お得な買い物法

12月からでもじゅうぶん間に合う!ふるさと納税は楽天を使えば超絶おトクです

ふるさと納税に興味がある、やってみたい。だけどもう12月……。そんな方も多いでしょう。

私は年末ギリギリに、ふるさと納税を行ないました。

楽天のふるさと納税がめちゃくちゃおトクでしたよ!

所得があるなら「ふるさと納税」をしよう!

ふるさと納税とは、地方自治体への寄付を通じて地域創生に参加できる制度です。

これが注目されているのは、お米やお肉といった特産品や名産品を、寄付の「お礼品」として貰えるからです。そして、寄付金から2000円を差し引いた額が、所得税と住民税から還付・控除してもらえます

つまり、数万円、数十万円の寄付の返礼品が、確定申告による還付によって実質2000円でもらえるのです

働いてお給料をもらっている人なら、やらない手はありません。

私が年末ギリギリに「ふるさと納税」をする理由

ふるさと納税は、所得によって還付・控除額の上限があります。課税所得が大きければ大きいほど、利用できる額も大きい。

私が年末ギリギリまでふるさと納税をしなかったのには、理由があります。自分の控除額の上限額がはっきりわからなかったんです。

会社員なら、そういった方が多いのではないでしょうか。

会社員は、扶養やら控除やら、ややこしい計算を年末調整で会社がやってくれます。この源泉徴収票をもらうのを、私は待っていたんです。

これにより、正確な控除額を知ることができます。インターネットのシュミレーターで正確な数字を入力。

私の場合は、こうなりました。

これで、安心して、上限ギリギリまでふるさと納税をすることができますね。

お買い物マラソンは「ふるさと納税」もカウント

私が利用したのは「楽天ふるさと納税」です。

ふるさと納税サイトはたくさんありますが、私が楽天を選んだ理由は3つ。

  1. 楽天市場の買い物回数にカウントされる
  2. 楽天ポイントが貯まる
  3. 楽天ポイントが使える

特に、①と②はデカい!

楽天のお買い物マラソンやスーパーセールに合わせて行なえば、大量のポイントも獲得できます

2017年は12月上旬に「お買い物マラソン」、下旬に「超ポイントバック祭」が開催されました。

もちろん、ふるさと納税も対象です。

私が控除額の上限までふるさと納税を利用したとすると、4倍が適用されますね。

もちろんエントリーして、この期間中にしました。

2000円の負担も実質無料に!

楽天にはSPUというポイントプログラムがあります。

このSPUで私は今月、楽天市場での買い物に常時ポイント6倍が適用されます。

たとえばふるさと納税で4万円を寄付したとすれば、2400ポイントもらえます。これだけで実際の負担額2000円のもとがとれます!

さらに、楽天グループで1ヶ月ごとに開催されるポンカンキャンペーン。これにより今月の私のお買い物はポイント3倍になっています。

さらにさらに、「楽天検索を5日間連続5口利用」したらポイント2倍。これも適用されます。

そして、私が利用したのは「FCバルセロナ勝利でポイント2倍」の日でもありました。これもエントリー。

どれだけお得なんだ……!

楽天がいまのシステムが続けるなら、来年以降も楽天ふるさと納税の利用で決まりですね。

ふるさと納税は12/31までできます。

まだの方も十分間に合いますよ。