子育て

【経験談】子どもがリンゴ病に2回なった話。大人がうつると悲惨です

リンゴ病は、4〜5歳を中心に、子どもがかかりやすい病気です。

わが家の一番上の子(6歳)がこの夏、このリンゴ病にかかってしまいました。しかも2回も。

頬が真っ赤になる「リンゴ病」

「リンゴ病」は、頬が真っ赤になることから、一般的にそう呼ばれています。正式には、伝染性紅斑という名称だそう。

4~5歳を中心に子どもがかかる病気です。頬だけではなく、腕や脚にも網目状の発疹が出ることも多いです。

じつは私自身、幼い頃にリンゴ病にかかったことがありません。ゆえに、わが子がリンゴ病になって初めて知ったのですが、頬が赤くなったときには、もう病気の終わりかけ

感染力もほぼなくなっているとされます。

病気に感染したのはだいたい、頰が赤くなる10日~20日くらい前。子どもによっては、感染後に熱が出たりダルくなったりするようです。

周囲への感染力をもつのも、頰が赤くなる前の時期です。

ただ、うちの子は体調不良の時期がありませんでした(子どものリンゴ病は症状が軽いので、症状が出ない場合もある)。

そして、あるとき突然、頰が真っ赤に。

最初は「夏だし外で遊んでるし、日焼けの赤みが残っているのかな」と思い、いつも通り保育園に預けました。

しかし途中で保育園から電話がかかってきて、「手や足も赤くなってきたので、たぶんリンゴ病です~」とお迎え要請が。

上に書いたように、頰が赤くなる時期は病気の終盤です。うつる心配もありません。

そのため、医療機関を受診しましたが、即日、保育園に預けることができました。

リンゴ病に2回はならない?

リンゴ病は、基本的には2回はかかりません

1度かかると免疫ができ、生涯、免疫が続くとされます。

しかし、うちの子は、リンゴ病にかかった約1ヶ月後、再び顔や腕が真っ赤になりました

インターネットで検索しても、リンゴ病に2回なるという情報はほぼ皆無。保育園の先生もみんな同じ認識で、「リンゴ病は1回しかならないはずなのに……」と不思議がっていました。

そのため(症状はどうみてもリンゴ病ですが)、念のため小児科を受診しました。

医師
医師
あー、リンゴ病ですね。
わたし
わたし
リンゴ病って、2回なるものなんですか?
医師
医師
ありますよ。1度かかった2週間後や1カ月後に、再度なることもあるんです。
わたし
わたし
(知らなかった)……!
医師
医師
1度目にくらべたら症状はマシだと思います。これでリンゴ病には相当強くなったでしょうね。

リンゴ病、2回なることもあるんですね。

大人がリンゴ病になると悲惨!

子供の病気に大人がかかると症状が重くなる、とよく言われます。

リンゴ病も、まさにそう。

今回、子どものリンゴ病(1度目のとき)が私にうつってしまいました。

大人に表れる症状で代表的なものは、以下の3つ。

  • 高熱(数日間)
  • 関節痛(数日〜長いと1ヶ月)
  • 四肢が赤くなる

私に表れたのは「高熱(+頭痛)」と「全身の関節痛」でした。

熱は39度台。頭痛と関節痛がかなり酷く、動くこともままならず寝たきりに。夜もロクに眠れないし、食欲もでない。

まる2日間は寝たきりで過ごし、3日目以降は病院で処方された鎮痛剤を服用することで、なんとか動けるように。

そのあと数日間は、鎮痛剤を服用しながら過ごすことになりました。

上で書いたように、リンゴ病で感染力があるのは頬の赤くなる前(大人の場合は熱のある間は感染力があるよう)で、うちの子はその時期に症状がまったくありませんでした。

感染を防ぐのはかなり至難の業……。

リンゴ病は4年に一度くらいのタームで大流行となるようです。

接触感染なので、お子さんをお持ちの方でまだなっていない方は、ぜひ気をつけましょう。