家計簿挫折者におススメ。「マネーフォワード」プレミアム版でお金の管理が超ラクになりました

私はこれまで、家計簿に挑戦しては、必ずと言っていいほど挫折してきました。

理由は、面倒で邪魔くさいから。

毎日家計簿をつけるという手間がかかる作業を、続けていられないんです。

わたし
わたし
でも家計を管理するなら、やっぱり家計簿はつけなきゃいけないよなぁ……。

そこで試したのが、自動家計簿・資産管理サービスの「マネーフォワード」

「手間がかからない」「使い勝手バツグン」と多くの人が高評価をかかげています。

わたし
わたし
手間がかからないって、ホントかな?

半信半疑で、実際に試してみました。

マネーフォワードに登録してみた

「マネーフォワード」は、パソコンでもスマホ(アプリ)でも使えます。

手軽に使いたいなら、やっぱりスマホアプリですよね。

さっそくアプリをダウンロードして、ユーザー登録してみました。

メールアドレスの入力パスワードの設定で登録は完了します。

簡単ですね。

注意点は、グーグルアカウントやフェイスブックアカウントでも登録ができますが、セキュリティの観点から、これらを使うのは避けるのがベター

パスワードも使ったことがあるものは避け、長く複雑なものを用いたほうがいいです。

お金の管理なので、ここは慎重にしたほうがいいですね。

無料版と有料版(プレミアム会員)でどう違う?

マネーフォワードは無料版と有料(プレミアム)版があります。

無料版でも一定の機能は使えますが、より多くの機能を使いたい場合は、有料のプレミアム会員になる必要があります。

いろいろ書いてありますが、実際に何がどう違うのか、どっちが便利なのかは、使ってみなければわかりません。

ですが有料版(プレミアム会員)の場合、iOSでは月額480円、Androidでは月額500円かかります

ただ、マネーフォワードでは初めての利用者に限り30日間無料でプレミアム版のサービスが使えます

無料版だと、登録できる金融機関が10件。これは少ないと感じたので、私はお試しキャンペーンを使ってプレミアム版から試しました。

わたし
わたし
じつは、便利すぎていまも有料版を利用しているんです……。

マネーフォワードでできること

マネーフォワードのサービスはたくさんあります。

私がいつも利用していて、便利と感じるのは、次の2つです。

全資産を一括管理できる

マネーフォワードの特徴として、他の同じような家計簿サービスよりも連携できる金融機関の口座数が多いことが挙げられます。

銀行、証券、クレジットカード、電子マネー、プリペイドカード……。ほとんどの資産預かり先が登録できます。

各口座を連携すると、どの金融機関にいくらお金があるのか、どのクレジットカードでいくら使っているのか、プリペイドカードの残高がいくらなのか、といったことが、すべて1つの画面上で確認できます

これまでは、いちいち金融サイトにログインしなければ、正確な状況が把握できませんでした。

それが、マネーフォワードでは、資産のすべて見渡せるように!

家計簿が自動で作成される

口座やカードとの連携が済めば、家計簿が自動的にできあがります

収入と支出はもちろん、収入項目と支出項目も自動で分類してくれます。これはすごいですよ。

1ヶ月ごとの集計ですが、何日始まりで集計するかといったことも設定できます

ただ、毎月の家計簿を正確にやりたい方は、最初にある程度、手動で修正する必要はあります。

たとえば自分の保有する銀行の口座間で資金移動をした場合、収支は±ゼロのはず。それが収支に含まれていたりします。また、収入や支出の項目が、実際の項目とは違う項目に入っている場合があります。

正確な家計簿をつけたい人は、こういったものを手作業で修正する必要があります。一度修正すれば、次回からは修正後のものが反映されます。

ともかく、収入と支出をすべて自動でまとめてくれるので、家計管理をする人間には大助かりです。

有料版のメリット

私はマネーフォワードの有料版を使い続けています。

その理由は、無料版にはない機能が便利すぎて手放せないからです。

①登録数に上限がない

無料版だと、連携可能数は最大10件。お金の管理をするには、ぜんぜん足りません。

いま私の登録数は30件です。きちんと管理しようと思ったら、このくらいになってしまいます。

②情報が自動更新される

無料版だと、情報の更新は手動でやらなければならないばかりか、1つひとつしなければいけません。

有料版だと、口座やカードの情報が、定期的に、しかも頻繁に自動更新されます。

また、更新ボタンで一括更新もできます。

③ポイントの有効期限がわかる

有料版では、連携したポイントの有効期限が表示されます。

そして期限が迫ると通知してくれます。

私はメインで貯めている楽天ポイントについては、頻繁に使うので期限も把握しています。が、それ以外の細かいポイントついては忘れがち。

でも、この機能があれば、有効期限切れでポイントが失効、なんて事態が防げますね。

④残高不足の際に通知

カード引き落とし時に、銀行残高が不足していると通知してくれます。

メインの口座以外で残高が少ないものについては、うっかり残高不足になりがち。でも事前通知で助かります。

⑤家族の口座が管理できる

有料版では、登録できる口座数に制限はありません。家族の口座も登録できます

同じ金融機関であっても、違う名義の口座は登録可能です。

さらに、口座のグループ分けもできます。そのため、自分の資産とは別に管理ができます。

私は夫の資金管理についてはノータッチですが、子供の口座は任されています。主にお年玉の管理です。

なので、子供の口座も連携し、子供ごとにグループを作っています。いまどの子にどれくらいのお金があるのか、一目瞭然。

夫婦で生活の口座を口座を共同で管理していたり、子供のお金の管理をしている人にとっては、とても便利機能です。

⑥広告が非表示

広告が目障りに想う人には、地味に助かります。

マネーフォワードで無駄を発見できた!

マネーフォワードを使ってから、お金の流れがまるわかりだと書きました。

その1つとして、使っていないのに解約し忘れていた月額サービスに気付くことができました(!)。額が小さいから気づかなかったのですが、数ヶ月間払い続けていたのです。

本当にもったいない!

また、手持ちの口座やカードを連携していく中で、もう使っていないカードや銀行口座もあることが判明。不要なものを解約する作業も進みました。

さらには、利用するクレジットカードや引き落とし金融機関の集約・整理をして、よりお金の流れをシンプルに、使い方に無駄のないようにすることもできました。

そうすることで、家計の管理がどんどんやりやすくなりました。

過去に何度も挫折してきた私でも継続!

マネーフォワード有料版には他にも、家計診断や家計資産レポートなどのサービスもあります。

家計を見直したい人、アドバイスが欲しい人にはおススメです。

マネーフォワードは、最初に口座を連携し、家計簿の設定をある程度してしまえば、あとは定期的にチェックするだけ。

もう手間がかからなすぎて、なくてはならなくなりました。

上で書いたように、私はいまもプレミアム会員です。月額料金はかかっていますが、それをうわまわるメリットがありますね!