共働き

共働きで毎日料理するのがつらいので、食材配達オイシックスを始めてみた。はたして便利なのか?

いまの時代、女性にとって、子供が生まれても働き続けることが当たり前となりつつあります。

私自身、子供ができても当然、仕事を続けるつもりでした。ただ、子供をかかえての共働きが大変だということは、嫌というほど耳にしました。

そのため職場復帰する際は、家事の負担を減らすべく、便利な家電をできるだけ導入して臨みました。

ただ、そうはいっても、どう解決しようもないことが出てきます。

それが、毎日の食事の準備です。

共働き子持ちで毎日料理するのはつらい

わが家は、複数の乳幼児をかかえての共働きです。しかも夫は、平日は家事・育児の戦力にならず、ほぼ私のワンオペ状態。

家事のなかでも、洗濯はボタンを押せば洗濯機がしてくれます。掃除も機械がしてくれる。

もっとも頭を悩ませるのが料理、とくに毎日の夕食の準備です。

フルタイム勤務でギリギリの時間まで会社で働き、急ぎで閉園間際の保育園にかけ込み、帰宅は毎日19:00過ぎ。帰宅すれば決まって子供たちは、グズって抱っこを求めてきたり、きょうだいゲンカが始まったり、お腹ペコペコでおやつに手を出そうとしたり……。

悠長に料理などしていられません

そのためわが家では、朝に早めに起き、汁物か煮物を1品作っておく。それを帰宅後、まず子供たちに食べさせる。その間に、子供たちの追加のおかずをつくって出しつつ、夫婦の食事もつくる。

ずっとこのスタイルを続けてきたのですが、時間に追われ、仕事に追われ、家事育児にも追われ、ついに疲れて果ててしまいました。

わたし
わたし
もっと簡単に夕食の準備ができないものか……。帰宅後をもっとラクに過ごしたい……

考えたあげく、食材配達を利用してみることにしました。選んだのはオイシックスです。

オイシックスを利用してみることに

オイシックスは、定期的な食材配達(ネットスーパー)です。

食材配達を手掛けている会社はたくさんああります。なぜオイシックスにしたのか。

まず第1に、「有機野菜など安心安全でおいしい食材」を特徴としていること。そして第2に、利用者の評価が高かったことでした。

ネットに掲載されている体験談に目を通してみたところ、主なメリットは「ご飯づくりがラクになる」という点でした。そして、デメリットは主に「食材にこだわっているぶん値段が高い」という点

いまの自分の生活を振り返ってみると、本当に毎日がしんどくてつらい。

わたし
わたし
生活が少しでもラクになるなら多少の出費はやむなし……

夫も私の毎日の状態がつらそうだと思っていたようで、オイシックスの利用を申し出たところ、賛成してくれました。

キャンペーンから申し込むとお得

いつもやっているのかもしれませんが、検討していたときに、オイシックスがちょうどキャンペーン中でした。

内容は、お試しセットが安くなるというもの。また、そこから入会(登録)すれば、送料が半年分無料、牛乳飲み放題サービス(通常1200円/月)が1カ月無料、6000円分のクーポンがつく、というサービスがついていました。(少し前のことなので、いまは内容が変わっているかもしれません)

お試しセットは、たくさんの食材とビビンバの調理セットが入っているというもの。ビビンバ好きが多いわが家にはちょうど良かったです。

ただ、もっとも惹かれたのは牛乳飲み放題サービスです。1回の注文で牛乳3本まで頼めるという内容。

毎週注文するとして、そのたびに牛乳3本が無料で頼めるとしたら、1か月で12本が無料でもらえます。1本200円と考えて、200×12=2400円がタダ。

多少食材が高くても、これで相殺できるかなと考えました。

とりあえず継続してみることに

お試しセットはどれも本当に美味しかったです。とくにホウレンソウが良かった。

ビビンバも簡単に作れて味も良く、手ごたえは良し。

なので、継続(契約)してみることにしました。

オイシックスには3つのコースが用意されています。

1つは、普通に食材を配達してくれる「おいしいものセレクトコース」。もう1つは放射性物質不検出の商品を中心に、妊娠期や子供の月齢に合わせた食材を配達してくれる「プレママ&ママコース」。

わが家の課題はいかに夕食をラクに準備するかだったので、kit Oisix(キットオイシックス)という献立コースに入りました。下ごしらえ済みの野菜や肉や魚、調味料が一式そろった「レシピ付き食材セット」を中心に届けてくれるコースです。きちんとした献立の食事が20分でつくることができるという内容です。

ただでさえお高めなので、注文し過ぎると費用がさらにかさむということで、週に2~3品(献立)のペースで注文して様子をみるつもりです。感想はまた。

余裕をもった生活をめざして

家電の導入もそうですが、生活をラクにしようとすると出費が必要となる場合があります。今回もそう。

こういうときに家計に余裕がある(使えるお金がある)と、選べる選択肢が増えます

使えるお金を日頃から準備しておくことが大切だと、あらためて気づかされますね。