暮らし

11月から「楽天でんき」開始!わが家の電気代をシミュレーションしてみた

11月1日から、楽天個人・家庭向け電力供給サービス「楽天でんき」を始めます。

果たして電気代節約になるのか。さっそく、電気料金のシミュレーションをしてみました。

スポンサーリンク

楽天でんきの特長

楽天は前々から「まちでんき」という名称で電気サービスをやっていました。

それが、「楽天でんき」にリニューアル。

特長はおおよそ、以下の3点です。

基本料金がゼロ、単価も低い

料金体系はとてもシンプルで分かりやすい。電気料金がすぐに計算できます。

私は関西エリアなので、22円/kWh。これは、今現在契約できる電気のなかで最安値ではないでしょうか。新電力会社で安価な「looopでんき」と同じ価格です。

旧まちでんきは、価格面でまったくお得感がありませんでした。むしろ高くつくくらい。しかし、今回の楽天でんきの価格は、かなり魅力的なものになっています。

200円ごとに1ポイント付与

電気料金200円ごとに楽天ポイントが1ポイントつきます。

これによって、looopでんきよりも実質安くなりますね。

楽天ポイントで支払い可能

電気料金の支払いに楽天ポイントが使えます。

旧まちでんきの支払い方法が踏襲されるならば、期間限定ポイントも使えることになります。これは、楽天ユーザーにとってかなりありがたいです。

(楽天カード支払いでポイントがつく)

挙げるほどではないですが、一応。電気料金の支払いに楽天カードが使えて、1%分の楽天ポイントがつきます。

どのくらい安い?シミュレーションしてみた

スポンサーリンク

わが家の過去1年の電力データをもとに、どのくらい電気料金がかわってくるのか、試算してみました。

利用していた電力会社は、関西電力です。

使用量(kWh) 関西電力(円) 楽天でんき(円)
1月 734 19,470 16,148
2月 750 19,930 16,500
3月 561 14,495 12,342
4月 400 9,864 8,800
5月 232 5,266 5,104
6月 213 4,785 4,686
7月 382 9,347 8,404
8月 451 11,331 9,922
9月 326 7,766 7,172
10月 376 9,174 8,272
11月 605 15,760 13,310
12月 783 20,880 17,226
5813 147,988円 127,886円

ちなみに、少し前に引越ししたのですが、上記の数字は引越し前の家でのものです。

あわせて読みたい
業者を使わず自力で引越ししました。実際の費用、メリットとデメリット、率直な感想など。少し前のことになりますが、引越しをしました。 引越し先が同市内だったので、費用を安くするために引越し業者を利用せず、自力でやってみ...

使用電力量は、冬がとくに多くなっています。家がかなり古い戸建(借家)で構造上、熱効率がかなり悪かった、家にやたら電気があった、産まれたばかりの子供+育休中の私が常に家にいて24時間エアコンをいれていた、などが理由です……。

引越し後の家(いまは集合住宅です)では電力量が変わってくるでしょうが、ひとまず過去の使用量から算出してみました。

年間で20,102円安くなるとの結果が出ました。

ポイントでさらに安くなる

楽天でんきは、楽天カード支払いで1%のポイントがつきます。(ただし、私は前々から電気料金はクレジットカード払いだったので、これ自体にあまりお得感はありませんが。)

それとは別に、楽天でんきでは電気料金200円につき1ポイントがもらえます(下の表でαとします)。

ポイント分を入れて計算すると、以下のようになります。

関西電力(カード還元ポイント) 楽天でんき(カード還元ポイント+α)
1月 19,470(194) 16,148(161+80)
2月 19,930(199) 16,500(165+82)
3月 14,495(144) 12,342(123+61)
4月 9,864(98) 8,800(88+44)
5月 5,266(52) 5,104(51+25)
6月 4,785(47) 4,686(46+23)
7月 9,347(93) 8,404(84+42)
8月 11,331(113) 9,922(99+49)
9月 7,766(77) 7,172(71+35)
10月 9,174(91) 8,272(82+41)
11月 15,760(157) 13,310(133+66)
12月 20,880(208) 17,226(172+86)
147,988(1373) 127,886(1275+634)
実質 146,615円 125,977円

差は、20,638円。さらに500円の差が開きました。

電力量が変わらないとすれば、楽天でんきに変更すれば、電気代は年間15%節約できることになります。

5年、10年単位で考えれば、かなりの節約になります!

10月中に申し込めばキャンペーン適用

サービス開始は11月からですが、10月に申し込めば3000ポイントもらえるキャンペーンを実施しています。

楽天はどんどんサービスの連携、ポイントの活用が進んでいますね。ポイントの利便性はどのポイントよりも優れていると感じているので、どんどん楽天経済圏に浸かりつつあります。

そのなかで今回出てきた楽天でんきも、かなり魅力的。

いまのところ、気持ちは申し込む方向に傾いています。が、月の下旬までもうしばらく考えてみよう……。

スポンサーリンク