SBI住信ネット銀行が便利!私は他行振込手数料とATM手数料が毎月7回も無料です

住信SBIネット銀行をご存じですか?

ネットバンクのなかでは使い勝手がピカイチ(と個人的には思います)で、私は頻繁に利用しています。

その理由は、なんといっても「手数料無料」です。

まだ銀行に手数料を払っている方、銀行の見直しを考えてみてはいかがでしょう。

SBI住信ネット銀行の「スマートプログラム」とは?

住信SBIネット銀行には「スマートプログラム」という制度があります。

サービスの利用状況に応じて1~4のランクに分けられ、それぞれのランクに応じた優遇制度が受けられます。

優遇制度とは具体的に言えば、「ATMの利用手数料無料」「他行あて振込手数料無料」です。

ランクごとの優遇制度は以下の通りです。

ATMの利用手数料無料回数については、

  • ランク1 月2回
  • ランク2 月5回
  • ランク3 月7回
  • ランク4 月15回

ちなみに、これは出金時の手数料。入金に関しては無制限に無料です。

使えるATMは、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ(イオン銀行)、ゆうちょ銀行のものなので、どこに行っても使えますね。

他の金融機関あて振込手数料の無料回数については、

  • ランク1 月1回
  • ランク2 月3回
  • ランク3 月7回
  • ランク4 月15回

また、住信SBIネット銀行口座あてであれば、他支店であっても振込手数料は無制限に無料です。

ちなみに、無条件で誰でもランク1になれます。

同じネットバンクでも、楽天銀行は月に3万円未満の入金時は手数料がかかります。またメガバンク等では同行でも他支店への振込で手数料がかかります

それらを考えても、ランク1でも悪い条件ではないですね。

「5回まで手数料無料」は簡単にできる

ランク2では、ATM手数料無料回数が5回他行あて振込手数料無料回数が3回です。これがキープできれば、ずいぶんと助かりますね。

ではどうすればランク2になれるのか。

まず、口座開設後の2か月間はランク2が適用されます。

そのあとは、以下の条件のいずれかを満たせば、ランク2で居続けることができます

  1. 総預金の月末残高が30万円以上
  2. 総預金の月末残高が1000円以上、かつ30歳未満
  3. 総預金の月末残高が1000円以上、かつロボアドバイザー資産運用残高月末10万円以上
  4. 総預金の月末残高が1000円以上、かつ以下の①~⑨の条件に2つ以上該当
  5. 外貨預金(普通・定期)の月末残高あり
  6. 仕組預金の月末残高あり
  7. SBIハイブリッド預金の月末残高あり
  8. カードローンの月末借入残高あり(50万円以上は2つにカウント)
  9. 目的ローンまたは不動産担保ローンの月末借入残高あり
  10. 給与、賞与または年金のご入金あり
  11. 純金積立のご契約あり
  12. Visaデビットカードの月末時点の確定金額が合計1万円以上(3万円以上は2つにカウント)
  13. toto購入・公営競技入金月内合計2万円以上

30歳未満の人は、預金1000円以上でランク2になれます。

また、総預金(円預金、外貨預金、仕組預金、SBIハイブリッド預金の合計)が30万円以上あればいい。

改定前のスマートプログラムでは、総預金が100万円以上が条件でした。そこから大幅に引き下げられて、ランク2になりやすくなりましたね。

ちなみに、私が都市銀行で利用している三菱東京UFJ銀行では、他行あて振込手数料を無料(3回)とするには、500万円以上の預金が必要です。みずほ銀行の場合も500万円以上の預け入れで月に4回、他行あて振込手数料が無料となります。

SBIネット銀行がいかに条件がいいかがわかります。

また、預金が30万円以上ない場合も、①と③は1円でもあればOKなので、簡単に満たすことができます。

ランク3へのアップも難しくない

ランク3は、ATM手数料無料回数が7回他行あて振込手数料無料回数が7回です。私はいつもここをキープしています。

条件は、

  1. 預金の月末残高が300万円以上
  2. 総預金の月末残高が1000円以上、かつ住宅ローンを利用
  3. 総預金の月末残高が1000円以上、かつロボアドバイザー資産運用残高月末10万円以上
  4. 総預金の月末残高が1000円以上、かつ以下の①~⑨の条件に3つ以上該当
  5. 外貨預金(普通・定期)の月末残高あり
  6. 仕組預金の月末残高あり
  7. SBIハイブリッド預金の月末残高あり
  8. カードローンの月末借入残高あり(50万円以上は2つにカウント)
  9. 目的ローンまたは不動産担保ローンの月末借入残高あり
  10. 給与、賞与または年金のご入金あり
  11. 純金積立のご契約あり
  12. Visaデビットカードの月末時点の確定金額が合計1万円以上(3万円以上は2つにカウント)
  13. toto購入・公営競技入金月内合計2万円以上

もっとも簡単にランク3になるには、①③⑥を満たすことでしょうかね。

私は「総預金の月末残高が300万円以上」でランク3をキープしています。

ちなみに、SBIのクレジットカードを持てば、無条件に1ランクアップされます。ランク2には簡単になれるので、そのうえでSBIカードを持てば、ランク3になれます。

ただ、SBIカードは年会費がかかります。そのうえ、よりお得なクレジットカードが他にたくさんあるので、私はこれをあまり作る気にはなれません……。

ちなみに、ランク4は手数料無料回数が15回と魅力的なのですが、条件がかなり厳しくなります。

  • 外貨預金と仕組預金の月末残高合計が、500万円以上
  • 外貨預金と仕組預金の月末残高合計が、300万円以上 かつ 住宅ローンを利用

手数料無料回数は、ランク3でも十分すぎるくらいなので、私はねらいませんが。

SBI証券を通せばタダで資金移動できる

他行あて振込手数料の無料回数が多いのは、本当に助かります。それだけで節約につながりますから。

ここで、SBIネット銀行にどうやってお金を入金するかです。給与振込口座を住信SBIネット銀行にすれば、ランクアップの条件を満たすのにも役立つのですが、私は残念ながら別の銀行にしています。

ATMでの入金手数料が無料なので、いちいち手動で振り込んでもいいのですが、面倒でもあります。

その場合、SBI証券の口座を開設して、給与振込口座などもメインバンクと紐づけるといいですよ。

SBI証券とメインバンクを紐づけると、無料で入出金が可能となります。SBI証券と住信SBIネット銀行はもともと無料で資金移動ができます。なので、メインバンクから住信SBIネット銀行へ、タダで資金移動ができるようになります。

また、預金を管理するのにSBI証券のハイブリッド預金を利用すれば金利もアップします。スマートプログラムの預金残高にもきちんとカウントされます。

資産運用も考えているという方は、SBI証券は手数料も低く、扱っている金融商品も多いのでおススメですよ。