仕事のこと

会計ソフトは「freee」を使っています。とにかく会計作業を簡単に済ませたい人に最適

会社員とフリーランス(個人事業主)のいちばんの違いは何かといったら、「お金の管理」ではないでしょうか。

フリーランスは、日々の収支を自分で細かく記録していかなければいけません。

わたし
わたし
思った以上に面倒……!

下手をするとお金の計算・記録ばかりに時間をとられてしまって、仕事どころではなくなってしまいます。

一番お手軽な会計ソフトは「freee」

フリーランス(個人事業主)になると、収支管理に会計ソフトを導入しますよね。

いまの主流はクラウド。評価が高く、多くの人がおすすめしているのは、おおよそ次の3つです。

  • MF(マネーフォワード)
  • 弥生オンライン
  • freee(フリー)

どの会計ソフトを使えばいいのか、迷いますよね。

ここで、会計や簿記について学んだことがないなら「freee」一択です。

①簿記の知識がなくても使える

MFも弥生オンラインも、そしてfreeeも、「簡単に会計処理ができる」と謳っていて、初心者にやさしいと言われています。

ですが、マネーフォワードと弥生オンラインは、ある程度の会計用語が出てきます。

そのため、過去に簿記や会計に触れてこなかった方には、やや難しい

自分で調べながら進めていく必要があります。

一方、freeeは、私たちの通常使う言葉で会計処理ができるよう構成されています

該当するものを選べば、自動的に会計の仕様に変換されて記録されるので、本当の初心者でも大丈夫な仕様になっているんです。

わたし
わたし
私のように、本業は会計業務とは無関係で、会計作業にできるだけ時間をかけたくないという方は、freeeがおすすめですよ。

②スマホのアプリが使いやすい

freeeにはスマホのアプリがあります。

IDとパスワードさえ入力すれば、パソコンからでもスマホからでも自分のページにアクセスできます。

ちょっとした経費の入力は、スマホが本当に便利!

わたし
わたし
私がfreeeにした決め手は、このスマホアプリだと言っても過言はないくらい使いやすいです。

下のように、お小遣い帳をつけるように選択と入力をすればいいだけ!

経費の種類である「勘定科目」も、選びやすいです。

freeeで会計作業を極限にまで短縮!

会計ソフトは日々進化していて、freeeもマネーフォワードも弥生オンラインも、できることに大差はなくなってきています。

となると、やっぱり問題は「どれだけ迷わずに使えるか」「どれだけ時間をかけずにすませられるか」でしょう。

わたし
わたし
自分が会計知識に乏しいと思うなら、freeeを選ぶといいですよ。

慣れない人が真正面から会計作業にとりかかると、1日があっという間に過ぎてしまいます。

会計作業は極限にまで減らして、本業に打ち込む時間をできるだけ確保しましょう。