お得な買い物法

毎日R-1を食べるために「ヨーグルティア」を購入!これでヨーグルト代を月1万円以上節約

朝にヨーグルトを食べる習慣のある人は多いですよね。

わが家もそうで、最近ヨーグルトの消費量が急増してきました。なので、ヨーグルトメーカーを導入することにしました。

ヨーグルト代がすごくかかる……

わが家では、毎朝ヨーグルトを食べます。

これまでヨーグルトを食べるのは、私と夫の2人だけでした。そのため、お金がかかっているという意識は、さほどありませんでした。

ですが、子供たちが大きくなるにつれて、子供たちもヨーグルトを食べるようになってきたのです。

しかも、バンバンおかわりする……!

ヨーグルトを食べること自体は喜ばしいことです。ぜひ積極的に食べてほしい。

でも、ヨーグルト代が……。

このため夏の間は、メーカーや効能をあまり考えず、とにかく安いヨーグルトで凌いでいました。

ですが、冬はいつも病気予防のために、R-1ヨーグルトを買っています。

R‐1は値段が高い……!

わたし
わたし
R-1ヨーグルトを家族みんなが毎日食べてたら、どんだけお金がかかるのよ……。しかも、おかわりまでされたら……。

ついに、ヨーグルトメーカー購入を決意しました。

専用容器タイプと牛乳パックタイプ、どっちがいい?

ヨーグルトメーカーは、主に専用容器で作るタイプと、牛乳パックで作るタイプがあります。

わたし
わたし
うーん、簡単で使いやすいのがいいなぁ……

わたしが調べたかぎり、おおまかに特徴を挙げれば、こんな感じかと。

専用容器タイプの特徴

専用容器タイプのメリットは、

  • 調節できる温度の幅が広い(いろいろな種類のヨーグルトがつくれる、ヨーグルト以外の調理もしやすい)
  • 1℃刻みの温度調節が可能
  • 1時間刻みの時間調節が可能

デメリットは、

  • 牛乳パックタイプに比べて値段が高め
  • 1回ごとの消毒が手間

というところでしょうか。

専用容器タイプの代表格は、タニカのヨーグルティアです。日本で初めてヨーグルトメーカーを製造し、ずっと売れ続けている人気の機器ですね。

牛乳パックタイプの特徴

牛乳パックタイプは、専用容器タイプに比べて出ている種類も多い印象です。最近の人気はアイリスオーヤマ製ですかね。

このメリットは、

  • 牛乳パックのまま作れるので(消毒の)手間がかからず衛生的
  • 価格が安い
  • 1℃刻みの温度調節が可能
  • 1時間刻みの時間調節が可能

デメリットは、

  • 形状からヨーグルト以外の調理はしにくい(あくまで印象)

でしょうか。

牛乳パック型を選ばなかった理由

ヨーグルトをつくることだけを考えた場合、機能面では両者の優劣はさほどありません。

そのため、各サイトのランキングをみても、値段が安い牛乳パックタイプのほうが選ばれやすいようです。

ですが、私は専用容器タイプであるタニカのヨーグルティアSにしました。

牛乳パックタイプではなく専用容器タイプを選んだ理由は、下のとおり。

ヨーグルトが取り出しにくい

わが家が食べるヨーグルトは、固形(スプーンですくう)タイプのものです。飲むヨーグルトではありません。

そのため、作ったヨーグルトを取り出す際、底が深い牛乳パックだとヨーグルトを取り出しにくそうだと感じました。

また、作るにあたっても、固形ヨーグルトを牛乳の入った牛乳パックにポチャンと入れたり、そのあと深底の牛乳パックのなかを混ぜたりするのも、なんかやりにくそうな感じがしました。

冷蔵庫で保存しにくい

冷蔵庫で保存するときに、置き場所に困りそうだと感じました。

牛乳パックは横向きにできないので、ドアポケットに入れるしかありません。個人的な好みの問題ですが、できれば中央の冷蔵室に置きたい。

牛乳パックタイプにも専用容器がついていますが、それも牛乳パックと同じような形状なので、結局、置き場所に困りそうだな、と。

ということで、長いあいだ使っていくことを考えて、自分の使いやすそうな専用容器タイプを選びました。

さっそくR-1ヨーグルトを作ってみた

商品が到着して、さっそくR1ヨーグルトを作ってみることに。

材料はオーソドックスなものを選択。

  • R1ヨーグルト(112g)
  • 明治おいしい牛乳(900ml)

作り方も簡単。

  1. 専用容器を消毒
  2. ヨーグルトと牛乳をよく混ぜる
  3. 機械にセットして、スタート
  4. 7時間後に完成

できあがりをみてみると……

おぉ、ちゃんと固まってる!おいしそう!

容器の口が広いから、スプーンで取り出しやすい!

そして実際に食べてみると、おいしい!

しかも、やっぱり冷蔵庫に置きやすい。

毎月どれくらいの節約になるのか

家でヨーグルトを作った場合、R-1ヨーグルトを買い続けた場合に比べて、どれくらい節約になるのか。計算してみました。

商品価格は、わが家が普段利用しているスーパーのものです。

〈R-1ヨーグルトを買い続けた場合〉

R-1ヨーグルト:約130円/個

家族のうち4人が1日1個食べるとして、

130円×4人×30日=15,600円/月

〈家で手作りした場合〉

明治おいしい牛乳:約240円/本

R-1ヨーグルト:約130円/個

1回作ると2〜3日で消費するので2.5日と考えると、1か月で12回作ることになるので、

(240円+130円)×12回=4,440円/月

1ヶ月で1万円以上の差が!

ヨーグルトメーカー本体は約1万円だったので、1ヶ月で元が取れます。

また普段使いの牛乳は1000mlでもう少し安いやつなので、もっと安くできそうです。

これで冬のヨーグルト問題も解決。じゃんじゃん使っていきます。

家のお茶を市販のペットボトルから自家製に変えてみた。それぞれのメリット・デメリット、費用の差はどれくらい?わが家では長らく、家で飲むお茶は市販のペットボトル(2リットル)を利用していました。 この夏、それをやめました。...