子育てのあれこれ

【経験談】子どもの言葉の発達が遅い……。わが家の対処法と、その後の経過

子どもの発語が遅いと、親としては心配ですよね……。

わが家は、いちばん上の子の言葉が遅く、3歳児健診からずっと自治体の経過観察を受けてきました。

3歳になっても言葉を話せない

言葉の発達は子どもによってかなり差がありますが、2歳前後からだんだん言葉を話し始めるかと思います。

3歳くらいなると、かなり流暢に話す子もいますね。

ですが、わが家のいちばん上の子は、3歳になってもほとんど話すことができませんでした。

返事は、ほとんど首の振りで回答。会話はおろか、単語もほとんど発せず。

笑うときはゲラゲラ笑うし、「あー」とか「ヘヘッ」などの声は出ます。

「少し遅いなぁ」くらいには思っていましたが、こちらの言っていることは理解できている風なので、さほど深刻に考えてはいませんでした。

まだ保育園に行っていなかったので、同年齢の子がどのくらい話すのか、私もあまり知らなかったということもあります。

3歳児健診で引っかかる

多くの自治体がそうでしょうが、私の住んでいる自治体では3歳児健診の際、身体の発達だけではなく、言葉(情緒)の発達状況も調べます。

そこで、うちの子がおおよそ3歳児の語彙力や理解力に全然達しておらず、引っかかりました

別室であらためて、臨床心理士さんと詳しく発達調査をしました。言われたことをその通りにできるか、聞かれたことに正確に答えられるかなどを、おもちゃやカードを使ってテストします。

ですが、やっぱり言葉は出ない。また、言われたことについても正確には理解できていない。

そのため、以後半年ごとに経過観察を受けることになったのです。

私が救われた臨床心理士さんの言葉

私は子どもの言葉が遅いことについて、さほど悲観的には考えていませんでした。感情表現は豊かだったし、とくに生活をする上で困ることはなかったので。

ですが、経過観察を続けていく中で、やっぱり心配に思った時期もありました。

そんなとき、臨床心理士さんにかけられた言葉にとても勇気づけられました。

臨床心理士
臨床心理士
言葉が遅い子は、他の子に比べて劣っているとか、できが悪いとか、そういうことではないんです。

いまのところ、この子が言葉を必要としていないというだけなんですよ。

たとえば、1人遊びがとても上手だったり、相手が望むことを事前に察してできてしまう子は、言葉を必要としないんです。

ある意味、賢い子なんですよ

臨床心理士
臨床心理士
言葉が遅い子は、話せないのをほかの力で補っていることが多いんです。

お子さんの場合は、観察力。目で見て何かをする力がすごくあります。

なので、生活に支障がなければ、焦る必要はありませんよ

不思議と説得力があって、こちらの不安をかき消してくれる言葉でした。

子どもの言葉の成長に効果的だったこと

言葉の成長は子どもによってかなり差があるので、「遅くても焦る必要はない」というのはその通りだと思います。

ただ、加えて臨床心理士さんから言われたことがあります。

臨床心理士
臨床心理士
できれば小学校に入る前までに、ある程度は追いついておきたいですね。

先生の話を理解できないと、どんどん置いていかれて、お子さんが大変な思いをするかもしれませんから……

たしかにそう。

なので、やっぱり子どもの言葉を伸ばすために、何かしてあげたいと思いました。

そこで、わが家は2つのことを習慣として実践しました(たぶん効果がありました)。

1つの絵本を繰り返し読む

毎晩、寝る前に絵本を読みました。

読む絵本は、子どもが希望するものをチョイス。

うちの子は、同じ本を繰り返し読むことを求めてきたので、同じ本を毎晩のように何回も読んであげました。

すると、次第に私の真似をするように言葉を発し始めました。

(何回もその本を読んでいるので内容を暗記したようで)次にその物語を諳んじ始めました。

そして、だんだん自分で読む(私に読んでくれる)ようになりました。

しまいには、だんだん絵本に出てくる言葉を自分で使えるようになっていきました

このとき、わが家で活躍した絵本は、五味太郎さんの『かずの絵本』です。

言葉もわかりやすく、文章も短いので、子どもが理解しやすい。あわせて、数字や、ものの数え方、ものを数えるときの単位も、読んでいるうちにわかってきます。

クイズを出してあげる

これも寝る前ですが、親がクイズを出して子どもに答えてもらうという遊びをずーっとやりました。

クイズは、子どもの興味のあること。うちの子はドラえもんが好きなので、ドラえもんのクイズとか。

最初は簡単、かつ単語で答えられるように出してあげました。「空を飛べるドラえもんの道具は?」「のび太くんの苗字は?」など。

次第に、ちょっとずつ難しくしていきました。

クイズのテーマが子どもの好きなことなので、毎晩「クイズー!」とせがんできます。間違えたり、うまう答えられなくても、楽しい。

最近では、文章で答るような問題を出したりしています。「ドラえもんはどうして青くなったの?」など。

何回も何回も出していると、次第にきちんと答えられるようになってきますね。

(保育園に通う)

家での習慣以外のことになりますが、やっぱり保育園に通い出したことも大きい。

同い年くらいの子どもと接すると、いろんな面で成長しますね。

言葉について言えば、大人と会話をするよりも、子ども同士で話したほうが分かりやすい部分もあったのは確かです。使う言葉も限定的だし、話すスピードもゆっくりだし。

保育園に通い始めたときは当然、まったく言葉で会話はできず、雰囲気でコミュニケーションをしている感じでした。

でも、徐々に言葉でやり取りができるようになっていきました。

3年後、経過観察を終了

3歳児健診からだいたい半年ごとに、役所で臨床心理士さんによる経過観察を続けてきました。

何回も「うーん、まだちょっとキビシイかなー。また半年後にやりましょうか」と言われてきました。

その間、上記の対策を中心に対応し続けてきました。

そして、小学校入学直前に経過観察を終えることができました。

最近驚くのは、今になって、言葉が話せなかった3歳くらいの頃の思い出を話すことです。「あの時はこんなことがあった」「お母さんはこうだった」「あの時に行ったあそこに行きたい」とか。

話せなくても記憶にはしっかり残っていたんだ!とびっくりしますね。

子どもの成長というのは、いつどこでどんな具合に進んでいくのか本当にわからない。

これからも何かあれば、周りと比べず、子どもと向き合って解決していきたいです。

『頭のいい子にする最高の育て方』レビュー。6歳までの子育ての悩み・不安を解消できる本自分の子育てに思うところがあって、このような本を買いました。 この本を買ったきっかけ 「保育園を行き帰りするだけの毎日でいい...