キャッシュレス決済

【買い物が20%オフ】1万円還元を受けるためリクルートカードを発行。8000ポイントの特典も有り

つくろうかどうかずっと迷っていたリクルートカードを、ついに発行しました。

理由は「20%キャッシュバック」を受けるためです。

JCBで20%還元キャンペーン中

いまJCBでは「20%キャッシュバックキャンペーン」が実施中です。

消費税10%でもへっちゃら。キャッシュレス決済で生活費を20%オフに!10月から消費税が10%に上がりました。 軽減税率で8%据え置きの場合もあるものの、基本的には10%です。 1つひとつの買い...

JCBカードをApple Pay、Google payに登録してスマホで支払いをすると、利用額の20%が返ってくるんですね。

12月15日(日)の利用までが対象。

このキャンペーン、JCBカード1枚につき最大10,000円が返ってきます

最大10,000円キャッシュバックということは、50,000円の利用までが20%還元となる、ということですね。

しかも、カード何枚でもキャッシュバックOK!

カードを複数枚もっていれば、そのぶん受けられるキャッシュバックが大きくなります。

私がいま持っているのは、「JCB CARD W」「ANA JCBカード」「JAL JCBカード」の3枚。

15万円までの利用で最大30,000円がキャッシュバックされます。

ANAJCBカード

生活費がまるっと20%オフに

20%キャッシュバックを受けるためには、JCBカードをApple PayかGoogle Payに登録してスマホ決済にします。

QUICPayが使えるお店で「QUICPay支払いで」と言って、スマホ決済すればOK。

公式ホームページでのエントリーも必要)

QUICPayが使えるお店はかなり多いです。とくに10月から、消費増税によるキャッシュレス決済でのポイント還元事業が始まって、使えるお店がさらに増えた印象。

私はイオンユーザーですが、イオンでもQUICPay支払いができます

なので、食料品や日用品なと日々の買い物はいま、すべてQUICPayで支払っています。

生活費のすべて、とまではいきませんが、大幅に20%オフ!

ただやっぱり食料品や日用品に利用していると、1枚50,000円の枠があっという間になくなっていきますね。

JCBのキャンペーン期間は12月までと長いので、これまで作ろうか迷っていたリクルートカードを、この際作ってしまうことにしました。

リクルートカードのいい点

年会費が永年無料

私は基本的に、年会費が永年無料のカードしか持ちません。

「初年度無料」とか「年一回の利用で無料」といった条件付き無料のカードも、持たないようにしています。

ライフスタイルが変わってメインカードが変わったときに、知らないうちに年会費を払い続ける可能性もあるからです。

以前ビックカメラSuicaカード(年1回の利用で年会費無料)を持っていました。関東に住んで時は毎日電車に乗るのでオートチャージで使えてよかったのですが、関西に引っ越してからは全く使わなくなりました。

年会費を無料にするために無理やり年1回使っていたのですが、結局めんどうなので解約しましたね……。

ビックカメラSuicaカードを解約しました。年会費がかかるクレジットカードは要注意!ビックカメラSuicaカードを解約しました。 その理由は……...

とくにクレジットカードへのこだわりもないので、年会費は永年無料にしておくのが無難です。

ポイント高還元、取りこぼしが少ない

リクルートカードの還元率は1.2%です。

年会費無料のクレジットカードのなかでは頭一つぬけています。

また、1ヶ月の利用額に対して1.2%のポイントが還元されるので、端数の取りこぼしがありません

私もよく利用している楽天カードは、1回の利用ごとにポイントがつきます。そうすると、端数分はポイントがつきません。少しムダができてしまうわけですね。

また、リクルートカードでは電子マネーへのチャージでも1.2%のポイントがつきます。電子マネーへのチャージではポイント付与されないカードも多いので、この点もいいですね。

ETCカードが無料

私は今回、20%キャッシュバックキャンペーンを利用するために発行したので、国際ブランドはJCBです。

JCBなら、ETCカードの発行費も年会費も無料です

高速道路でのETCカードの利用でも1.2%還元。よく利用する人なら、これはかなりお得ですね。

リクルートカードのイマイチな点

ポイントの使い勝手が……

リクルートカードの問題といえば、ひとえにポイントの使い勝手です。

ポイントの使い先が少ないんですね。

まずカード利用で貯まったポイントは、リクルート内のサービスに利用できます。

ホットペッパー、ホットペッパービューティ、じゃらん、ポンパレモール……。

私のライフスタイルで考えると、使い道がなくてちょっと困るレベル……。

リクルートポイントはポンタポイントに交換もできます。そうすれば、ローソンやゲオなどにも利用できるので、少しは利用範囲が広がります。

それでも、うーん……。

リクルートカード発行で8000ポイント

今回リクルートカード発行に踏み切ったわけですが、その理由は、

  1. 20%還元がオトクすぎる
  2. 引っ越しなどでリクルート(ポンタ)生活圏に移れば、高還元なので使う可能性大
  3. 会社員を辞める可能性が高まってきた(審査が通りやすいうちに発行しておこう)
  4. 年会費無料だから使わなくてもお金がかからない

②③④だと発行理由としてはそんなに後押しにならなかったのですが、①が加わって踏ん切りがつきました。

リクルートカードは、いまカード発行で6000ポイントがもらえるキャンペーン中。

私はさらに欲をだして、土日祝日発行で+2000ポイントの8000ポイントがもらえるときに申し込みました。

  • 新規入会特典 : 1000ポイント
  • 初回利用特典 : 3000ポイント
  • 携帯電話決済特典 : 4000ポイント

ただ残念なことに、これら8000ポイントは全て期間限定のリクルートポイント。ポンタポイントへの交換もできません。

使える先はリクルート内のサービスのみ。かなり限定されます。

ホットペッパービューティか、ポンパレモールかなぁ。

あと、いちおうアフィリエイトのセルフバックで申し込んだので、ここでもいくらかプラスになるはず。

いずれにしても、20%キャッシュバックキャンペーンは享受します!