節約

復職するママは要注意!4月は定期券を買わないほうがいいかもしれないという話

4月に育休から復帰するママは多いかと思います。

4月からの通勤に備えて、3月中に「定期券を買っておかなきゃ!」と急いで購入したりしていませんか?

わたし
わたし
もしかしたら、4月は定期券を買わないほうがいいかもしれませんよ。

復職月は「慣らし保育」からスタート

4月から保育園に子供を通わせる場合、初日に入園式があり、そのあと慣らし保育が始まります。

慣らし保育の進め方は保育園によってさまざまですが、たいていは、最初は短時間から始めて、1週間くらいをかけてだんだん時間を延ばしていくスタイルでしょう。

そのため、4月復職の場合、初日からいきなり出勤するのではなく、月の途中から出勤するケースのほうが多いかと思います。

その場合、出勤日がほかの月よりも少なくなるのです。

わが家も慣らし保育のため、前々から4月の1週目は有休を使って会社を休むことは決まっていました。

ところが、慣らし保育がうまい具合に進まない(子供が慣れが遅い)。その結果、保育園の先生と相談して「慣らし保育期間を延ばしましょう」となり……。

最終的に、慣らし保育に2週間もかかってしまいました。そのぶん、会社の休みも延長。

月の約半分は会社を休むことになってしまったのです

4月末にはゴールデンウィークが控えている

加えて、4月末から5月頭にかけてはゴールデンウィークがあり、休日が多くなります。

とくに、2019年は10連休。1週間以上休みが続きます。

わたしもこの期間中、会社は完全に休み。通勤経路を利用する予定もありません。

もし定期券を買ってしまったら、利用しないGW期間中は無駄になってしまいます

交通機関によっては割引制度がある

わたしはJRを使って通勤していますが、JR西日本は2018年秋から独自の割引制度が導入されています。

割引の適用範囲は限定的ですが、該当者にはかなり割引率の高いお得な制度になっています。

ICOCA(イコカ)の新ポイントサービスは割引率が最大50%! 持つメリットがある人はだれか2018年10月1日から、JR西日本で新しいICOCAのポイントサービスが始まりました。 たまにしか電車に乗らない私は、これまでI...

自分が利用する交通機関に割引制度があるかどうか、ある場合は条件はあてはまるのかどうか、定期を買うのと普通に乗車するのとどちらがいいのか、よくよく調べなければいけません。

わたしの場合は、通勤経路がICOCAエリアの時間指定割引の対象区間です。

平日の10:00~17:00と土日祝日に、同じ対象区間を4回以上利用すれば、4回目以降に30~50%の割引となります。(ポイントバックされます)

10:00~17:00というのは普通にフルタイムで働いていると利用できない時間帯ですが、わたしは短時間勤務なので、帰りの利用が17:00前となり、割引対象にあてはまるんですね。

定期代と通常料金を比較してみた

上記のことから、わたしは「もしや4月は定期券を買わないほうがいいかも?」と、購入をしませんました。

わたしが仮に4月頭からの定期券を買ってしまっていた場合、どうなっていたか。4月に実際にかかった料金と比べたのが↓です。

1ヶ月定期を購入した場合 4,870円
6ヶ月定期を購入した場合(1ヶ月あたり) 3,888円
普通乗車で実際にかかった金額(割引後) 2,768円

上で書いたとおり、慣らし保育が延長してしまい4月の出勤日が10日だったので、普通に乗車して割引を受けたほうが安く済んだという結果でした。

わたし
わたし
あわてて定期券を買わなくてよかった~!

また、計算してみると、1ヶ月15日以上出勤する場合は定期券を買ったほうが良いということがわかりました。

ということで、GWあけからは通勤定期を利用し始めます。

復職ママ(復職ママ以外もですが)はフルタイム勤務とくらべて出社日や出社時間が少なく働いている人も多いかと思います。定期券を買うのは、事前によく調べてからにしたほうがいいかも……というお話でした。