キャッシュレス決済

メインカードを「P-one Wiz」に。1.5%の高還元で年会費無料のクレジットカード!

最近、メインカードはP-one wizというポケットカード発行のクレジットカードを利用しています。

わたし
わたし
あまり知られていないのですが、好条件のクレカですよ!

「P-one Wiz」よりも良いカード?

好条件と言いつつ、最近、P-one Wizカードの使用を控えていました。

他にも便利な高還元カードがあったからです。

まずは「Kyash」

プリペイドカードで還元率1%なのですが、チャージ用に楽天カードを紐付けることで、合計2%の還元を受けていました。

ですが、Kyashの還元率が低下したために、使用を中止。

また、「楽天カード」

年会費無料で還元率1%のカードですが、楽天市場で2万円以上買い物した月は、街での利用時に還元率が2%にアップ

楽天市場で毎月2万円以上買いものするのなら、文句なく楽天カードが最良。

最後までメインカードにするか迷ったカードですね。

次に「リクルートカード」

年会費無料で還元率1.2%という好条件クレカ です。

ですが、還元されるのがリクルートポイント(=ポンタポイント)という、私がイマイチ使わないポイントであるので中止。

さらには「Visa LINE payカード」

1回利用があれば年会費無料初年度は還元率3%という大盤振る舞いで注目されています。

ですが、LINEに情報漏洩があったことなど会社への不信感があるので、発行自体をやめました。

わたし
わたし
もろもろ考えた結果、P-one wizが実はいちばんいいのでは?と思い、再び利用し始めました。

P-one wizのメリット

還元率がつねに約1.5%

なんといっても高還元なのが魅力です。

まずポケットカードは、利用料金が自動的に1%オフとなります(1%還元)。

そして、1000円利用につき1ポケットポイントが付与されます。

このポイントは他社ポイントに交換できるのですが、その際にいちばん条件の良い交換先がTポイントです。

1ポケットポイント=Tポイント5ポイント

つまり、1000円につき、おおよそ5Tポイントということ(0.5%還元)。

併せると、おおよそ1.5%還元となります。

ちなみに、Tポイント以外へのポイント(楽天ポイントなど)に交換するとなると、約1.3%還元くらいですかね。

年会費が永年無料

年会費は永年無料です。

「年1回利用」といった条件もなし。

わたしは基本的に、無条件に年会費無料のカードしか持ちません。カードを使わなくなったときに、解約し忘れてうっかり年会費を払っていた、などといったことが起こらないようにするためです。

家族カードも年会費無料

P-one Wizでは家族カードを3枚まで発行でき、すべて年会費無料です。

家族で高還元を受けることができるということですね。

ちなみに、他のポケットカードは2年目から年会費がかかります。

「ずっと全額払い」への設定を忘れずに!

P-one wizでただ1つ、注意点があります。

P-one wizを含めポケットカードは、リボ払い専用のクレジットカードです。

そのため、初期設定では「ミニマム・ペイメント」というリボ払いコースに設定されています。

知らずに使い続けていると、勝手に利息がついてしまい……。

ただ、このP-one wizは、初回支払い分については手数料が無料です。つまり、一括払いであれば、手数料を支払わなくてもOK

そのため、カードの支払い方式を常に「ずっと全額コース」に変更するのを忘れないようにしましょう。

一度設定してしまえば、その後はずっと適用されます。

あとは普通のクレジットカードと同じ!

 

私はメインでP-one wizカードを使っていますが、状況に応じてクレカを使い分けています。

  • 楽天カード → 楽天市場での買い物&楽天証券の投信積立
  • ヤフーカード → PayPayへのチャージ専用
  • イオンカードセレクト → イオンでの買い物専用
  • P-one wiz → 上記以外

当分はこのような感じいきそうです。