節約

育休中でも貯金が増加!わが家が実践していた節約法まとめ

育児休暇中って、収入が減るのに支出が増えて、家計が苦しくなる……

そういったイメージがありませんか?

わたし
わたし
わが家は育児休暇(1年半ほど)のあいだに、資産を◯◯万円増やしましたよ!

お金を増やすには

お金を増やすための、もっとも堅実で効果的なことは何か。

それは、やっぱり「節約」です。

なぁんだ、と思われるでしょうが、お金を爆発的に増やす魔法なんてありません。

貯金を増やすには、①収入を増やす、②支出を減らす、のどちらかですが、育休中に①はなかなか難しい。

②に取り組むほうが簡単です。

ここで、節約法も貯金法も、上手・下手や自分に合う・合わないがあります

節約上手な人、自分に合う節約法を見つけて実践している人は、ストレスを感じることなく少ないお金で家計が回ります。

そして結果として、どんどんお金がたまっていくんですね。

もっとも効果の出る貯金法は?

お金を確実に貯めたくて、わが家が真っ先に取り組んでいちばん効果的だったのは、「先取り貯金」です。

毎月の収入から、決まった金額を先に貯金に回してしまい、生活費にあてない。収入から先取り貯金額を引いたお金のなかで、やりくりする方法です。

これがうまくできれば、あとは自然とお金が貯まっていく

私の場合は投資信託にまわしたので、「先どり投資」です。やったのは以下。

  • 33,000円/月(40万円/年)→つみたてNISAへ
  • 10,000円/月→iDeCo(確定拠出年金)へ

これだけで確実に月4万円強は預貯金にまわせたことになります。

加えて、いろいろな節約を試し、より余剰金を生む努力をしました。

より詳しくどんなことを実践していったのかを書いていきます。

もらえるお金は必ず申請する

出産・育児には自治体からのたくさんの助成があります。忘れずに申請して、もらっておきましょう。

公的機関からの助成や手当は基本的に、こちらからアクションしなければもらえません(忘れていた、知らなかったからといって、あとからもらうことはできません)。

「助成+医療費控除」で出産費用を抑える

妊娠や出産は病気ではないので、健康保険の対象外。かかる費用は自己負担です。

ですが、妊娠中は自治体から妊婦健診費の助成があります。出産に際しては、加入している健康保険から出産育児一時金42万円がでます。

ただ、出産・分娩費はそれでもカバーしきれないことも多い。わが家もそうでした。

その際は、医療費控除を忘れてはいけません。医療費控除は出産・入院費用も対象となるので、出産する年は家族分を含めて医療費の領収書は必ず取っておきましょう

出産した翌年は確定申告を忘れずに!医療費控除でお金が戻ってきます2018年の確定申告をしてきました。 昨年は出産したので、医療費控除も申告しましたよ。...

育休手当で額面の67%がもらえる

育休手当(育児休業給付金)は、育休開始から6か月間は賃金月額の67%、その後の6か月間が50%です。

賃金月額は、手取り金額ではなく、保険料や税金が引かれる前の額面金額なので、意外ともらえますよ。

児童手当は出産月の翌月から

子供が生まれたあと役所に申請すると、児童手当がもらえます。申請した月の翌月から支給が開始されます。

ここで、月の下旬に産まれた場合は要注意。産まれた日から15日以内に申請すれば、月をまたいでも産まれた月の翌月から支給されます。しかし、出生日から15日を過ぎてしまうと、1か月ぶんもらい損ねることになります。

児童手当を1ヶ月分もらい損ねる大失態。里帰り出産する場合は気をつけて!子供が生まれたら、行政から児童手当がもらえます。 ですが、わが家は第3子出産のあと、児童手当を1ヶ月分もらい損ねてしまいました(!...

効果の大きい節約を実行

育児休暇中は、たしかに収入が減ります。ですが、家にいる時間も多いぶん、できる節約もたくさん出てきます。

以下の節約は効果が大きいので、ぜひ取り組んでおくべきですね。

保育料を安くする

節約とはちょっと違いますが、すでにきょうだいがいて保育園に通っている場合、育児期間中は保育料が安くなる場合が多いです。

たとえば、それまでフルタイム勤務だったなら、保育時間は1日10時間とか11時間にもなります。延長保育を利用していることも多い。

育休中は、保育時間を短くすることで(延長保育もしない)、保育料が下がります。

2人目を産んだら「育休退園」!?電話で直接、京都市に聞いてみました「育休退園」をご存知でしょうか。 「育休退園」とは、すでに保育園に通う子供がいる家庭で第2子以降を出産し、親が育児休暇を取ると、上...

