子育て

3回の育休経験から、育児休暇中にやって良かったことをまとめてみた。実際は無理だったことも

3回目の育児休暇がまもなく終わります。

そこで、これまで経験から、育休中にやってよかってことをまとめてみました。

育休中にやって良かったこと

家の中の断捨離

復職すると、平日が忙しいのはもちろん、土日でも家事に育児にバタバタ。家の中を片付ける余裕が、なかなかありません。

モノの管理も行き届かない。

そのため、育休中に「これから絶対に使う」というもの以外は思い切って処分しました

家の中にあるものを徹底的に見直して、できるだけミニマム(最小限)な状態に。

衣替えを機に断捨離を決行。家にある不用品を処分したら計7万円になりました衣替えを機に、思い切った断捨離を行ないました。 出てきた不用品は、可能なかぎり売りました。 その結果、売り上げは合計7万円に...

断捨離のメリットは、①家の中がスッキリする、②気持ちがスッキリする、③(家にあるものが把握できて)無駄な買い物が減る、④家が片付けやすくなる、ということ。

断捨離と同時に、整理整頓のルール(モノの片付け場所)を決めておくと、あとがラク。部屋が散らかりにくい&散らかっても片付けやすくなります。(それでも散らかりますが。)

ちなみに育休中、整理&片付けておいたほうがいいと私自身が感じるベスト3は以下。

  • 洋服類
  • 子供のおもちゃ
  • 金融口座、クレジットカード

洋服は、必要に応じて買うけれど、なかなか捨てられません。そして、着まわしているうちに整理が行き届かなくて、ぐちゃぐちゃになってしまいます。

子供のおもちゃ類は、子供が小さいうちは、片付けても片付けても散らかします。

なので、使わないものは家に置かない!

モノ以外にも使わないクレジットカードや金融機関を解約しておくのも有効です。

これらの解約には、コールセンターに電話したり、書類を書いて郵送するなど手間がかかります。働いているときは面倒で、とてもできません。

家計の見直し

共働きだと、収入が多いと思って家計管理が疎かにになりがち。また、夫婦2人とも働いていると、外食や中食が多くなって出費が多くなりがちです。

育休中は、収入と支出の管理を見直して、余裕のもてる家計するチャンスです。

私は、家計管理にマネーフォワードを利用。使っている金融機関やクレジットカードなどをすべて登録して、お金の流れが一括で把握できるようになりました。

家計簿挫折者におススメ。「マネーフォワード」プレミアム版でお金の管理が超ラクになりました私はこれまで、家計簿に挑戦しては、必ずと言っていいほど挫折してきました。 理由は、面倒で邪魔くさいから。 毎日家計簿をつける...

(私のような)家計簿をつけるのが面倒だと思う人、家計管理に挫折してきた人にはおススメです。

あわせて、口座を持っている銀行はインターネット利用できるようにしておくのもおすすめですね。

そうしておけば、振込などの手続きのためにわざわざ平日昼間に銀行窓口にいったり、ATMに並んだりする手間が省けます。

宅配サービスを検討

働いていると平日の日中は仕事なので、家庭の用事でお店に足を運ぶことが難しくなります。

そのため、宅配サービスをうまく活用できたら、生活がラクになります。

いま私が利用しているのが、

  • 食材配達(コープ、ネットスーパー)
  • クリーニング(リネット)

