固定費の削減

ahamoやLINEMOではなく、Y!mobile(ワイモバイル)に乗り換え。安くて特典多数!

2年前に、夫婦でスマホをソフトバンクへ変更しました。

ですが、月額料金を見直すために、他社に乗り換えることに。

ちょうど世間では、ドコモが提供する「ahamo」が注目されていました。それに合わせて、ソフトバンクやauも同様の格安プランを発表。

ですが、これらにはしませんでした。

わたし
わたし
個人的には、「あまりお得ではないな」と思ったからです。

ahamoやLINEMOを選ばなかった理由

ドコモ系のahamo、au系のpovo、ソフトバンク系のLINEMOは、月に20GB、5分間の通話無料付きで、いずれも月額3000円弱という料金です。

わたし
わたし
たしかにキャリアで契約するよりは、毎月の料金はかなり下がりますね。

私もソフトバンクで毎月6,000円~7,000円を支払っていたので、それに比べると約半分になります。

ただ、月に20GBも使わないならば、もっと安い格安スマホ会社がたくさんあります

在宅ワークで家のwi-fiを使っていたり、外出先で動画を観るなどデータを大量に消費することがない人は意外と多いものです。

ということで、より安いところを求めて、これらを選びませんでした。

選んだのはY!mobile(ワイモバイル)

わが家が選んだのは、Y!mobile(ワイモバイル)です。

ワイモバイルは、ほかの格安スマホ会社と比べると少し料金が高い印象があります。

ですが、総合的に考えると「お得だ」と判断しました。

以下に当てはまる方は、ぜひワイモバイルを検討するといいですよ。

  1. スマホの料金を安くしたい
  2. 通信速度にストレスを感じたくない
  3. 家族でスマホを使っている、スマホを複数台持っている
  4. PayPayを使っている(使いたい)
  5. ヤフーオークション、ヤフーショッピング、PayPayモール等を使っている(使いたい)

順に解説していきますね。

ワイモバイルのお得なところ

通信料がキャリアより安い

ワイモバイルの通信プランは、3つしかありません。

とてもわかりやすい仕組みですね。

キャリアよりはとても安いです。

また、さまざまなキャンペーンを組み合わせて、より安くに利用できるようになっています。

複数回線の契約で「家族割」

ワイモバイルで複数回線を契約すると、2回線目以降は家族割のサービスが受けられます。

1,188円が、月額料金からずーっと割引

住民票などで家族だと証明できれば、同居していなくても割引が受けられます。

データ増量が無料

ワイモバイルは契約から1年間、データ通信の容量を増量するキャンペーンを実施しています。

プランSは3GB→4GB、プランMは15GB→18GBに、プランLは25GB→28GBに。

以前はデータ容量2倍キャンペーンもやっていました。

最近は「大きいデータ容量をより安く」というトレンドなので、今後もなにかしらデータ増量キャンペーンをやる可能性がありますね。

ネットも契約すれば「おうち割」

家のネット回線にソフトバンク光かソフトバンクエアーを利用していると、「おうち割」が適用されます。

ただし、家族割とは併用できません。残念!

旧端末を下取りしてくれる

ワイモバイルでスマホプランを契約すれば、それまで利用してした旧い端末を下取りしてもらえます。

前に店頭で言われた条件は、以下。

  • 対象機種である
  • 電源が入る
  • 初期化できる
  • ホームボタンが機能する

旧端末を売る場合、自分でスマホ買取店への持ち込むという選択肢もあります。ただ、その場合はスマホの状態に買取価格が左右されます。

どちらが高く買い取ってくれるか。

判断が難しいのですが、使用感が多く出ているほど、スマホ事業者で下取りしてもらったほうが高くなるような気がします。(感覚ですが)

