お得な買い物法

12月でも間に合う!楽天でふるさと納税すると、実質タダで返礼品がもらえる

働いている方、ふるさと納税やっていますか?

私はいつも年末ギリギリに、ふるさと納税を行なっています。

それは できるだけ得をしたいから です!

所得がある人は「ふるさと納税」しよう!

ふるさと納税とは、私たちが地方自治体に寄付をして、地域創生に参加できる制度です。

どうして、この「ふるさと納税」が話題になるのか。

それは、ふるさと納税をすれば、寄付の「お礼品」として、お米やお肉といった特産品や名産品をもらえるからです。

そして、寄付した金額から2,000円を差し引いた額が、所得税と住民税から還付・控除してもらえます

つまり、数万円、数十万円分の寄付の返礼品が、実質2000円でもらえる可能性があるんです。

働いてお給料をもらっている人なら、やらない手はありません。

ふるさと納税ができる金額には‟上限”がある

ふるさと納税は、所得の大きさによって還付・控除額の上限があります

課税所得が大きければ大きいほど、ふるさと納税で利用できる額も大きくなる。つまり、2,000円の負担でより多数・高額の返礼品がもらえます。

自分の上限額がいくらなのかを知るには、シミュレーションを利用しましょう。

【楽天市場】ふるさと納税 かんたんシミュレーション

私は毎年、年末ギリギリまで待ってから、ふるさと納税をしています。

それは、自分の控除額の上限額を正確に知るためです。

私は会社員なので、会社が年末調整をやってくれます。そして12月下旬の給料日に、源泉徴収票がもらえます。

この源泉徴収票があれば、自分の控除額の上限を、正確に知ることができます。

安心して、上限ギリギリまでふるさと納税をすることができますね。

ふるさと納税は楽天市場を使うとお得!

私が利用しているのは「楽天ふるさと納税」です。

ふるさと納税ができるサイトはたくさんありますが、私が楽天を利用している理由は以下。

  1. 通常の楽天市場での買い物と同じく、楽天ポイントが貯まる
  2. お買い物マラソンやスーパーセール期間に行なえば、買い物回数にカウントされる(ポイント倍数が増える)

とくに②は、超絶お得!

楽天のお買い物マラソンやスーパーセールでは、買い物した回数が増えるごとに、付与ポイントが+1倍されます。

これを利用してふるさと納税をすれば、ポイント付与率がどんどんアップしていきます!

12月末には楽天イベントが何かしらある

私が会社から源泉徴収票をもらうのは、12月の給料日です。12月25日。

そして12月下旬には、楽天はなにかしらの祭りイベントをやっています。

近年多かったのは、「超ポイントバック祭」という、買い物金額に応じてポイント倍数が増えていくものでした。

2019年12月下旬は、楽天スーパーセールでしたね。

エントリーして、買い回りすることによって、ポイントが最大10倍になります。

負担金2,000円が実質無料に!?

その他、楽天にはたくさんのポイントアップサービスがあります。

2019年でいえば、私がふるさと納税をした12月25日は、以下のサービスの適用でした。

  • SPU(ポイントアッププログラム)
  • 0と5のつく日は楽天カード支払いでポイント5倍
  • ダイヤモンド会員はポイント4、プラチナ会員はポイント3倍、ゴールド会員はポイント2倍
  • ROOMアプリ経由でポイント2倍

ちなみに、私はいま、SPUでポイント6倍です。

そして、2019年のふるさと納税の寄付上限は約2万円でした。時短だったので、やや少なめ。

上の条件で楽天市場を利用して2万円を寄付したとすれば、1200ポイントが付与されます。すべて楽天カード支払いなので、1000ポイント。

これだけで実際の負担額2,000円のもとがとれます!

さらに楽天では

  • 楽天検索使って、5日間連続5回検索したら、楽天市場の買い物ポイント2倍
  • 楽天市場で月に20,000円以上楽天カードを利用すると、街での楽天カードの利用ポイントが2倍

などのキャンペーンもあります。

どれだけお得なんだ……!

楽天がいまのシステムが続けている限り、ふるさと納税は毎年楽天で決まりですね。

ふるさと納税は12/31までできます。

まだの方も十分間に合いますよ。