貯金

子供を生むと出費が増える?育休中でもお金を貯めるための4つのポイント

子供が生まれたら、出費が大幅に増えると思っていませんか?

実際に多くの家庭では、出産によって出費が増えたと思います。

でも、とくに共働き家庭の場合、過ごし方によっては育休中はお金を貯めるチャンスにもなるんです!

スポンサーリンク

収入面の心配はほとんどありません

いまは子供をもつ家庭の多くが共働きです。

共働きの場合、子供が小さいうちにかかる費用で大きいのは、保育料です。

乳児のあいだは認可保育園で1カ月に数万円無認可保育園であれば10万円以上かかる場合もあります。病児保育やベビーシッターを利用すれば、さらにお金がかかってきます。

しかし育児期間中は、その費用はまだかかりません。

そのうえで子供が生まれた後、だいたいの家庭では女性(妻)が育休をとり、男性(夫)は以前と変わらない働き方を続けるパターンが多いかと思います。

そして育休期間中は、「育児休業給付金(育休手当)」がでます。最初の180日は給料の67%、その後は50%が支払われます。

つまり、最初の6カ月間は「夫の給料+妻の給料の67%」、以降は「男性の給料+女性の給料の50%」が確保できるわけです。

以前から制度が改善されて、育児休暇による収入減はずいぶんと緩和されましたね。これは助かります。

「それでも収入減になることには変わらないじゃないか」と思われるかもしれません。

ただ出産後は、親戚や知り合いからお祝い金を頂く機会も多いです。私の場合は会社からもお祝い金がでました。

また、自治体からは児童手当も支給されるようになります。

ですので、収入面を考えると、たしかに減りはしますが、激減するというわけではありません。

ちなみに、出産前や出産時に関しても、やり方次第で出費を抑えることが可能です。妊婦健診費用は自治体から補助がある場合がほとんどです(自治体により負担額に差がありますが)。分娩・入院費用も、自治体や健康保険組合から42万円が支給されます。産院にこだわりがなければ、この費用範囲内に収めることも不可能ではありません。

また出産する年は、家庭の医療費が10万円を超える可能性が高くなります。そうなると、確定申告で医療費控除も適用され、税金が還付されることになります。

育休中にお金が貯まる4つのポイント

収入がさほど問題にならないとなれば、あとの問題は支出です。

ここを上手くやりくりし、支出を抑えて出費を減らすのがコツです。

1、ベビー用品を買いすぎない

赤ちゃんが生まれたらベビー用品がたくさん必要、というイメージがあります。

実際に、出産・育児関連の雑誌を見ていると、多くのベビー用品が「必需品」として取り上げられています。

とくに初めて出産する際は、気分も高揚しているため、これらの情報を鵜呑みにしていろいろと買い揃えてしまう人が多いでしょう。

でも正直、実際に本当に必要なものは、ほんの僅かです。

たとえば、ベビーベッドやベビーカーは本当に必要ですか……?

私の場合、ベビーベッドはきょうだいから譲り受けましたが、まったく必要ありませんでした。逆に、置き場にも処分にも困るくらい。

ベビーカーも、1人目のときはほぼ使いませんでした。2人目が生まれて1年ほどして、ようやく必要かなと思い始めたくらいです。

いまはインターネットで経験談を書いている方も多くいらっしゃるので、ぜひ前もって調べておくことをおススメします。雑誌はモノが欲しくなるように書いてあるし、広告も多いので、参考にしてはいけません。

また生まれる前に買い揃えるのではなく、生まれた後に必要なものを買い足していくことをオススメします。そのほうが出費は少なくなりますね。

2、レジャーの回数が減る

独身時代や夫婦2人だけの時は、よく外出していませんでしたか?

とくに夏休みなどの長期の休みになると、旅行に出かけたり、大型レジャー施設に遠出していた人が多いのではないでしょうか。

子供が乳児のあいだは、泊まりがけの旅行や長距離移動が必要な外出には行きづらくなります。せいぜい実家に帰省するくらい。

また、日帰り等で出かけたとしても、乳児連れでは行ける場所が限られてきます。

入場料がかかるような場所(映画館、博物館、美術館など)に行く機会は、ほとんどありません。

逆に、子供が小さいあいだにわが家が行く機会が増えたのは、公園です。走り回れて、騒いでも迷惑にならず、しかも料金は無料または低額です。

スポンサーリンク

3、外食をしなくなる

スポンサーリンク

個人差があるかもしれませんが、私は独身時代や子供がいないときは、たびたびの残業で昼夜ともに外食をすることが多くありました。

また、仕事上でもプライベート上でも飲みに行く機会が多くありました。

でも子供が生まれた後は、それらはめっきりなくなります。

たんにお誘いがなくなるのに加え、子供が乳児のときの外食は周囲に迷惑がかかるから控えるのと、たんに子連れ外食は自分が疲れるためあえてしなくなる、からです。

ですから、飲み会代含めて外食費はほとんどかからなくなりました。

また、子供が乳児のうちは、母親は家でも満足に食事ができないほど忙しいものです。私も、出産後3カ月くらいは、きちんとした食事をとった記憶がありません。

結果、食費も減っていきます。

4、服飾費、美容代をかけない

働いているときは、スーツを含めた洋服代もかかるし、靴やかばんなどの小物代もけっこうかかります。

ですが育児休暇に入ると、そのあたりに気を遣う必要がなくなります。

小さいお子さんがいても、とてもキレイに着飾っているお母さんもいますが、私の場合は実務優先。動きやすい、母乳を与えやすい、汚れてもOKな服を、洗い替えをいれて2着用意すれば、事足ります。というか、忙しくて洋服なんて気にしている暇なんてありません。

ということで、ファッション費は全然かかりません。

また、これも私個人の話ですが、育休中はほとんど化粧をしません。もともと化粧があまり好きではないというのもありますが、化粧をしている時間がないし、どうせ汚れてしまいます。秋から春先にかけては外出するときもマスクを着用すればOKで、ほとんど化粧をしません。

ということで、美容代もまったくかからなくなりました。

「出産貧乏」に気を付けて

2や3は、意識しなくても減っていくかもしれません。

逆に気をつけなければいけないのは、1のベビー用品です。

ただでさえ高いベビー用品。それに実に多くのお金を費やしている家庭が多い。貯金ができるかできないかの分かれ目は、ここだと言っていいと思います。

私も実際に、1人目の出産のときは勝手が分からず、ずいぶんと出費してしまいました。ですが、2人目以降の時はほとんどお金がかからず、家計はずいぶんラクでしたよ。

育休期間中は、不必要なものを買い揃える「出産貧乏」にならないように気を付けましょう。

そして、買い物は冷静に行なうようにして、この期間に貯金をふやしましょう。

スポンサーリンク