資産運用

新しい投資先の開拓。ウェルスナビとSBI FXトレードに口座開設を申し込みました

最近、少し忙しくて投稿が滞っていました・・・。

そんな中、このたび新たな投資先として「ウェルスナビ」「SBI FXトレード」に口座開設を申し込みました。

その理由や経過のご報告です。

 

 

注目が高まっているロボアドバイザー運用

 

「WealthNavi(ウェルスナビ)」とは、ロボアドバイザーによる資産運用サービスです。

ロボアドバイザーが、その人自身の最適なポートフォリオ(運用資産の構成)を提案・構成し、売買も自動的に行ってくれるというもの。

 

ロボアドバイザーによる資産運用は、最近とても注目が集まっています。

その2大業者が、「テオ」と「ウェルスナビ」。私が今回始めようとしているのが、その一つの「ウェルスナビ」です。

ウェルスナビを選んだ理由

 

まず、なぜロボアドバイザーによる資産運用サービスを始めようと思ったのか。

ぶっちゃけ当初は、ロボアドバイザーによる自動運用ってどうなんだろう?(信用できるのか?)と思いました。

ただ、私はいま投資信託をやっています。投資信託に関する本やネットの情報で一般的におすすめされているのが、自分でポートフォリオを構成し、一定期間ごとにリバランスしていく、というものです。

ポートフォリオの構成とリバランス。

これをやったほうがいいのだろうな、やりたいなと思いつつ、ついつい「面倒くさい」との思いが先に立ち、特定のインデックスファンドにしか投資していない状態でした。

ポートフォリオ構築とリバランスを自動でやってくれるのなら願ってもない!

そう思ったのです。

 

次に、ロボアドバイザーによる資産運用サービスはいくつかあります。その中から、なぜウェルスナビを選んだのか。

会社の実績と規模から、「テオ」と「ウェルスナビ」に絞りました。

この2つは、投資先に違いがあるものの、これといった違いがありません。

そんななか、しいて言えば実際の経験者の評判がウェルスナビのほうが良いと感じられました。

また、ウェルスナビには「自動税金最適化」という節税効果が期待できるところも惹かれた理由です。

 

口座開設から運用開始まで

 

ウェルスナビはSBI証券と提携しており、SBI証券の口座をもっていると即座に口座開設ができます。

ウェルスナビに直接申し込むのと、SBI証券を通して申し込むのとでは、投資家にとって特に違いはありません。

私は普段、SBI証券を使っているので、手間を省くためにSBI証券を通して申し込むことにしました。

口座開設を申請(必要事項を記入、書類をアップロード)してから、なんと翌日には口座開設が完了しました。早い!

 

口座開設をしたあと、自動運用が開始されるまでにすることは、「リスク許容度の設定(最適な金融資産の組み合わせ診断)」と「入金」です。

「リスク許容度の設定(最適な金融資産の組み合わせ診断)」は、たった6問に答えるだけ。

  • 年齢(何十代か)
  • 年収はおおよそいくらか
  • 金融資産はいくらか
  • 毎月の積立額はいくらか
  • 資産運用の目的は何か
  • 株価が1カ月で20%下落したらどうするか

私の場合は、リスク許容度は5/5でした。これで運用を申請しましたよ。

最低入金額は30万円です。早速、入金を終えました。

毎月の積立額は1万円からスタートすることに。自分の資産状況と運用状況から、積立額は変更していくつもりです。

結果はまた徐々にご報告していきます。

ついでにSBI FXトレードも口座開設

 

ウェルスナビを調べているうちに、どんどん「積立投資」への興味が湧いてきました。

そこで新たに始めようと思いたったのが「積立FX」。

FX自体は投資当初からやっていました。が、いまは含み損を抱えてしまって塩漬け状態にあります。

最近はめっきりFXへの関心が薄れていました。

ですが、あらたにリスタートとして「積立FX」に挑戦してみようという気が湧いてきたのです。一度気になるとやってみないと気が済まない性質ですから。

SBI証券の積立FXを考えたのですが、SBI FXトレードの積立ほうが取扱い通貨が多いなどの条件がよさそうだったので、こちらの口座開設に踏み切りました。

こちらはまだ口座開設完了を待っている段階です。

運用を始めたら、また報告をさせて頂こうと思います。

現在の資産運用先は・・・

 

気になりだしたらいろいろやってみたい性格だと書きました。

いま現在、手を出しているのは、以下の運用法です。

  • 株式投資(NISA含む)
  • 積立投資信託
  • iDeCo
  • fx
  • ソーシャルレンディング
  • (普通預金)

これに、ウェルスナビと積立FXが加わることになります。

私は毎月、月初に1度、どこにどれだけ投資しているのかを確認するスタイルをとっています。いわゆる「貯金簿」というやつですね。

また月初になったら運用状況を確認してみます。

まだこのブログも日が浅いので資産状況を公開したことはないのですが、今後は公開することも考えていますよ。