用するには、株主優待を利用することです。

イオンの株主優待は、取得株数に応じてお買い物金額からキャッシュバック株主としての権利を取得すれば優待カードが送られてきて、レジで提示するかたちです。

この株主優待は、「20日、30日の5%オフ」や「サンキューパスポート」とも併用できるので、かなりお得です。

私も長年、優待を利用していて、買い物金額から3%キャッシュバックを受け続けています。たまに頑張って株数を増やし、5%キャッシュバックの権利も得ます。

半年間の買い物すべてが3%以上オフ!イオンの株主優待は家計節約の大きな味方です毎日のお買い物が常に3%以上オフに。 それを可能にするのが、イオンの株主優待です。 イオンユーザーならば、決して見逃せない話...

イオンのお得な利用法について、私もすべてを把握しているわけではありません。

もっともっとお得な方法があるかもしれませんね。

少しでも日々のお買い物をお得にするために、これからも調べていきたいと思います!