オンライン購入で手数料無料

現在、オンライン購入(手続き)で手数料をゼロとするスマホ事業者が多くなってきています。

ワイモバイルも同じ。店舗に行かずとも、自分で乗り換えの手続きができます。

私も今回初めて自分で乗り換え手続きを行ないました。SIMをオンライン購入し、自宅に送られてきたSIMを端末に入れ替えて、電話で切り替えの手続きを踏むだけ。

特に難しい点はありませんでしたよ。

ワイモバイルにするメリット

次に、ワイモバイルにするメリットを挙げていきましょう。

通信速度が速い

他の格安スマホ会社は、キャリアから回線を借りたりして運営しているため、使用できる回線が限られています。

なので、お昼などアクセスが集中する時間帯は、データ通信速度が遅くなりがちです。

ですが、ワイモバイルはソフトバンクと同じ回線を自社回線としてそのまま使用していますそのため、通信速度が安定して速いです。

通信制限を受けると本当にストレスフルですが、ワイモバイルではそういったことがなく、ストレスフリーに過ごせています。

ヤフープレミアムが無料

ソフトバンクまたはワイモバイルユーザーは、月額498円かかるヤフープレミアムが無料となります。

ちなみに、ヤフープレミアムの特典は以下。

  • Yahoo!ショッピングやLOHACOでの買い物でポイント5倍
  • ヤフーオークションを無制限に利用できる(オークション機能が使える)
  • ブック放題(読み放題)が利用できる
  • Yahoo!プレミアムのクーポンが利用できる
  • Yahooショッピングや、ヤフオク、トラベルでの補償サービスが受けられる

この中で、私が頻繁に利用するのはヤフオクです。不用品の販売でヤフオクを利用していますから。

ソフトバンクユーザーたったときも無料だったので、引き続きこの月額料金が浮くのは大きいです。

ソフトバンクWi-Fiスポットが使える

最近は無料Wi-Fiスポットが増えてきました。

Wi-Fiが使えれば、データ通信量が節約できます。なので、使える場所が多いほど助かります。

PayPayの優遇サービスの対象

PayPayはたびたびお得なキャンペーンをやっています。

ソフトバンクとワイモバイルユーザーは、かなり優遇的なサービスが受けられます。還元率がユーザー以外に比べて格段に高かったり。

ソフトバンクはユーザーと非ユーザーの差を明確につけてくるので、ユーザーであったらとてもお得です。

ネットショッピングの還元率アップ

ワイモバイルユーザーは、ヤフーショッピングやPayPayモールを利用する際、還元率がアップします。

私はネットショッピングは楽天市場(お買い物マラソン)を使うことが多いのですが、最近何かとポイント付与率の改悪が進んでいます。

これ以上の変更があれば、ヤフーショッピングかPayPayモールに移る可能性はおおいにありますね。

乗り換えでPayPayボーナスがもらえる

おまけとして記しますが、他社からワイモバイルに乗り換えると、PayPayボーナスがもらえます。

ちなみに、(私がそうでしたが)ソフトバンクからの乗り換えではもらえません……。

ワイモバイルのデメリット

正直、ワイモバイルのデメリットは感じていません。

あえて、改善されればいいなぁと感じた点を2つ挙げておきます。

プランに通話料金は含まれない

以前は、10分以内の通話はプラン内に含まれていました。

これが現在は、追加オプションに変更に。

正直、五分でいいからプラン内に入れてほしいなぁ。

Tポイント支払いはできない

ソフトバンクでは、通信費の支払いにTポイントが利用できました。

ワイモバイルはソフトバンクの系列ですが、Tポイント支払いができません。

個人的には、これがいちばん残念。

家族で固定費の大幅削減!

じつは最後まで迷ったのが、楽天モバイルでした。

初回契約でポイントが大量につくし、月額料金も安いし、支払いにポイントも使える。

ですが、私の住んでいるところが楽天モバイルの繋がらないエリアだったので断念。

いまワイモバイルでは、プランSを利用しています。オプションの電話10分定額をつけて、家族割が適用されて、月々1,760

月々6,000円に比べると、スマホ代をずいぶん削ることができました。

夫婦で固定費の大幅削減!

これを続けていると、もうキャリアに戻れませんね。