ポイント活用法

Tポイントの使い道がないので、SBIネオモバイル証券で増やそうと思う

少しでもTポイントを有効活用したいと思い、SBIネオモバイル証券に口座開設しました。

Tポイントがあまり貯まらない

Tポイントはカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が運営するポイントサービス。共通ポイントとしては一大勢力で、かなり多くの人が利用していますよね。

加盟店でTカードを提示すると、100円につかな1ポイント(店によっては200円につき1ポイント)がたまります。

加盟店を利用しない

Tポイントの加盟店は馴染みの店がかなり多いです。

TSUTAYA、カメラのキタムラ、ファミリーマート、マルエツ、三越、ウエルシア、Yahoo!ショッピング、ガスト、ドトール、バーミヤン、吉野家、牛角、洋服の青山、めがね市場、コンタクトのアイシティ……。

こう書けば、Tポイントはかなり利便性が高いように思うのですが、残念ながらわが家は貯める&使う機会があまりありません。

いま生活のなかで「貯める⇔使う」がうまく回っているのは、楽天ポイントWAONポイントです。

〈よく利用する楽天サービス〉

  • 楽天銀行
  • 楽天証券
  • 楽天市場、楽天ブックス
  • 楽天カード
  • 楽天ペイ、edy
  • 楽天でんき
  • 楽天ウェブ検索、楽天PointScreen等

〈イオン(WAONポイント)サービス〉

  • イオン(買い物)
  • イオンカードセレクト(電子マネーWAON)
  • イオン銀行

ただTカードは常に持ち歩いていて、たまたま利用したお店が加盟店だったときや、たまにファミリーマートを利用したときにはTカードを提示します。

あとは、ちょっとだけアンケートサイトで回答して、もらえる分があるくらい。

こんな具合なので、そもそもあまり貯まりません。

「P-one Wiz」で高還元だけど……

P-one Wiz」というクレジットカードがあります。

ポケットカードという会社が発行する、年会費無料のクレカです。

リボ払い専用のカードですが、初回一括払いをすると手数料がかかりません。

このクレジットカードの特徴は、請求額が自動的に1%オフされることと、請求額に対してポイントが貯まることです。

そして、その貯まったポイントは、Tポイントに交換するのがもっともレートがいい

Tポイントに交換したとき、請求額1%オフとあわせれば、総合的に還元率が約1.5となります。(楽天ポイントなど他の交換先もありますが、還元率が落ちます)

年会費無料のクレジットカードとしては超高還元ですね。

私も前から利用しているのですが、Tポイントの使い道があまりないので、最近はこのカードの利用や、Tポイントへの交換が減りがちでした。

最善のTポイント利用先は「ウェルシア」

Tポイントのもっとも効率のいい使い方は、ドラッグストア「ウェルシア」でのお買い物でしょう

ウェルシアでは毎月20日は、200ポイント以上持っていれば、1.5倍のレートで買い物ができます

たとえば、200ポイントだと300円分、1000ポイントだと1500円分の買い物ができてしまうわけです。

現金との併用が不可なので、ある程度まとまったTポイントが必要にはなります。

ですが、普段からTポイントをためていて、ウェルシアが近くにあれば、20日のお買い物で利用するのがベストな使い方でしょう。

SBIネオモバイル証券で少ないTポイントを有効活用

私の場合は、普段の生活でTポイントがそれほど貯まりません。

ウェルシアでお買い物するのも微妙なくらいのポイント数。

Tポイント加盟店に行く機会もそれほどない。

でも、この少ないながらに貯まっているTポイントを有効活用したい

そこで、SBIネオモバイル証券を利用することにしました。

SBIネオモバイル証券の特徴は、

  1. 1株から株が買える
  2. 株の購入代金にTポイントが使える

1株から買えるということは、数百円でも株が買えてしまうということです。

ちなみに、2019年6月18日現在で、SBIネオモバイル証券でポイントで買った銘柄ランキングを見てみると、数百円で買える高配当の銘柄が選ばれています。

  1. みずほフィナンシャルグループ 151円/株
  2. ヤフー 313円/株
  3. 日産自動車 757円/株
  4. 三菱UFJフィナンシャルグループ 502円/株
  5. 日本たばこ産業 2502円/株

株式投資を始めるときの壁のひとつが、お金です。1株から買えるということで、お金の面でのハードルがぐっと下がりますね。

株を買うことで、値上がりすれば元手が増える、配当金がもらえる、といったメリットがあります。

もちろん値下がりすれば元手が減るわけですが、もともとがポイントであればあまりガッカリ感もないでしょう。

ということで、今後はTポイントはSBIネオモバイル証券で利用して、増やすことをめざします。