こぼれ話

2019年から誰でも簡単にネットで確定申告できる!税務署でIDとパスワードを発行してきました

2019年から、確定申告がより便利に。

スマホやパソコンから確定申告が簡単にできるようになります。

確定申告の手続きが面倒なワケ

これまでの確定申告は、大きく分けて下の3つのパターンです。

  1. 確定申告書を作成し、税務署へ直接提出
  2. 確定申告書を作成し、郵送で提出
  3. e-Taxで電子申請

e-Taxの電子申請(インターネットで確定申告書の作成から送付まで)ができれば、とても便利ですね。ですが、これまでe-Taxを利用するには、マイナンバーカードとIDカードリーダライタが必要でした。

マイナンバーカードを作るには、役所に手続きしに行かないといけません。顔写真が必要なので、あらかじめ撮っておく必要もあります。

IDカードリーダライタは、自分でが購入しなければいけません。

手間もかかるしお金もかかる。これでは、なかなかe-Taxを利用しようという気が起きません。

私自身も毎年、家で確定申告書を作成して、直接提出しに行っていました。

IDとパスワードがあればe-Taxが可能に!

このようにハードルが高かったe-Taxですが、2019年から利用方法が変わります。

以下の2つの方式で、確定申告が可能となります。

  1. マイナンバーカード方式
  2. ID・パスワード方式

マイナンバーカード方式は従来どおり、マイナンバーカードとICカードリーダライタを使って申告する方法です。

新たに導入されるのは、ID・パスワード方式。IDとパスワードがあれば、スマホやパソコンから誰でもe-Taxが利用できるようになります。

重要なお知らせ <確定申告書等作成コーナーが変わります>(国税庁HP)

ID・パスワード方式の利点

ID・パスワード方式によってe-Taxが利用できれば、確定申告が格段にやりやすくなります。

ICカードリーダライタが不要

ID・パスワード方式で確定申告をする場合は、ICカードリーダライタやマイナンバーカードは必要ありません。(マイナンバーの入力は必要)

ICカードリーダライターを買わなくてもいいので、お金がかかりません。これは大きいですね。

添付書類が提出不要

e-Taxで申告書を送信することになるので、直接提出するときの必要書類(源泉徴収票など)は、提出しなくてもよくなります。

ただし、手元に保管はしておく必要があります。

申告書の印刷不要

オンラインで送るので、申告書を印刷する必要がありません。

控えはPDFなどでパソコンやスマホに保存すればOK。

スマホやタブレットでも申告可能

ID・パスワード方式では、スマートフォンやタブレットでの申告も可能になります。

ただし、スマートフォンでできるのは、給与所得者(年末調整済み)で、医療費控除または寄附金控除で還付申告する場合のみ。

まだまだ制限はありますが、利用しやすくなるのは間違いないです。

税務署に行って手続きしてきた

ID・パスワード方式で利用できるIDとパスワードは、税務署で発行されます。

発行に必要なものは、運転免許証などの本人確認書類だけ。

さっそく税務署へ行ってきました。

わたし
わたし
確定申告のためのIDとパスワードを発行したいのですけど……。
受付
受付
担当者と手続きさせていただきますので、しばらくお待ちくださいね。

しばらくすると職員の方が来て、パソコンの前に案内されました。

そして、職員の方の立会いのもと、自分でパソコンに必要項目を入力していきます。

入力項目は、

  • 氏名
  • 生年月日
  • 郵便番号、住所
  • 電話番号
  • 職業
  • パスワード(自分で設定)

入力し終えると、職員の方が本人確認書類とともに入力内容を確認。問題がなければ完了です。

税務署が発行したID(利用者識別番号)と、自分が設定したパスワード(暗証番号)が記載された書類をもらって、手続きは終了です。

5分ほどで終わりました。カンタン!

ID・パスワード方式によって、確定申告がやりやすくなりますね。

ただ、この方式はマイナンバーカードが普及するまでの暫定措置だそう。

これでできるのならば、このままで良いのでは?と思いますけどね……。