キャッシュレス決済

クレカ初心者におススメ!年会費無料の高還元クレジットカード3選

クレジットカードを利用するのであれば、少しでもお得なカードを選びたいですよね。

クレジットカードの「お得」とは、やっぱり還元率が高いということ。

わたし
わたし
クレカ初心者の人にもおすすめできる、還元率の高いクレジットカードを紹介します!

カードは「年会費無料」を選ぼう

クレジットカードを選ぶ際は、特定のこだわりがない限り、「年会費無料」を選ぶことをおすすめします。

というのは、クレジットカードにも栄枯盛衰があるからです。よりお得な条件のクレジットカードが登場すれば、もちろん乗り換えることになるでしょう。

また、自身のライフスタイル(住む場所、使う店)によって、どのカードがお得になるかは違います。年齢が上がったり、引っ越しをしたりすると、お得になるカードが変わる可能性があるんですね。

つまり、同じクレジットカードを何年も使い続けるかどうかはわからない

そのため、年会費がかかるクレジットカードを利用していると、使わなくなっても解約し忘れていて年会費を払い続けていた、なんていう事態に。

また「年1回でも使えば無料」「初年度無料」など、条件付きで年会費無料となるクレジットカードも多く、これもうっかり年会費がムダにかかってしまう可能性大。

そのため、「年会費永年無料」のものを選ぶのが無難です。

年会費無料で高還元率なカード3選

楽天カード使い勝手がいい高還元率カード

多くの人が知っていて、利用者も多い「楽天カード」。年会費は永年無料です。

カード審査のハードルも高くなく、学生や主婦でも持ちやすいクレジットカードです。

特に、楽天市場や楽天トラベルなど、楽天系のサービスを利用しているのであれば、楽天カードは必携。一緒に利用することでポイント還元率がアップするなど、よりお得になります

楽天カードを利用すると、還元されるのは「楽天スーパーポイント」です。通常は1%の還元率ですが、楽天市場で利用した場合は還元率が3%にアップ。

貯まった楽天スーパーポイントは、街中の提携店での支払いで使うことが可能です。またスマホ決済サービス「楽天ペイ」でも利用できます。

さらに、楽天でんきや楽天モバイルを契約していれば、その固定費の支払いにも当てることができるし、楽天証券での投信買い付けにも当てることができます。

楽天ポイントの有効期限は1年間ですが、その間に1度でも使えば永遠に延長できます。

このように、ポイントの利便性が抜群にいいのが楽天カードを利用する最大のメリットでしょう。私も現在メインカードとして利用しています。

リクルートカード1.2%という高還元率

リクルートカードは年会費無料で、還元率は1.2%です。高還元カードの還元率はだいたい1%なので、頭ひとつ抜け出ています。

また多くのカードでは、1つひとつの支払いに対してポイントが付与されるのに対して、リクルートカードは月の合計利用額に対してリクルートポイントが付与されます

端数のとりこぼしがなく、無駄なくポイントがもらえるんですね。地味にお得です。

リクルートポイントの難点を言えば、その使い勝手です。ホットペッパービューティーやじゃらんなど、リクルートのサービスでしか使うことができません。

Pontaポイントと提携しているので、Pontaポイントに交換して使うことができますが……。

また楽天カードのように、提携店で多くのポイントがもらえるといったサービスもありません。

ということで、リクルートカードの高還元率は魅力ではありますが、今現在の私のライフスタイルではリクルートポイントやPontaポイントを使うことがないので、持つに至ってはいません。

PontaポイントをLINEポイントに交換してみた。使える範囲がかなり広がった!ポイントを貯めている方は多いでしょう。 でも、使う機会が少なかったり、期限を忘れていたりしてポイントを失効させている人も多いのでは...

【P-one Wiz】設定を守れば優秀な高還元率カード

聞いたことがない人も多いかと思いますが、「P-one Wiz」は、数あるP-oneカード(ポケットカード)のなかの1つです。

P-oneカードの特徴は、「請求額から1%値引」。請求時に自動的に1%オフとなるので、他のカードのようにポイントの有効期限や使い道を気にする必要がありません。

これに加えて、「P-one Wiz」の場合、1000円につき1ポケットポイントが貯まります。

ポケットポイントの交換先はいろいろありますが、もっとも交換率がいいのはTポイント。1ポイント=5・Tポイントとなります。

つまり、ポイント還元率は0.5%。

1%の自動値引と合わせると、約1.5%の還元率になります。

これだけ見ると、3つの中ではもっとも還元率のいいカードになりますね。私も持っていて活用しています。

ただ「P-one Wiz」は注意点があり、リクルートカードと同じくポイントが大幅にアップする提携店などがないことが1つ。

もう1つ、より重要なのは、つねに一括支払いで利用することです。

ポケットカードは、基本的にリボ払い専用のカードです。そのためP-one Wizも、初期設定では支払い方法がリボ払いになっています。

ですが、P-one Wizは、初回支払い時にリボ払い手数料がかかりません。そのため、設定を「ずっと全額コース」にし、つねに一括支払いをすることで、手数料無料で還元率1.5%を享受することができるんですね。

どれか1つのカードを選ぶなら……

どれか1つを選べと言われたら、私なら楽天カードを選びます。

理由は、ポイントの使い勝手がいいことと、基本の還元率は1%なのですが、還元率をさらにアップできる場合がたくさんあるからです。

まず、先に挙げたように楽天市場ではポイント還元率が3%にアップします。さらに楽天市場では、0と5のつく日はエントリーで還元率が5%になります。

また楽天カードではさまざまなキャンペーンが常時行なわれています。グループ限定やメルマガ購読、エントリー必須など条件があるものの、ポイント倍率アップはかなり魅力的です。

楽天カードはカード発行のハードルが低いこともあり、よくセキュリティ面の不安も言われますが、以前私が不正にあった際は、楽天側がしっかり対応してくれました。

楽天カードが70万円も不正利用された!支払いはどうなる?被害にあわないための対処法は?初めてクレジットカードが不正利用されるという経験をしました。 「自分は無関係」「私は詐欺に合わない」と思っていましたが、何が起こるか分...

また楽天には「楽天ゴールドカード」があります。年会費2,000円(税抜)がかかりますが、楽天市場でのポイント還元率が常時5倍(ほかの楽天サービスを利用していない場合)になります。

楽天市場をガッツリ使うという人は、検討の価値があるかと思いますよ。

最後に、もしイオンのヘビーユーザーであるならば、イオンカードセレクトも選択肢にぜひ入れるべきですね。

イオンカードセレクトはイオン利用者に一番お得なクレカ。カードと電子マネーを自在に使おう!私は長らくイオンのヘビーユーザーです。 イオンユーザーなら必ず持っておくべきクレジットカードがイオンカードセレクト! これ1...