共働き

上司に「会社を辞めます」と表明しました。退職理由は〇〇であっさり了承

会社を辞める旨を、上司に伝えました。

正社員だけど、会社を辞める

私が務めているのは、いわゆる中小企業。わりと名の通った会社です。

新卒採用の総合職正社員として入社して十数年。ある分野を一筋にやってきたので、ある意味ベテランといい部類です。

会社自体も、世間の波に乗ってどんどんホワイト化してきました。子ども3人の産休・育休も取らせてくれました。

いったん子持ち女性が正社員の地位を手放したら、再び正社員の座を手に入れることが難しいのもわかっています。

それでも、会社を辞めることを決意しました。

それは、

3人のワンオペ育児をしながら働くのは無理だから

これに尽きます。

短時間勤務の理想と現実。毎日の暮らしが全然ラクにならなかった……!共働きが当たり前となっている今の時代、短時間勤務制度を導入している会社は多いかと思います。 子どもを持つと、時短で働くママも多いは...
育休明け3ヶ月で退職を決意。仕事と育児と家事のバランスをリセットするために育休から復帰して3ヶ月目に、退職を決意しました。 [ad#co-1] 職場復帰した後に待ち受けていた状況 家事育児と仕事の両立...

数ある中から選んだ、たった1つの「辞める理由」

私が会社を辞める理由をランキングにすれば、だいたい次のようになります。

  1. 家事育児(子供3人ワンオペ)と仕事の両立がキツイ
  2. 時短勤務の報われなさ(仕事が多いわりに給料激減)への絶望感
  3. 時短勤務だとマミートラックに乗り、将来性がない
  4. かといって将来的にフルタイム勤務に戻れる見込みがない
  5. もっと自分の時間と子どもとの時間がほしい
  6. 上司と馬が合わない
  7. 引っ越しをする(通勤時間が増える)

このなかで、上司に報告する理由に選んだのは……

最後の です。

もともと、家と夫の職場が遠すぎるので引っ越しを予定していました。

私に「どうしても仕事を続けたい」という気持ちがあれば通える範囲で家を探したのですが、もう辞めることも想定していたので、通勤が難しい範囲も視野にいれて探しました。

その結果、やや遠めの地域に引っ越すことが決定。

そのため、報告もスムーズにいきました。

わたし
わたし
ご報告があるんですが、お時間いいですか?
上司
上司
ああ、いいよ。

(別室へ)

わたし
わたし
このたび夫の仕事の都合で引っ越すことになりまして。つきましては会社を辞めようと思います。
上司
上司
!? 場所はどこ!?
わたし
わたし
〇〇です
上司
上司
あー……それは通うの難しいね……。仕方ないな。わかった。

ということで、あっさり了承。

円満退社のために、上司に言ったこと

不思議なことに、日本の会社には「会社を辞めるのは裏切りだ」みたいな感情が抱かれやすい風潮があります。

とくに転職する場合はそう。

私の場合は転職ではなく、会社には恨みもないし、同僚もいい人が多く、お世話になった方も多いので、できれば円満退社したい。

そのため、辞めると決めてから、これまで会社を辞めた人で悪い印象を残した人について、ちょっとリサーチしました。

いろいろ聞いてみると、印象が悪い理由はだいたい同じですね。

  1. 仕事の引継ぎをきちんとしていない
  2. 荷物を片付けていかない(残った人が片づける)
  3. 会社を辞める理由が、会社への不満である

①②は、まぁそう当然ですね。会社に迷惑がかかるわけですから。

③もわりとあって、なかでも多いのが「会社の自分に対する評価が低い」というもの。自分の中で思うのは勝手ですが、会社にそれを言っちゃうとものすごく印象が悪いですね。

(だから私も「引っ越し」だけを理由にしたわけですが)

諸々ひっくるめて考えたうえで、上司には次のように言っておきました。

わたし
わたし
あとに来る人が決まって、きちんと引継ぎしたなら、辞める時期は会社に任せます。(ただし半年以内で)

退職表明して、気分がスッキリ!

まだ会社を辞める正確な時期ははっきり決まってませんが、「辞める」旨を伝えたことで、気分がかなりスッキリしました。

辞めようと思ってからも、気持ちがグラつくこともありましたが、いまは何の未練も後悔もありません。

いつ辞めてもいい!

ということで、しばらくは一所懸命に仕事をしながら、辞めた後のことを徐々に考えていこうと思います。