お金の管理

【要注意】WAONポイントの有効期間は最長2年! 期限を過ぎると必ず失効します

WAONポイントを貯めている方、多いでしょう。

イオンユーザーである私も、もちろん貯めています。

わたし
わたし
このWAONポイント、気をつけないと失効してしまいますよ!

貯まっているはずのWAONポイントがない!?

わが家は近くにイオンモールがあるので、イオンをよく利用します。

そのため、夫婦ともにイオンカードセレクトをもち、電子マネーWAON支払いやクレカ払いをしています。

夫
でもさぁ、WAONポイントって全然貯まらなくない?
そう?
夫
この前、WAONポイントが貯まってるだろうと思って店で使おうとしたら、「ポイント使えません」って言われたよ
いくら貯まっているか、WAONステーションで確認してみたら?

ということで、WAONステーションへ行って確認してもらうと、

夫
ポイント、失効してた……
なにー!?

じつは夫はWAONポイントの仕組みを理解していませんでした。

そう、WAONポイントには有効期限があるんです。

WAONポイントの有効期間は最長2年

いま日本で有名な共通ポイントといえば、Tポイント、楽天ポイント、Pontaポイント(dポイントを含む場合も)。

この3つのポイントの有効期限は、次のとおり。

  • Tポイント:最終利用日から1年間
  • Pontaポイント:最終利用日から1年間
  • 楽天ポイント:最終ポイント獲得日から1年間

つまり、利用するたびに保有ポイントの有効期限が延長されていく。

利用し続けている限り、半永久的にポイントの期限は切れないというわけです。

ですが、WAONポイントは違います。

まず1年間のポイント加算期間があり、その期間内に貯めたポイントの有効期限は、加算期間を含めた最大2年間となっています。

参照:ポイントの有効期限について

つまり、WAONポイントの有効期限は、すべて1〜2年間。期限が来ると、必ず失効するのです

ポイントは電子マネーに交換して使えばよりお得!

WAONポイントは、レジで会計する際に言えば使うことができます。

また、イオンはセルフレジが次々に導入されていて、そこには「WAONポイントを使う」ボタンもあるので、好きなタイミングで使うことができます。

ですが、よりおすすめの使い方は、いったんポイントを電子マネーWAONに交換すること。そのほうがより多くのWAONポイントを獲得できます。

例えば、1000ポイントを持っていて、1000円の商品をイオンで購入する場合を考えてみましょう。

会計時の値引きとしてポイントを使った場合、支払金額はゼロ円になりますね。これはこれでお得です。

電子マネーWAONに交換してから使った場合、合計金額1000円に対し、電子マネーWAONの1000円で支払うことになり、結果的に負担はゼロ円で変わりません。ですが、電子マネーで支払ったことにより10ポイントを獲得できる

そう、電子マネーに交換すればポイントが付いてお得なのです。

WAONポイントを電子マネーWAONに交換する方法

ポイントを電子マネーWAONに交換する方法は2通りあります。

お店のWAONステーションで

1つは、店のWAONステーションでポイントチャージする方法です。

イオン等には、WAONステーションという機械が設置されています。小型の銀行ATMみたいなやつです。

手持ちのカードをかざすだけで貯まっているWAONポイント数が表示されます。

ポイントチャージもすぐにできますよ。

WAONステーションのほかにも、イオン銀行ATMや、ファミリーマートのFamiポートでもポイントチャージができます。

自宅のパソコンで

2つめは、パソコンでチャージする方法です。

WAONネットステーションというサイトでポイントチャージが可能です。

ただし、これには別途ICカードリーダーが必要となります。

なので、大半の方はお店で交換することになるかと思います。

WAONポイントはこまめに使うのが吉

WAONポイントは、最長2年間で必ず失効してしまいます。

そのため、私の夫のようにポイントに疎い人は、せっかく電子マネーやクレジットカードを使っていても、ポイントがどんどん失効している可能性があります。

これは本当にもったいない。

期限のあるWAONポイントは、こまめに使っていくのがいいですよ。