ガス・電力会社の変更

育休中に限らずですが、お金を貯めるなら固定費の見直しが必須です。

でもこれ、意外とやっていない人が多い。

家計における主な固定費といえば、家賃(住宅ローン、駐車場)、水道、電気・ガス、通信費(スマートフォン、インターネット)、新聞、保険、でしょうか。

生活スタイルを変えずに節約できるのは、電気とガス会社の見直しです。いまは電力自由化やガス自由化で、供給会社を自分で選べます。

インターネットで簡単に料金シミュレーションができるので、より安い会社がすぐに見つけられます。

わが家も、電気は楽天でんき、ガスは関電ガスに変更しました。変更したからといって電気やガスが不安定といったことはありません。

11月から「楽天でんき」開始。シミュレーションでは電気代が年間2万円も安くなる!11月1日から、楽天が個人・家庭向け電力供給サービス「楽天でんき」を始めます。 わが家の電気代は、はたして安くなるのか。さっそく、...

格安スマホに変更

固定費のもっとも効果的な節約は、スマートフォンの見直しです。家計の節約のためにすべきことナンバーワンです。

なかでも、機種がiPhoneで、通信会社がドコモ、au、ソフトバンクの場合は、大幅に減らせる可能性大ですね。

わが家は、夫婦でソフトバンクからワイモバイルに変更。

機種は、Androidも検討しましたが、いちおうiPhoneのまま。ただ、最新のモデルではありません。

結果、月額料金が1/4になりましたよ。(その後、またソフトバンクに乗り換えてキャッシュバックを獲得)

Softbank(ソフトバンク)からY!mobile(ワイモバイル)にして感じたメリット・デメリット。通信費は約4分の1に!2017年秋に、夫婦でスマホ会社をソフトバンクからワイモバイルに変更しました。 変更したあと通信費がどうなったのか、実際に使ってみた感...

(保険を見直す)

周りで入っているのが多い保険は、だいたい以下ですね。

  • 生命保険・医療保険
  • 学資保険
  • 火災保険
  • 個人賠償責任保険
  • 自動車保険(自転車保険)

生命保険や医療保険は見直しで家計改善につながるケースが多いですが、わが家は入っていません。学資保険も。

個人賠償責任保険や自動車保険保険は定期的に見直していますね。

子供がしでかす日常のトラブルに備えるべし!楽天の個人賠償責任保険は月々たった140円で入れるよ個人賠償責任保険、入っていますか? とくにお子さんのいる家庭は、加入の検討をおすすめします。...

小さい節約を続ける

育児期間中は、生活の仕方もいろいろと工夫ができます。

食費(とくに外食)を減らす

節約している家庭では、昼ごはんにお弁当を作っている方も多いでしょう。ですが、わが家では働いている時分に私にそんな余裕はなかったので、基本的に昼は外食でした。

また、晩御飯もお惣菜を買ってすませることも、たびたびありました。

育休中は、基本的には毎食、家で作るようになったので当然、食費(外食費)は減っていきました。

そのほか、できる節約は休みのうちにどんどん取り入れていきました。

家のお茶を市販のペットボトルから自家製に変えてみた。それぞれのメリット・デメリット、費用の差はどれくらい?わが家では長らく、家で飲むお茶は市販のペットボトル(2リットル)を利用していました。 この夏、それをやめました。...

あと、働いているときは何かとコンビニでモノを買っていましたが、それもなくなって無駄遣いがなくなりました。

効率的に買い物をする

働いているときは、とにかく時間がありません。スーパーでの買い物も、空いている時間に必要なものをパパッと買っておく感じです。

ですが、育休中は、お得な日にお得なものを買えるようになります。

私の場合、食料品や日用品はイオンか楽天を利用します。

たとえばイオンでは、火曜市やお客様感謝デー(20日、30日)を必ず利用。支払い方法も、電子マネーWAONやイオンカードセレクト、優待カードを駆使し、ポイントを次の買い物にどんどん回していく……。

【近畿北陸地区限定】イオンでの買い物は火曜日と土日をループするのがおトク!全国に展開しているイオン。 いま、近畿北陸地区限定ですが、おトクに買い物ができますよ。※他の地区でもやってるのかは分かりません。...

https://hiiragilife.com/archives/aeon-2846

また、楽天ではお買い物マラソンをフル活用。

今月も楽天ポイントを1万円分以上ゲット。集約して効率的に買い物をする!昨年後半あたりから、楽天のサービスを積極的に利用しています。(それまでも利用していましたが、感覚的に適当な使い方でした。) 安く買う、...

さらに近年、お得なQRコード決済がどんどん登場しています。PayPayやLINE Payの20%オフキャンペーンを活用した買い物を実践しています。

いらないものは売る

働いている時分は、家の中のメンテナンスがおろそかになりがちでした。

育休中も忙しいですが、家にいる時間が多いぶん、スキマ時間をみつけて家にある不用品をどんどんヤフオクやメルカリに出して処分しました。

衣替えを機に断捨離を決行。家にある不用品を処分したら計7万円になりました衣替えを機に、思い切った断捨離を行ないました。 出てきた不用品は、可能なかぎり売りました。 その結果、売り上げは合計7万円に...

