収入を増やす

会社員でも副業をする時代!すぐに始められる副業5選

「会社員は副業なんてできない」と思い込んでいませんか?

以前はほとんどの会社で「副業禁止」でしたが、最近は見直す会社も増えてきています。

わたし
わたし
会社員でもできる副業はありますよ~

会社員が副業をするメリット

会社員が副業をするメリットは、まずもって収入が増えるということです。

近年は日本経済も成長が鈍化していて、会社の業績も伸びにくい状態です。

会社で毎年どんどん昇給していく、とか、ボーナスは3カ月分が確保されている、というわけにはいかなくなっています。

「最近の若い人は消費しない」といわれていますが、お給料も増えないし、税金や社会保険料も高いし、仕方ないですよね。

そんなとき、本業の収入にプラスアルファで収入があれば、生活にゆとりが生まれてきます

また、本業の仕事は必ずしも自分のやりたいことではないでしょう。そんなとき、ほかに自分の活躍できる場があることで、生きるモチベーションにもつながってきます

会社員でもできる副業は?

といっても、本業で心身ともに忙しい会社員ができる副業には、ある程度、制約があります。

好ましいのは、以下のような条件がそろっているものです。

  • 大がかりな準備がいらない
  • (日中は本業があるので)日中以外の時間でできる
  • 失敗や損をするリスクが低い
  • ストレスになりにくい、続けやすい

では、具体的にどんなものがあるでしょうか。みていきましょう。

①アルバイト

古典的な副業はコレですね。サービス業などではいま人手不足なので、月にわずかな日数でも雇ってくれるところがあるでしょう。

ただ、毎日の本業に加え、アルバイトをこなすのは体力的に厳しいものです。なので、土日や休暇などにできる単発や短期間のアルバイトのほうがいいでしょう。

短期間であれば、仕事内容に飽きがきたりすることもありません。また、たとえ一緒に働く人と気が合わなくても、その場限りの関係なので精神的にもラクです

ただし、アルバイトで働くとなると、他社との雇用契約を結ぶことになるので、会社が副業禁止の場合はできないという壁はあります。

②アフィリエイト

近年注目されているのが「アフィリエイト」です。

自分の好きなテーマ・ジャンルのホームページ(ブログ)を作り、広告を設置して稼ぐ方法です。

ブログやホームページの開設方法は、いまや多くの方がネット上で解説しています。そのため、特別なITの知識がなくても、またお金をかけなくても、誰でもすることが可能です

テーマが魅力的だったり、個性を発揮できれば、読者が増えて収入につなげることができます。

とはいっても、すぐに収入につなげるのは難しいでしょう。でも、コツコツと根気強く続けていけば、何かの契機に収益が伸びたり、継続的な収入を得られる可能性があります。

③アンケートサイトやポイントサイト

いわゆる「ポイ活(ポイント活動)」です。

インターネット上には、簡単なアンケートに回答したり、バナーをクリックしたりすることでポイントがもらえるサイトがたくさんあります。

スキマ時間にコツコツ続けるだけで、簡単にお小遣い稼ぎができます。

毎月数百ポイントをゲット!タダで楽天ポイントを獲得できる方法まとめいま、世の中にはたくさんのポイントがあります。Tポイント、楽天ポイント、ポンタポイント、ワオンポイント……。 どれか1つを集中して...

貯めたポイントは、現金や他のポイントに交換することが可能です。ポイントによっては買い物時の支払いに利用できるものもあります。

大きな収入につなげることは難しいのですが、リスク(損をすること)はないので、やるだけやってみるといいでしょう。

④得意なものを売る

自分の趣味」「自分の得意とするもの」をインターネット上で売る方法もあります。

自分の描いたイラスト、自分の撮った写真、自分のハンドメイド作品……。

フリマアプリを利用するのも手ですが、最近は専用のサイトがたくさんあります。登録して、出品したり募集するだけでOKです。

⑤投資、資産運用

難易度は上がりますが、資産運用も収入アップにつながる大きな一手です。

いまはネット証券が主流で、個人がスマートフォンやパソコンから簡単に取引ができます。

投資には多くのお金が必要というイメージがありますが、最近はポイントで投資ができたり、1株(数百円~数千円)から取引できたり、ハードルは下がっています。

SBIネオモバイル証券は株初心者におススメ。少額投資で高配当もねらえる!SBIネオモバイル証券に口座開設して、さっそく株を買い付けました。 [ad#co-1] SBIネオモバイル証券が株初心者...

ただし、投資は儲けられることもあれば損をしてしまうこともあるので、その点は理解しておく必要があるでしょう。

副業を始めるときの注意点

会社員が副業を始めるときに注意しておきたいことがあります。

あとあと面倒な問題にならないためにも、以下の2点は必ず守りましょう。

会社の副業規定を確認する

会社が副業を禁止していないか、必ず確認をしましょう

ただ、「副業禁止」といっても、その内容や範囲は会社によってさまざまです。

たとえば、私がいま働いている会社では、「会社に所属しながら他社と雇用関係を結ぶこと」「会社の許可なく事業を営むこと」が禁止されています。

これだと、①のアルバイトは絶対にしてはいけません。ですが、③ポイ活や⑤投資をするのは問題ないでしょう。②④に関しては微妙なところですが……。

利益が20万円をこえたら確定申告を

会社員の場合、副業で得た利益が20万円を超えた場合、確定申告が必要となります

正確に言えば、副業で得た利益から副業のために使った経費を引いた金額が20万円を超えると必要となります。

ネットの副業で20万円を超えるのはなかなか難しいですが、軌道に乗ってきたり、副業が自分にぴったりハマったりすると、超える可能性は十分にあります。

株などの投資に関しては、源泉徴収のある特定口座で取引をしているのであれば申告は不要です。ただし、申告することによって節税できる場合もあります。

また、もし他社でアルバイトなどの給与を受け取っている場合は、金額に関係なく確定申告をしなければいけません。

副業でいくら稼いでいるのかは、しっかり把握しておきましょう。納税は国民の義務ですからね。

とはいえ、それほど難しく考えず、ルールを守りながら気持ちよく副業を始めたらいいと思いますよ。