イオン

半年間の買い物すべてが3%以上オフ!イオンの株主優待は家計節約の大きな味方です

毎日のお買い物が常に3%以上オフに。

それを可能にするのが、イオンの株主優待です。

イオンユーザーならば、決して見逃せない話ですよ。

半年間ずっと買い物が3%オフ

まず、イオンの株主優待の内容です。それは、買い物金額からキャッシュバック。

しかも、1度のみ適用とか、そんな話ではありません。1回の権利取得につき、半年間の買い物がすべてキャッシュバックの対象となるんです。

最低でも3%で、取得する株の数によってキャッシュバック率もアップしていきます。

実際のキャッシュバック率は以下の通り。(株は100株単位での購入です)

  • 100株以上   3%
  • 500株以上   4%
  • 1000株以上  5%
  • 3000株以上  7%

私は普段、食材の買い物は全てイオンのスーパーです。日用品や育児用品もたいはんはイオンで買います。

これらの買い物すべてがキャッシュバック対象です。

長いこと3%オフの権利を取得しているのですが、半年で5000~10000円のキャッシュバックをもらっていますね。

たまに頑張って5%オフの権利をとりますが、そうなると、さらにキャッシュバックの金額が上がります。

半年ごとに来る優待キャッシュバックと、わが家が実践するイオンでの節約術まとめイオンの株主優待は、買い物金額からのキャッシュバックです。 このたび、半年に1度くる返金証が届きました。...

イオンで頻繁に買い物したり、高額の買い物をする人ほどお得ですよ。

イオンの株を持つメリット

株主優待以外にも、イオンの株主になることでメリットがあります。

1、配当金をもらえる

イオンの場合、 100株保有で現在、半年に1500円程度、1年で3000円程度の配当金がもらえます。

2、割引が受けられる店がある

イオンペットや一部の専門店で5%~10%オフの割引が受けられます。

またイオンシネマが優待料金(大人1000円、中学生以下800円)で利用できます。

3、イオンラウンジが利用できる

イオンには、無料でドリンクやお菓子がもらえる休憩所「イオンラウンジ」が設置されている店舗があります。大きなイオンモールにはだいたいありますね。

イオンラウンジは特定の条件を満たす人しか利用できません。イオンの株主になれば利用することができますよ。

私がキャッシュバックとともに頻繁に恩恵を受けている特典がコレですね。

イオンでドリンクもお菓子もタダ!「イオンラウンジ」を活用してカフェ代を節約しようイオンのなかで、ありがたいサービスの一つが「イオンラウンジ」。 私もしょっちゅう利用しています。 今回、「イオンラウンジ」に...

4、長期保有で優待アップ

イオンの株を3年以上持てば、自社ギフトカードが追加でもらえます。

ただし1000株以上保有とハードルが高いので、なかなかもらうことは難しいのですが……。

イオンの優待を受ける方法

イオンの優待を受けるには、イオンの株を購入し、株を持ったままイオンの「権利確定日」を越す必要があります。

イオンの権利確定日は2月末と8月末年に2回、優待を獲得するチャンスがあるということですね。

少し丁寧に説明すると、株を購入するためには証券口座が必要です。いまは手数料の安いインターネット証券が主流で、ネットで簡単に申し込みができます。

口座を開設し、入金すれば、イオン株を購入できます。

株をもったまま「権利確定日」を越せば、晴れて株主になれます!

キャッシュバックを受ける方法

優待の権利を取得すれば、自宅にイオンから「オーナーズカード」が送られてきます。

これを、買い物した際に最初にレジで提示します。すると店員さんが、オーナーズカードをレジにスキャンしてくれます。そうすることで、そのときの買い物金額がキャッシュバック対象となります。

条件は、①会計前にオーナーズカードを提示すること、②支払いを現金、WAON、イオンのクレジットカード、イオン商品券、イオンギフトカードのいずれかですること、です。

実際のキャッシュバックに関する期間ですが、たとえば2月末に権利取得すれば、3月1日~8月末までがキャッシュバック対象期間。そして、10月中旬に返金額と返金引換証が送付。その引換証をサービスカウンターへもっていくと、返金してもらえます。

8月末に権利取得すれば、9月1日~2月末までがキャッシュバック対象期間。そして4月中旬に返金額と引換証が送付です。

当然リスクもあります

株のリスクと言えば、株価の下落です。

企業の業績や社会情勢によって、自分が買った株価よりも下がる可能性はもちろんあります。

ただし(私がそうですが)長期間にわたってイオンを利用していれば、キャッシュバックや配当金を受け続けて、そのうち元が取れてしまいます。

なので、多少のマイナス(含み損)も許容できます。しかも、株を持ち続けている限りは、実際の損失に計上されません。

家の近くにイオンがある限り、私は優待は利用していきます!