とくに食材配達は、最近多くのサービスがあります。が、配達スタイル、商品内容や味など、家庭によって合う合わないがあります。

気になるものは、育休中に試しておいたほうがいいですね。

時短料理をマスターする

働いているときに、いちばん頭を悩ますのは、毎日の食事の準備です。

わが家は、とくに手作りにこだわっているわけではありません。お惣菜も冷凍食品もクックドゥなどの調味料の素も使います。

そうであっても、「これはレシピを見ないですぐ作れる!」という料理を1つでも増やしておいたほうがいいですね。

いざという時に本当に助かります。

きょうだいの習い事を始める

共働きだと、子供の習い事の送り迎えをしてあげる時間も、精神的な余裕もなかなかありません。

そこでわが家は、末子の育休中に、上の子の習い事を始めました。

そうすることで、親子ともに徐々に慣らしていけたのと、スケジュールに無理がないかを試すことができました。

復帰後でも習い事を続けていくための助走期間になりましたね。

予防接種、歯医者

育休をとっている対象の子の予防接種は、もちろん受けさせますし、あまり忘れたりもしません。

要注意なのが、きょうだいがいる場合の上の子の予防接種です。

年齢が上がるにつれて、予防接種の数も減って、間隔もあいてくるので、つい忘れがちになってしまう。

さらに、子供の歯のケアも、親が働いていて忙しいとおろそかになりがちです。子供の虫歯は分かりにくいので、育休中に総点検しておいたほうがいい。

わが家でも、上の子に虫歯がみつかり、少し歯医者に通っていました。

私が休みだったからこそ、歯医者通いもスムーズにでき、早々に治療を終えることができました。

会社の上司や同僚との連絡

育休中は会社との書類のやりとりがあるので、人事部とは定期的に連絡を取り合っています。

ですが、部署の上司や同僚とも、連絡を取り合っていたほうがいい。職場の状況もわかって、復帰もやりやすくなります。

また、休暇中いっさい連絡なしの人より、たまにでも連絡をいれていたほうが、職場への印象もいいかと思います。

時短家電をそろえる

共働きの「三種の神器」と言われているのが、以下の3つ。

  • 食洗機
  • 乾燥機付き洗濯機
  • お掃除ロボット

わが家も、第1子の育休中に、食洗機と衣類乾燥機を買いました。

最初は「食洗機なんている?洗うなんてすぐできるじゃん」と考えていました。

ですが、食器洗いを見くびるなかれ。実際に買ってみると、朝も晩もフル活用

わが家は5人家族ですが、いま使っているのは小型の食洗機。子供が小さいあいだは、これでもじゅうぶん間に合います。

衣類乾燥機も、毎日フル活用!

毎日の洗濯物が多いなら、洗濯機と乾燥機を別々にするのがおすすめ!購入資金も安く済みます共働き家庭に是が非でも欲しいのが洗濯乾燥機。 ですが、わが家は洗濯機と乾燥機を別々に持っています。じつはこれが、すごく良かったんです!...

ちなみに、わが家はお掃除ロボットはありません。家に段差も多く、床にモノ(とくに子供のおもちゃ)も散らかっているので……。

その代わりに通常の掃除機を、より使いやすいものに替えました。これだけで格段に掃除がしやすくなりました

コードレス掃除機はシャープ「RACTIVE Air(ラクティブエア)」を購入。軽いって最高!掃除機を新しく買い替えました。 初のコードレススティック掃除機です!...

家電環境を整えるのも本当に大切ですね。

created by Rinker
¥1,296
(2019/03/25 15:43:01時点 楽天市場調べ-詳細)

病児保育を調べる

第1子の育児休暇中にやって大正解でした。

子供は本当にしょっちゅう病気をします。その度に有休を取っていたら、とてもじゃないけれど足りないし、職場にも迷惑がかかります。

両親・義両親ともに家が遠方です。さらに、子供が複数+夫が休めないという問題も。

私が休めなければ、病児保育に頼るしかありません。

自治体が推奨している病児保育は、料金面では安いです。ですが、すぐに定員オーバーに。

なので、民間の病児保育も調べておいたほうがいいですね。時間、条件、料金はそれぞれでかなり違います。

また、ファミサポへの登録やベビーシッター会社への登録もしておきました。あまり利用していませんが……。

資産運用

基本は「ダブルインカム+節約」でお金を貯めていくスタイルです。

投資は以前から少し手を出していたのですが、上の子の育休復帰の際、子供を持ちながら働くことの厳しさを痛感

私がいつまで仕事を続けられるか分からないと感じ、本格的に資産運用に取り組み始めました。

育休中にいろいろ試して、復職までにある程度経験を積めたことは良かった。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

やりたくても実際は無理だったこと

育休中に入る前はやりたいと思い描いていたことですが、実際には上手くいかなかったことも書いておきます。

資格、勉強

よくインターネット上や育児雑誌などで、育休中にやりたいことに「資格の勉強」が挙がっています。

ですが、これはなかなかできません。とくに子供が生まれてしまうと、よほどの強い覚悟と体力がないと、勉強なんてできません

それくらい乳幼児のお世話は過酷。

まず、まとまった時間がとれない。生まれたばかりの子供はしょっちゅう起きる&いつ起きるかわからない。自分のご飯やトイレの時間の確保さえままならない。

夜はたいてい寝かしつけているうちに寝落ちする。

私はとりたい資格はありませんでしたが、本を読んで自己研鑽は積みたかった。ですが、ほとんどできませんでした。

しかも、子供が増えるたびに、どんどん自分のために使える時間がなくなっていきました。

資格の勉強を成功させるには、ただでさえ取れない睡眠時間をさらに削るか、強力な育児協力者が必要ですね……。

夫との家事育児分担

夫と家事育児分担をきちんと決めておく。さらに、育児休暇中から、きちんと担当分はやってもらう。これが理想でした。

わが家は、夫もきちんと納得のうえ、分担をきめました。

ですが、早々に崩壊。

育休中は「育休中なんだから、家事育児はやってほしい」。

以前の復帰直後は「時短なんだから、家事育児のおおかたはやってほしい」。

私がフルタイム勤務に戻ってからは「女性のほうが休みやすいから」「俺は仕事休めないから」「疲れてるから」……

いろんな理由で、結局は私のワンオペ状態に。

これに関しては、わが家はいまだに解決策が見つかりません。今回の復帰後もうまくいくかはわかりませんね……。

振り返れば、育休はあっという間に終わります。やれることはやっておきましょう。。。