メルカリ

不用品を売るならヤフオクかメルカリか。儲かるのは?手間がかからないのは?トラブルが少ないのは?……

「家にある不用品、捨てるのはもったいないから売ろう」

そう思ったときに思い浮かぶのが、ヤフオクかメルカリです。

でもこの2つ、どっちを使ったらいいのでしょうか。

両方を使っている私の経験上、2つ比べた結果を正直に書きます。

スポンサーリンク

儲かるのはどっち?

もっとも気になるのが、「どちらのほうが儲かるのか」でしょう。

どうせ売るなら、高く売って、入ってくるお金が多いほうがいいですよね。

総合的にみれば、ヤフオクです。

ヤフオクはオークション。ほしい人が多ければ多いほど、値段がつり上がっていくシステムです。

オークションの良いところは、自分にとっては「要らない、価値がない」と思っていた商品が、意外にも高い値段がつくことがあることです。私の経験でも「1000円いけばいいかな」と思っていた商品が、2000円や3000円になったりすることがよくあります。

一方、メルカリはフリーマーケット形式です。自分が値段を決めて出品します。よって、自分が最初に決めた値段以上には絶対になりません。反対に、メルカリでは値下げを持ちかけられる場合がほとんどです。

値下げを見越して最初に高値をつけてしまうと、買い手が現われません

もちろんヤフオクでは、自分の予想した値段より落札価格が下回る場合もあります。それを考慮に入れても、複数出品すれば、平均的にみてヤフオクのほうが売り上げ総額は高くなるでしょう。

手間がかからないのはどっち?

ヤフオクにしてもメルカリにしても、「えいやっ」と捨ててしまうのに比べれば、多少の手間がかかります。

ではどちらが、より手間がかからないか。

出品準備の段階

ヤフオクもメルカリも、アプリから手軽に出品できるので、大差はありません。どちらも、商品写真を撮り、商品の説明を記入し、配送方法などの必要事項を入力すれば終わりです。

ただ、しいて言えばメルカリのほうが、気軽に出品できます。

メルカリは、商品説明文を簡単に短く書く人が多いです。文体も口語調で、気軽に投稿する雰囲気がある。対してヤフオクでは、商品説明文を詳細に丁寧に書いている人が多いですね。

出品後~買い手がつくまで

この段階では、手間がかからないのはヤフオクです。

オークション形式のヤフオクは、出品してしまえばオークション終了時間まで、基本的には放っておくだけです。商品説明に不足があれば、たまに質問が来ますが、あまり多くないですね。

オークションが終了して買い手がいなければ、自動で再出品もできます。

一方、メルカリは出品後、(その商品に人気があれば)わりと高い確率でメッセージが届きます。その多くが、値下げ交渉です。

また、商品説明に記載してあることでも、あらためて質問してくる人がいます。これは、利用者の年齢が若いからでしょう。LINE感覚でメッセージを送ってくる印象です。

これらに毎回返信をしなければいけないのが、やっぱり手間ですね。

またメルカリでは、新規で出品したほうが見ている人の目に留まりやすいという特徴があります。そのため、一度出品して日数が経っても買い手がつかない場合、自分であらためて再出品をする、といった作業が必要となってきます。

購入者が決まった後

ヤフオクだと落札された場合、メルカリだと買い手がついた場合、ということになります。

もし出品数が少ないのであれば、どちらでも大差はありません。梱包し、相手に発送するだけです。

ただ、多くの品数を出品した場合は、どちらかといえばヤフオクのほうが手間をかけずに済ませられます

というのは、メルカリでは、自分の商品がいつ購入されるかがわかりません。購入者次第です。そして、購入されるたびに、梱包・発送の作業をする必要があります。

 

一方、ヤフオクは、オークションの終了日時を自分で決めることができます。

そのため、複数出品しても、終了日時を同じにしておけば、梱包や発送作業が一気にできるわけです。

私はオークション終了をほとんど日曜夜に設定します。だいたいみなさん翌日には入金してくださるので、翌週の前半には一気に梱包・発送ができますね。

スポンサーリンク

手数料が安いのはどっち?

ヤフオクもメルカリも、出品して商品が売れれば販売手数料がかかります。

ヤフオクが8%、メルカリが10%。

なので、手数料が安く済むのはヤフオクです。

またメルカリには、特徴的なシステムがあります。それは、メルカリでの売上金はメルカリ内に貯まっていくことです。

振込申請をして現金化できるのですが、金額が1万円未満だと振込手数料が210円かかります。これはやっかいですね・・・。

トラブルが多いのはどっち?

私の経験上は、2つとも大きなトラブルに遭遇したことはありません。

ただネット上の評判は、メルカリのほうが悪いですね。

「入金がされなかった」「梱包がめちゃくちゃだった」「商品が届かない」・・・。

これは、ヤフオクは出品する側が有料なのに対して、メルカリは無料で誰でも参加できるためとされています。まあ当然と言えば当然かもしれません。

またトラブルというほどではありませんが、おそらく利用者の年齢層の関係から、メルカリ利用者のほうが言葉づかいや態度が「軽い」傾向があります。

まず、見ず知らずの人から「友達感覚の言葉づかい」でメッセージが送られてきます。値下げ交渉においても、自分都合のありえない値段を提案されることが多い。せっかく返事をしたのに、そのまま音沙汰がなくなることもザラにあります。

推測ですが、まだ社会人の経験がない学生なのでしょう。

これらに対して私はなんとも思いませんが(面倒くさいとは思いますが)、まっとうなビジネスマン、社会人であれば、腹が立つ人も多いでしょうね。

もうこれについては、メルカリでは「人類みなきょうだい」的な精神でのぞむほかないと思ってあきらめましょう。

ヤフオクにデメリットはないの?

こう見てくると、ヤフオクに軍配があがります。(だから私はヤフオクを多用しているのですが)

ただヤフオクにもデメリットはあります。

それは、ヤフオクで出品するにはプレミアム会員にならなければならないことです。プレミアム会員になるには、月額462円かかります。

ヤフオクやその他のサービスをたびたび使って元が取れるならいいのですが、そんなに利用しない方にとっては高い利用料ですよね。

出品する品が少ない人は、メルカリのほうがいいかもしれません。

またヤフーでは、定期的に期間限定でプレミアム会員に無料でなれたりするので、その期間を使ってヤフオクを利用するのも手です。

使いやすいほうを使うのがいちばん

いろいろ見てきましたが、結局は使いやすいと感じるほうを使うのがいちばんです。

オークション形式が合わない人もいれば、フリマ形式が合わない人もいます。

私がヤフオクのほうが使いやすいと感じる1つの理由は、基本的に送料が落札者負担である点です。

メルカリでは、送料込(送料は出品者負担)のほうが売れやすいため、それが慣習となっています。そうすると、出品者は、メルカリへのシステム利用料と送料を含めて商品の値段設定をしなければなりません。

それを考えるのが面倒だし、結果的に自分の取り分も少なくなってきます

また、メルカリには独自ルールといったものもあります。

なかでも私が面倒だと感じるのは、「即購入禁止」「プロフ(プロフィール)を見てから購入」といったものですね。実際、プロフを見ても、十中八九、大したことが書いてありません。こういった手間が購買意欲をそぎますね。

などなど、人それぞれに合う合わないがあります。

使いやすいほうを使ったほうがストレスもたまらないし、楽しく続けられます。

迷っている方は一度使ってみて、楽しく続けられそうなほうを使いましょう。

スポンサーリンク