お金も手に入り、家の中もすっきりして、一石二鳥です。

布おむつ活用でオムツ代を抑える

子どもが生まれてお金がかかるのが、ミルク代とオムツ代です。

わが家は幸い、2人目と3人目は完全母乳でいけたので、ミルク代がかからずに済みました。

ただ、おむつ代はどうしてもかかります。

ここで、布おむつを利用すれば、紙おむつよりも安く済ませることができます。

おむつ代が高い、子育て費用を節約したい……。そんな人には「半・布おむつ」をおススメします育児で必ずかかってくるのが、おむつ代です。 いまほとんどの家庭では紙おむつを使っているでしょう。その紙おむつは1枚約20円。それが...

わが家は、子どもが通う保育園が布オムツ使用なので、家に布オムツの準備がありました。それを利用することで、おむつ代も少しは節約できました。

ただし、完全に布おむつだけでやりくりするのはかなり大変です。なので、余裕があるときだけ活用していましたね。

服飾代や美容代をかけない

女性は服、カバン、靴、アクセサリーなど好きな人が多いでしょう。また、化粧品やネイルも、こだわる人はこだわります。

ファッションや美容品は1つ1つのアイテムが高いので、こだわる人ほどお金がかかります。

私はいっさいこだわりがないため、育休中はファッションや美容関係の費用は、ほぼゼロ。かかったのは、たまに行く美容院代くらいです。

この分野の出費の抑制も、節約効果大でしたね。

「ポイ活」をする

「ポイ活」とは、ポイント活動のこと。ポイントを貯めてお得に使う節約法の総称です。

私も少しばかりやっています。

ポイントの中でもよく利用するのは楽天ポイントなので、楽天ポイント関連は積極的に情報を集めて活用するよう努めています。

ノーリスクでおすすめ!楽天ポイントをタダで獲得する方法まとめいま、世の中にはたくさんのポイントがあります。Tポイント、楽天ポイント、ポンタポイント、ワオンポイント……。 どれか1つを集中して...

その他、モッピーなどのポイントサイトや、Tポイントを活用した「ウエル活」も多少。

お小遣い程度ですが、塵も積もれば、です。

税金対策にも取り組む

忘れがちなのが、税金対策です。

配偶者控除を申請する

妻が産休・育休で年収201万円以下となった場合、夫の扶養に入り、配偶者控除・配偶者特別控除が受けることができます

私の場合、2018年は1年まるまる育休だったので、会社からの給料はゼロ。

資産運用でもさほど利益が出ていないので、(所得税法上)夫の扶養に入ることに。

夫のほうで配偶者控除を受けました。

ふるさと納税をする

ふるさと納税は、2000円の自己負担でさまざまな返礼品がもらえるお得な制度です。

これは、夫にやってもらいました。

私は所得が少ないので、2018年度は利用できなかったので。

資産運用にも着手

いまあるお金をどうにか増やすことを考えて、資産運用にも時間を割きました。

これはまだいまのところ、結果は出ていません。

が、今後の布石として、育休中に本格的に取り組み始められたのは良かった。

節約のストレスを溜めないために

お金を貯めるために節約は必要なのはわかる。でも、節約ばかりだと、息が詰まります。

それをどうやって解消するか。

わが家(私)は、基本的には食べ物ですね。たとえば好きなアイス、果物、お菓子の購入は許す。外食を減らしたぶんに比べれば、これらを買う分はどうってことありません。

また、たまには好きなカフェに行ったり。

スターバックスで初「Reward eTicket」獲得!私にとってスタバ通いは無駄遣いではありませんスターバックス好きの私は、たびたびスタバに足を運んでいます。 おかげでポイント(スターと呼ぶ)がたまり、「Reward eTick...

自分にお金をかけていない(服や化粧品を買わない)代わりに、少しだけ好きなことはさせてもらおう、と。

大きな節約をする代わりに、小さな出費は許容する、というスタイルで息抜きをしました。

わが家の資産の推移

わが家は、私の育休手当が多いときで家計の収入が約40万円、育休手当がなくなったあとで約25万円。これでやりくりしていました。

そして、上記のような節約を実行。先取り貯金分をのぞいて、家計の収支は毎月プラスを維持。

「先取り投資+家計の余剰資金」というかたちで、お金が貯まっていきました。

その結果、育休中の資産の推移は以下のとおり(マネーフォワードより)。

順調に増やすことができました。

復職したあとは、ダブルインカムで収入が増えます。ここで出費をいかに抑えられるかが、これからの課題です。