イオン

イオンで子供を預かってくれる「スキッズガーデン」。メリット・デメリット、少しでも安く利用する方法は?

全国のイオンモール内には、子供を預かってくれる室内遊び場「スキッズガーデン」があります。

スポンサーリンク

スキッズガーデンとは

イオンモール内に設置された、託児所のような室内の遊び場です。(設置店舗はコチラ

利用できるのは、0歳〜小学2年生まで(3歳未満は16歳以上の大人同伴が必須)。1回で最大2時間半、利用することができます。

平日土日に関係なく、イオンが営業しているぎり営業しています(営業時間は店舗によって多少ちがうようです)。

事前の予約や登録なども必要なく、その場ですぐ利用することができますよ。

入会金や年会費の類も必要ありません。単純に、利用時間に応じて料金を払うというシステムです。

スキッズガーデンの良いところ

1、子供だけを預かってくれる

3歳以上であれば、子供だけを預かってくれます。

ここに子供を預けることで、親御さんが落ち着いて買い物ができたり、ひと休みできる、というわけです。

わが家には乳幼児が3人いるわけですが、子供たちを連れて買い物するのは本当に大変。

子供だけを預かってくれると、その間に効率よくいろいろなことができて、とてもありがたいです。

2、スタッフが有資格者

子供をみてくれるスタッフは、保育士や幼稚園教諭、または社内で研修を受けたプレイリーダーと言われる方々です。

また、スタッフの人数もわりと多い印象です。

子供を預ける身としては、子供のことをよく分かってくれている人がみてくれるというこで、安心ですね。

3、イベント企画がたくさん

スキッズガーデンには、大きなすべり台やボールプール、ままごとセットなど、たくさんの遊び道具があります。

が、ただ子供が勝手に遊ぶだけ、というわけではありません。

とくに子供が多い週末は、集団で一緒に遊びをしたり、誕生会やパーティーのようなイベントが開かれたりします。

なので、うちの子供たちをみても、毎回楽しんでいて、飽きる様子はありません。

スキッズガーデンのイマイチなところ

値段が高い

致し方ないところではありますが、けっこうお金がかかります。

料金体系はこのようになっています。

うちは子供を2人預けることが多いです。すると、1時間で2000円、2時間で3600円になって、お金がいっぺんになくなっていきます。

2時間って、けっこうあっという間ですよ……。

クーポンを使ったり、なるべくお金がかからないようにしていますが、それでも限界があります。

なので、そう易々とは利用できません……。

実際に利用した感想

料金が高いのはネックですが、幼児期の子供を持つ親にとっては、いざという時に便利なサービスです。

わが家が利用するのは、ほとんどが土日で、夫が仕事などで不在にしているとき。子供3人連れでは、混み合うスーパーで買い物がなかなかできません。

そんなときはスキッズガーデンへ。

最初は「3歳の子を親なしで預けて大丈夫かな?」と不安もありましたが、なんのなんの、めっちゃ楽しそうに遊んでました。

毎回、子供らはめいっぱい楽しそうに遊んでいます。そして迎えに行くと、いつも「来るのが早い!」と怒られます。

土日は利用者が多いですが、入場ストップになるほとではありません。程よい多さで、イベント企画がやりやすそうです。

また迎えに行くと、子供の引き渡し時に、毎回スタッフさんが「今日はこうやって遊んで、こんな様子でしたよ〜」と報告してくれます。これも嬉しいサービスです。

スポンサーリンク

利用方法

すでに書いたように、利用したいと思ったときにすぐ利用できます。

複数店舗で利用したことがありますが、利用手順はほぼ同じですね。

入場するとき

1、名前の記入

受付横に、紙(カード)、名前シール、ペンがおいてあります。

ペンで、カードに入場する子供の名前、生年月日、親の携帯番号を書きます。また、シールに子供の名前をひらがなで書きます。

それを持って受付へ。

2、携帯番号の確認

受付で、入場する子供の年齢確認(親が同伴するか否か)をします。

子供だけ入場する場合は、親の携帯番号を確認(スタッフのスマホから親のスマホに電話)。途中で子供になにかあれば、スマホに連絡をするためです。

経験上、途中で電話がかかってくることは、ほぼありません。が、一度あったのが、まだ紙パンツをはいていた真ん中の子が、途中でウ◯チをしてしまってどうにもこうにもならないというので、呼び出しの電話がありました。

3、受付レシートをもらう

確認が済んだら、入場時刻の書かれたレシートをもらいます。これが退場の際に必要になります。

料金は後払い。迎えにきたときに、利用した時間分の料金を払うかたちです。

そして、事前に名前を書いたシールを子供の服に貼り付けます。

4、見送り

入場直前に、子供の手をアルコール消毒します。

そして、スタッフがマイクで入場のコール。

毎回こちらにバイバイもそこそこに、遊び場に飛び出して行きます。

退場するとき

1、料金清算

スタッフに受付レシートをわたして、利用料金の清算をします。

2、子供の引き渡し

清算が終了すると、子供をマイクで呼び出して、遊び場から連れてきてくれます。

引き渡し時に、子供がどんな様子で遊んでいたかも教えてくれます。

少しでもおトクに利用する方法

モーリーフレンズプラスに登録

モーリーフレンズプラス(月額800円)に登録すると、毎月スキッズガーデンのクーポン含め、いろいろな優待券が配信されます。

あわせて読みたい
スキッズ半額、ゲームコイン無料、イオンシネマ割引……モーリーフレンズ有料会員はどのくらいお得なのか?イオン内には、モーリーファンタジーという室内アミューズメント施設があります。 メダルゲームやちょっとしたアトラクション、子供を預か...

利用時間によりますが、月に1回でも利用する場合は、登録したほうがいいかもしれません。

キャンペーンの日に利用する

お得な値段で利用できるキャンペーンがいろいろとやっています。

これを利用するのも手です。

株主優待をゲットする

スキッズガーデンを運営しているのは、イオンファンタジーという会社です。

この会社の株主優待が、施設利用券です。スキッズガーデンにも利用できますよ。

権利確定日は2月末で、100株で3000円分、1000株で6000円分もらえます。

また、優待券はヤフオクにも出品されているので、それを狙う手もあります。ですが、あまり安くなっていないですね。そして、わりとすぐ落札されてしまいます。

電子マネー支払いでポイント2重取り

スズメの涙ほどの節約ですが、利用料金を電子マネーで支払えば、ポイント分はおトクになります。

イオン内にあるもののイオンカードやオーナーズカードは利用できません。ほかのクレジットカードもダメ。

店舗によりけりですが、わが家がよく利用する店舗は、電子マネーWAON、交通系ICカード、ID、QUICPayでの支払いが可能です。

また、WAONポイントカードを出せば、ポイントをつけてくれます。

私の支払い方法は、WAONポイントカード提示+QUICPayですね。これでポイント2重取りができます。

わが家はこれからも利用させていただくことになるでしょう!

あわせて読みたい
イオンユーザーは「キッズリパブリック」に登録しよう!月4回もベビー・キッズ用品5%オフになりますイオンでは「キッズリパブリック」というアプリがあります。 子育て世帯のイオンユーザーは登録必須ですよ。...

スポンサーリンク